2020オリンピックでボランティアを募集!東京はタダ働きの奴隷区

1964年に東京オリンピックが開催されました。

56年の歳月をまたぎ、2020年にも東京オリンピックが開催。

 

「東京大会を成功させたい」

熱意あるボランディアを募集していますが、交通費や宿泊費は自腹。

 

「寝る場所はないけれど、80時間は働いてね」

東京は、タダ働きの奴隷区になりました。

 

スポンサーリンク

 

 

東京オリンピックは11万人の人手不足

ボランティアは2つに分けられます。

  • 都市ボランティア。
  • 大会ボランティア。

 

東京都が募集している都市ボランディアは、3万人の人手不足。

オリンピック組織委員会が募集している大会ボランティアは、8万人の人手不足。

合わせて、11万人の人手不足です。

 

東京都の千代田区の人口は5.5万人。

千代田区と比べると、人が足りない現状がひしひしと伝わってきますね。

「寝る場所ねぇから」宿泊費はなしでも、80時間は働いて!

ボランティアごとに、募集要項も変わってきます。

大会ボランティアの応募条件をみていきましょう。

 

  • 2002年4月1日以前に生まれた方
  • 東京2020組織委員会が指定する全ての研修に参加可能な方
  • 活動期間中において、日本国籍を有し、又は日本に滞在する在留資格を有する方
  • 大会期間中及び大会期間前後を通じて、合計10日以上活動できる方
  • 東京2020大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方
  • お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

出典 大会ボランティアの応募条件(案)

 

面接が厳しそう!

そう漏らしたくなるほど、応募条件が多い、

 

合計10日以上は、ボランティア活動をするのが必須。

1日あたり8時間労働も決められています。

つまり、80時間以上を働くことを条件に応募できます。

 

複数回の研修もあるので、実際はそれ以上の時間が拘束されますね。

ボランティア活動にあたり、提供されるモノはコチラ。

 

  • ユニフォーム。
  • 活動中の飲食。
  • ボランティア活動向けの保険。

※東京(会場が所在する都市)までの交通費及び宿泊は自己負担・自己手配となります

出典 大会ボランティアの活動にあたり提供する物品等

 

完全なる放置プレイがキタァ~~~!

 

オリンピック組織委員会は、ガポガポ儲けているんやろ。

ボランディアには、ご飯のみ。

残飯処理☆騎士団団長しか喜べん。

 

80時間の壁があり、気軽に参加することもできない。

宿泊費も自腹なので、地元に住んでいないと厳しい。

相当な決心がないと、ボランティアに踏み切れないですね。

 

スポンサーリンク

 

 

正直、東京オリンピックに興味がない

面白いテレビないかな~!

そう思ってチャンネルを回したら、選挙番組しかやっていない。

選挙の日は、テレビが物凄くつまらないですよね。

 

やらなくていい特番の1位に君臨する『選挙』

私は、オリンピックも選挙と同じくらい興味がありません。

今を生きることに忙しいので、他者に関心をもつ余裕がない。

 

「ありがとう」と、笑顔で言ってもらえるボランディア。

その言葉をもらうより、アニメを見たい。

正式な募集要項を発表するのは、2018年7月下旬

人使いが荒い、オリンピック組織委員会でした。

ボランディアの募集要項は、案の段階です。

正式な募集要項は、2018年7月下旬に発表されます。

 

最後に小宮さんから一言。

気軽に参加できるボランディアであれ。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)