【ザ・ノンフィクション】難病ALSと闘う美怜さんに久々感動した

【ザ・ノンフィクション】「それでも私は生きてゆく」

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

ぼっち充です。

難病ALSと闘う美怜さん。

その運命があまりに残酷すぎて、いつもは辛口レビューの私が久々に感動しました。

 

2019年6月9日放送、ザ・ノンフィクション。

「それでも私は生きてゆく」感想です。

 

スポンサーリンク

 

「それでも私は生きてゆく」あらすじ感想

ほんの8年前までは、好きな仕事でバリバリに働いていた美怜、37歳。

彼女を突然襲ったのは、難病ALSだった。

 

進行が進み発病から3年で手も足も動かなくなってしまった。

食事も排泄も、生活の全てを両親とヘルパーたちに介護してもらい生活している。

 

ALSには有効な治療法もない。

「呼吸器を付けなければ、あと3か月の命」と医師に宣告され、やむなく呼吸器を付けることを決断した。

 

しかし彼女はへこたれない。

お世話になった人たちに会うため、呼吸器を付けて飛行機に乗り沖縄へ。

 

そして、ALSという病気を世の中に知ってもらうため、全国を動き回る。

それは、限られた時間との戦いだった。

 

進行が進めば、目も閉じてしまい、全く外界とコミュニケーションが取れなくなる。

その「閉じ込め状態」になっても生き続けなくてはならないことを美怜は恐れていた。

海外のいくつかの国で認められている「安楽死」が、日本では認められていないからである。

 

発病から8年が経ち、顔の筋肉も動かせなくなっていき、美怜は表情を失った。

絶望の淵に立たされても、美怜は「幸せの瞬間」を求めて生きていく。

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

 

今回のノンフィクションは、本当に心がえぐられました。

先々週くらいかな。

フィリピンパブで借金を作って、夜逃げ同然で国外へ逃亡したバカ野郎回あったでしょ。

 

あれも中々の絶望だったけど。

自業自得なので、色々とツッコミできた。

でも、今回はさすがに無理です。

 

病気は、自分じゃ解決しようもないし。

難病ALSを発症した、今回の主人公である美怜さん。

彼女に、落ち度はまったくないから。

 

日曜午後2時から、とても悲しい気持ちというか。

やるせないというか。

人生って残酷だなって思ったもん。

 

長年、ノンフィクションは見てるけど。

歴代の中でも、最強クラスに絶望した回でした。

 

スポンサーリンク

もし私が難病ALSになったら自殺か安楽死を選ぶ

美怜さんが29歳で発症した、難病ALS。

別名、筋委縮性側索硬化症です。

 

この病気は、全身の筋肉が動かせなくなります。

現在において、有効な治療法はなし。

 

症状が悪化すると、瞼を開く筋肉さえも動かせません。

その一方で、人間としての感覚や感情は消えませんから。

何も喋れず身体を動かせないのに、意識だけはある状態になります。

 

これが、どれほどの絶望か。

私には想像を絶する苦痛だと思います。

 

美怜さんは、症状が進行してしまい。

自力で呼吸することも、食事することもできない状況でした。

まばたきもできず、誰かに目薬をさしてもらう毎日。

 

そんな状況の中でも、美怜さんは希望を持って生きていて。

いつかALSが治ることを信じて、今も生き続けてます。

 

もし、私が同じ状況になったら。

症状が進行する前に、手足が動かせるうちに。

間違いなく自殺します。

 

キレイ事はいらないから。

自分がこれ以上苦しまないために、自ら命を絶ちます。

 

人間としての尊厳を保ちながら死ぬ方が、私は幸せだし。

何より、全身の筋肉が動かせなくなる恐怖に耐えられないから。

 

喋ることもできない。

身体も動かせない。

目だって見えなくなるかもしれない。

そんな状況で命だけあっても、それは地獄ですよ。

 

だから、希望を持ち続けて今を生き続ける美怜さん。

彼女が凄いなと思ったし、何気なく生きてる毎日が実はありがたいんだって。

そう思えました。

 

スポンサーリンク

ALSと闘う美怜さんに感動

2019年6月9日放送、ザ・ノンフィクション。

「それでも私は生きてゆく」感想でした。

 

最後に、番組で紹介されたALSと闘う方の言葉を紹介します。

たとえ運命の力に逆らえずに、病気がさらに進行しても。

それは、身体だけであって……。

いくら恐ろしいALSという病気でも、僕が幸せと感じる「こころ」までは奪えない。

 

もし、私がALSという難病に侵されたとして。

同じ立場だったとしても。

この言葉は、絶対に出てこないと思う。

 

「どうやって死のう」と、未来に絶望することしかできないから。

前を向いて歩く人たちに、とても感動しました。

 

▼過去の名作はこちら。

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)