【ザ・ノンフィクション】日本の恥かと思た「黄昏れてフィリピン」感想

「黄昏れてフィリピン~借金から逃れた脱出老人~」

出典 ザ・ノンフィクション / テレビ内の画像より

ぼっち充です。

ある日本人男性は、フィリピンパブにハマって借金地獄。

そのまま逃げるように、外国へと逃亡します。

 

誠実にお金を返して欲しいわ。

一世一代、一念発起。

最悪すぎる逃亡劇の末路を目撃せよ。

 

2019年5月26日放送、ザ・ノンフィクション。

「黄昏れてフィリピン~借金から逃れた脱出老人~」感想です。

 

スポンサーリンク

 

「黄昏れてフィリピン」あらすじ感想

今回は、フィリピンで新たな人生をつかもうと日本を脱出した二人の男が主人公。

彼らは、それぞれ日本で結婚をし、子供を育て仕事に励んでいた普通の日本人だが、人生の歯車が狂った。

 

マナブさんは、マニラ郊外で底辺の仕事を続け、その日暮らしを送っている男。

パートナーは現地で知り合った31歳も若いフィリピン人妻。

 

日本に残した一人息子の自殺を知り悲観にくれ、新たな家庭を築こうと必死にもがいていた。

だが、そこに事件が起きる。

 

サダオさんは偽装結婚でフィリピンに渡ったものの騙され、そのまま不法滞在を続けざるを得なくなった男。

日給500円程度の貧困に喘ぎながら生活していた。

そして、海を渡って10年、サダオさんに帰国のチャンスが巡ってきた……。

 

かつては幸せを夢見た日本人たちがフィリピンに賭ける残りの人生。

異国の地で再調整を図る二人に、待ち受ける結末とは……?

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。  

 

いやー、久しぶりのどん底!

今回の主人公たち、マジ自業自得なんだけど。

底辺すぎる人生で、つい見入っちゃった。

 

そもそも、二人がフィリピンに来た理由を知ってる?

日本でフィリピンクラブにハマリ、借金をしてまで行くようになったの。

そして……夜逃げするように、海外に逃亡してんだよ。

 

いや、金を返せって。

女と酒で作った借金、総額は数百万円なり。

おい、どれほど夜遊びしてんだ。

 

でも、止められないの。

これが大人の欲望です、ペロりん。

 

てか、テレビに出演していいの?

お金を借して逃げられた人、激怒プンプン丸だよね。

日本で目をサンカクにしてるって。

 

とりあえず、主人公たちには全く共感できないけど。

因果応報で、私的に知ったこっちゃないけど。

第三者だから、とても楽しく見させていただきました。

 

スポンサーリンク

借金から逃れた脱出老人~マナブの場合~

マナブは、56歳です。

言うまでもないですが、フィリピンクラブにハマリ借金苦から海外に逃亡した日本人。

苛性(かせい)ソーダを使って、ガラス瓶のラベルを剝がす仕事をしています。

 

働いても、日給は800円ちょっと。

その日暮らしの生活が続きます。

 

私が一番驚いたのは、25歳のフィリピン人女性”ロナ”と内縁関係になってること。

歳の差、なんと31。

しかも、マナブとの間に6歳の子供がいます。

 

衝撃的なので、逆算しちゃうね。

えっと、6歳の子供がいるということは……

フィリピン人女性は、19歳で子供を産んでいます。

 

つまり、50過ぎのおっさんがねーー。

18歳そこらの現地女性とイチャコラしちゃうと。

マナブ、おい犯罪だぞ。

 

給料が少ないマナブに代わって。

ロナは、家政婦として住み込みで仕事すんの。

シャッチョサンの家でね、うん。

 

あ、外国人風に言ってみたの。気付いた?

社長さんを、シャッチョサンってね。

 

仕事先の金持ち社長に、ロナは口説かれて。

マナブが嫉妬するって話。

本当にどうでもいいわ!

 

スポンサーリンク

借金から逃れた脱出老人~サダオの場合~

もう一人の主人公、サダオは68歳。

同じく、フィリピンクラブにハマって借金苦から海外に逃亡しました。

 

サダオがこの国に来た理由、教えてあげようか。

ヤクザから、フィリピンでの偽装結婚を持ち掛けられたからだよ。

お金が貰えると知って、日本を出ます。

 

はい、騙されました。

サダオ、騙されちゃいました。

 

そのまま、フィリピンに滞在。

特に行動を起こすこともなく、そのまま10年以上も経過。

パスポートの期限は切れ、不法滞在です。

 

さっさと、日本大使館に行け!

おそらくだけど、借金をして逃げた負い目があるでしょ。

しかも、偽装結婚の為にフィリピンに来てるわけだし。

 

罪悪感から、ウダウダ過ごした感じ?

マジで、知らんがな。

 

結局、サダオは大使館に行くの。

国は助けてくれるけど、日本行きの航空券だけは自腹でヨロ……みたいな。

日本円で6万くらいだけど、お金がない彼は絶望。

 

ノンフィクションの撮影スタッフから、携帯を借りてさ。

10年以上も会ってない、実の兄に電話するの。

まあ、金の無心だよね。

 

「年金暮らしだから無理」と、断るお兄ちゃん。

ーーいや、6万円なら払えるべ!

 

結論を言おうか。

サダオが日本に帰ってきたら、自分の家に弟が居候しそうで怖いんでしょ。

実際、お兄ちゃんは結婚してるわけだし。

 

要は、厄介者。

だから、お金は貸せないってことだと思うよ。

こうして、BADエンドで番組は終了な。

 

スポンサーリンク

脱出老人は、日本の恥かな!?

2019年5月26日放送、ザ・ノンフィクション。

「黄昏れてフィリピン~借金から逃れた脱出老人~」感想でした。

 

フィリピンに逃亡した理由……私には納得できん。

夜遊びで作った借金だから、自己破産は難しいかもしれないけど。

何も言わずに、海外に逃げるて。

 

最高峰の”逃げ”だよ。

久々にノンフィクションの闇を感じました。

 

てか、フィリピンパブで借金ですかー。

事業に失敗したとかなら「応援したい」と思えるけど。

今回ばかりは、アカンなぁ……。

 

▼過去の名作はこちら。

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

スポンサーリンク