「真光」の幹部をしている祖父母が大嫌い!私が宗教アレルギーな理由

宗教の幹部、やってます

宗教アレルギーの私。

神より、自分の考えを信じます。

これから先、ずっと無宗教を貫くのがポリシーなので。

 

宗教が嫌いと感じるのには、理由があります。

なぜなら、祖父母が「崇教真光」の幹部をやっているから。

 

40年以上も宗教にどっぶり浸かっておきながら、幸せを手にしているとは思えない。

私が宗教アレルギーの理由を赤裸々に話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

私は宗教が大嫌い

これから怪しい話を永遠します。

月と太陽がハイタッチをするくらい、嘘くさいので覚悟しておくように。

 

私は宗教が嫌いです。

そのため、怪しげな組織には入っていません。

ぼっちの私が信じてるのは、自分だけです。

 

なぜ嫌いなのか。

それを理解してもらうためには、まずは家族の宗教事情を話しますね。

祖父母は『崇教真光』の幹部やってます

有名なキリスト教など、宗教にも色々と種類がありますよね。

その中で、祖父母は『崇教真光』に入っています。

40年以上も布教活動をしており、幹部までやっている超ベテラン。

 

現在進行形で幹部です。

ちょっと怖いね。

信者を集めるのに必死なようで、家族を勧誘したりもします。

 

私の両親も「真光」に誘われました。

何度も断ったようですが、しつこく勧誘してくるそうです。

 

ちなみに、若かりし20代の父を誘った口説き文句はコレ!

お婆ちゃん
自動車の免許欲しいでしょー
お婆ちゃん
「真光」の道場で教えを乞いてもらったら、教習所の料金を払ってあげるよ

 

お金の力によって、宗教の信者にさせるという。

倫理的にどーなんだって思いますけどね。

ちなみに、父はその勧誘を断ったそうです。

 

スポンサーリンク

祖父母の活動を通して宗教アレルギーに

ここからは、私が宗教嫌いの理由について語っていきます。

まず、宗教の勧誘が気に入りません。

 

何を信じて生きてもいいです。

罪を犯さなければ……。

 

ただ、自分が信じてる宗教を他人に押し付けるのは違うと思います。

祖父母は善意でやってると思いますが、価値観の強要だからね。

 

例えるなら、嫌いな食べ物を「食えや!」と強引に口に入れるようなもの。

私はパクチーが嫌いです。

誰が何を言ってどう調理をしても、生理的に食べたくありません。

 

パクチー大好物の人がいても、その人の好みだからね。

嫌いな人に無理やり食べさせるのは、拷問です。

 

話を戻しますね。

本人が何の宗教に入ってもいいですが、それを勧誘するのって違うと思います。

相手の価値観を否定した上で、自分の所属している宗教の教えが絶対の正義だと思っているので。

 

自分の意見を絶対に曲げない超絶ウルトラポジティブなので、相手のためになると思ってるのも嫌。

ちょっと魂、汚れてない?

身内だけど、何言ってるか分かりません。

 

さて、私は真光には入っていません。

というか無宗教。

 

ただ、祖父母が怪しい行動をしているのは知っています。

ここからは、怖い話。

 

真光の代名詞「手かざし」というのがあります。

手をかざして目に見えない光を送ると、次のことが起きるというのです。

 

手かざし』の効果!

  • 病気に苦しんでいる人が回復に向かうゾ。
  • 経済的に苦しんでる人も豊かになるゾ、
  • 家庭環境や人間関係も解決に進むゾ。

 

【まとめ】常識では考えられないことが起こって、幸せになるゾ。

 

 

「手かざし」を習得するには、特別な修行など不要。

3日間の修行で出来るようになるらしいですね。

そのため、祖父母も「手かざし」の使い手になります。

 

この「手かざし」

寝静まった夜に、祖父母、やってます。

 

もう一度言いますね。

夜、キッチンに向かうと……。

 

祈るような真剣な表情の祖父母。

祖母が手を合わせて、祖父の「手かざし」のエネルギーを受け取っています。

交代でエネルギーを送りあっているのでしょう。

 

だから、どうか、見えない所でやってー。

超怖いわー。

 

さらに爆弾を投下!

祖母は物忘れが激しい認知症です。

 

この「手かざし」の効能を思い出して下さいね。

あれ、全ての病気が治るんじゃなかったけ???

しかも、幹部なら誰よりも健康じゃないとおかしいネ。

 

そんでもって、祖父母の貯金はゼロ。

真光の拠点が国内に1,000ヵ所ほどあって、そのセミナーやら活動にお金を使っていて裕福ではありません。

 

私の晩御飯、油で炒めたソーセージ2本だけの時もありましたよ。

おかず、ソーセージのみ。

裕福というより、まぶしいほどにお金がないね。

 

ちなみに、人間関係もアウト!

私はマザコンなので、母にしか懐きません。

よって、祖父母とも仲良くないですね。

 

結論から言うと、その「手かざし」とやらで未来は良くなってないと思います。

永遠に無宗教を貫く私とは、理解し合えません。

 

私も「手かざし」を受けていた!?

小さい頃、ケガした時。

「痛いの痛いの飛んでけ~!!」

あれ、我が家では違いました。

 

記憶の奥深くを思い出してみると、祖母が「手かざし」やってました。

「手かざし」万能みたいなので、私の痛覚をマヒさせたかったのでしょう。

残念ながら、効果はわかりません。

 

 

スポンサーリンク

宗教の勧誘は絶対にアウツ

祖父母、強烈でしたね。

というわけで、私が宗教嫌いな理由はコチラです。

  • 「勧誘」という価値観の押し付けが嫌。
  • 宗教に入っている祖父母が幸せとは思えない。

 

「真光」の「手かざし」というのに焦点をあてて、紹介しました。

ただ、とりあえず危険でヤバそうな雰囲気は伝わりましたでしょうか。

 

誰がどの宗教に入って、何を信じて生きても構いません。

犯罪行為がない場合ですよ。

 

神を信仰することを『悪』だとは思いません。

そうやって自分が満足するなら、否定もしません。

 

ですが、宗教の勧誘は別です。

アウトを通り越して『アウツ』

 

無宗教の考えを否定して、神を信じることがNo1。

所属した宗教の教えを絶対だと思っているので、勧誘をします。

 

でも、それって……。

相手の価値観を否定することですよね。

 

「みんな違ってみんないい」

もしも神様がいるのなら、『金子みすず』さんのような人がいいですね。

 

意見なんて絶対わかれるの。

その宗教の教えが絶対ではないわけ。

 

信じるも信じないも、個人の自由。

それなのに、「信じないと救われないよー」みたいな特定の価値観のみを押しつけようとします。

 

何を信念に生きても、無宗教でも、その人がハッピーならOKでしょ。

強引に勧誘して、生き様まで変えようとしないでください。

 

▼こちらの記事もどうぞ

「崇教真光」に洗脳された祖母!病院に信者が来て身の危険を感じた話

 

スポンサーリンク

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)