【ザノンフィクション】低糖質バームクーヘン怜奈の夫は亭主関白!

ザノンフィクション「3つの病と闘う怜奈~結婚5年目のさざ波~」

出展 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

ぼっち充です。

変幻自在の亭主関白夫。

彼らは、どこにでも現れます。

 

低糖質バームクーヘンを作る、福田怜奈。

彼女の仕事を応援できない夫がいました。

 

2020年3月15日放送、ザ・ノンフィクション。

「3つの病と闘う怜奈~結婚5年目のさざ波~」感想です。

 

スポンサーリンク

 

「3つの病と闘う怜奈」あらすじ

福田怜奈さん、33歳。

外出する時には、杖が欠かせない体である。

 

幼少期から様々な病気と闘ってきた怜奈さん。

今でも、脳脊髄液減少症、反応性低血糖症、難治性重症便秘症の3つの病気と闘いながら生きている。

 

怜奈さんは、自分自身が糖質制限を余儀なくされていることから、超低糖質のスイーツを開発・販売する会社を始めた。

そんな怜奈さんを支えるのは、5年前に結婚した会社員の竜平さん(38)。

 

怜奈さんは低糖質スイーツ商品のお披露目試食会を開催。

健康やダイエットによいとブームの低糖質スイーツにインスタグラマーなどが詰めかけ、多くのSNSで紹介された。

 

しかし、怜奈さんの体調は相変わらず。

病院でMRI検査を受けるが不調の原因は見つからない。

 

そんな中、怜奈さんに、都内の百貨店に出店するチャンスが。

しかし、仕事にまい進する怜奈さんに竜平さんは「妊活に向き合っていないよね?」と問いかける。

 

夫婦の間に見えない溝が生まれ始めていた。

紆余曲折の末、出展を断念した怜奈さんはクリスマスに低糖質ケーキを販売。

同時に、糖尿病などで普通のケーキが食べられない人に低糖質ケーキを無償で配り、食べてもらおうという活動を始める。

 

会社の経営が大変で、自分の給料も家に入れられないのに、ボランティア活動に精を出す怜奈さん。

多忙で体調が悪化する中、不満が募り、話も聞いてくれない竜平さん。

怜奈さんは、本音で話し合おうとするのだが……。

出展 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

 

スポンサーリンク

怜奈と夫との出会いが衝撃的!

久しぶりの怜奈ちゃん回。

ノンフィクションの登場は、2回目かな。

 

まだ若いのに、複数の病気と闘う怜奈ちゃん。

私はけっこう好き、この子。

 

悲劇のシンデレラを演じることもなく、前向きに生きててさ。

純粋に凄いなって思います。

 

ただ、辛口レビューに定評のある私。

今回も色々とツッコミを入れていきます。

 

怜奈ちゃんと夫との出会いがさ。

道に迷っている怜奈ちゃんに、夫が声をかけたことなのね。

ええと、新しいナンパの手口でしょうか?

 

言っちゃ悪いけど。

夫は、最初から下心あったよね。

「この子、可愛い」って。

 

私の経験則だけど、男は美人に優しい。

これ、宇宙の真理ね。

 

外見より内面重視っていう偽善者いるけど。

その内面を見てもらうためには、最低限の身なりは必要よ。

 

服がボロボロの路上生活者に、誰もナンパしないでしょ。

つまりそういうことです。

 

怜奈ちゃん、美人さんだからね。

夫に下心があっても、当然だと思います。

可愛い子に優しいのが、男なんだから。

 

スポンサーリンク

福田怜奈の夫は亭主関白かな?

それと、夫の竜平が亭主関白ぎみ。

時代が古いっすよ、兄さん。

 

「妊活に向き合ってないよね?」

夫がこのセリフを言うわけどさ。

お前は妊活の大変さを知らんのか!

 

妊活って、男性のやることないでしょ。

何もしないくせに。

〇子を出すだけのくせに。

つべこべ言うんじゃないぞ☆

 

男性陣は、女性をもっと労わって欲しいよね。

妊活のタイミングも、女性主導だからね。

身体的にも負荷がかかるんだから、男は黙って見守っとき。

 

それと、もう一つ。

怜奈ちゃんが起業してる事に対して。

「お金が稼げないなら、働いてることにならないよ」と、夫は言うのさ。

 

聞き捨てならないっすね。

会社に依存せず、自分の力でお金を稼ぐことは大変なの。

すぐに利益が出るわけじゃない。

 

失敗から学んだり。

長期的な目線で稼ぐの。

 

サラリーマンとは違うんだって。

稼げない=仕事してない。

じゃないんだって。

 

結局のところ、アレでしょ。

嫁が起業するより、家で家事をして欲しい。

嫁の生活を束縛する、亭主関白夫なんやろ。

 

まぁ、顔がイケメンだから許すけども。

私は怜奈ちゃんの味方です。

 

夫は、もう少し家事を手伝いましょう。

夫の家政婦じゃないよ、嫁は。

 

スポンサーリンク

私も低糖質バームクーヘンが食べたい

「3つの病と闘う怜奈~結婚5年目のさざ波~」感想でした。

私は、怜奈ちゃん派!

女性が起業しても、ええやん。

 

体調面で不安があるならば。

夫がサポートすればいいし。

家事だって、分担制にすればいい。

 

結論。

夫は、妻のやりたいことを応援しよう。

 

▼過去の名作はこちら。

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

スポンサーリンク