傷病手当金とアフィリエイトのW受給で賢く生きる!!うつ病からの体験談

うつ病などで傷病手当金を受給しながら、

体調が良いときにアフィリエイトで稼ぐことは可能なのでしょうか。

 

実際に保険組合に確認して、ネットビジネスであるアフィリエイトの収入はOKなのかを確認してきました。

また体験談を通して、ブログのアフィリエイト収入のメリットについても説明します。

傷病手当金で療養中の方、必見です!!

 

スポンサーリンク

 

傷病手当金とアフィリエイトのW受給は問題なし

早速所属する保険組合に確認すると、「問題なし」との回答を頂きました。

アルバイトなど労働時間に対して報酬をもらうことはNGですが、

アフィリエイトなどのネットビジネスは、労働のように固定収入が入るわけではないので、問題ないとのことです。

 

つまり傷病手当金とアフィリエイトのW受給は問題ありません。

自宅で療養しながら、空いた時間にブログ運営をすることはやましいことではなく、

カラダのリハビリにも繋がります。

 

自宅療養中に感じる『漠然とした未来への不安』には禍々しいものがあります。

例え傷病手当金で生活できていても、社会とは孤立していて、

病気が治ってからの『新しい仕事』に就いている自分を想像することもできないです。

 

しかし一日数円でもアフィリエイトの広告収入があれば、

社会に必要されている」と安心できます。

将来の自分についても肯定的に捉えることだってできます。

 

それこそストレスのはけ口としてでも、理由は何だって良いんです。

結果的にそれが社会復帰への近道になると思います。

所属する健康保険にも電話で確認

  • 協会けんぽ
  • 組合健保
  • 共済組合

国民が加入している健康保険の種類は大きく分けて3つです。

傷病手当金とアフィリエイトのW受給が心配なようでしたら、

電話で所属する健康保険に確認を取りましょう。

 

ただアフィリエイトのようなネットビジネスは、なんだか怪しいイメージがありますよね。

ブログを運営してもそれが自分の人生にどう生かされるのか、明確に答えられる人は少ないです。

次からは私がブログを続ける理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ブログを続けることで期待できる3つの効果

アフィリエイトによる広告収入

出典 4.bp.blogspot.com

新作映画の感想や自分の価値観など、それこそブログとして何か記事を書きますよね。

その記事にグーグルアドセンスなどの広告を貼ります。

 

このグーグルアドセンスはブログを訪問してくれるお客さんに合わせて、

常に最適な広告を表示してくれます。

お客さんがこの広告をクリックしてくれるだけで、数十円くらいの収益が生まれます。

 

有名人と違ってブログで億万長者を目指すことは難しいですが、

会社に依存しないで、ノーリスクで自分の力で稼ぐことができるのは”ブログ”がオススメです。

サイト制作やマーケティングなどのスキル

はてなブログなど会社が運用しているブログサービスを利用しないで、

自分の力でブログを作れれば、これは立派な武器になります。

 

ブログを一から作れるということは、

応用すればサイト制作もできるので将来の仕事の幅が広がります。

またブログで読まれる記事を書くためには、マーケティングなどのスキルも必要です。

 

私は元プログラマーなので、アプリやツール制作を仕事で経験済みです。

これに加えてブログ運営の実績を合わせることにより、プログラマーとして会社に戻りやすいです。

 

会社に戻らないにしても、サイト制作を中心としてフリーランスで働くことも可能です。

サイト制作やマーケティングなどのスキルが身につくブログ運営は、自分の可能性が広がります。

Webライターのポートフォリオにできる

出典 3.bp.blogspot.com

このご時世、未経験でもきちんと営業さえすればWebライターとして仕事を受注できます。

私のブログ仲間は、営業せずともブログからライターとしての仕事の依頼がくるらしいです。

 

ライターとして働いたことがない私ですが、このブログをポートフォリオとして企業に提出することだってできます。

仮に月間10万回アクセスされるブログでしたら、

それほど”誰かに読まれる記事”を書いているわけですから、交渉も楽になります。

 

将来Webライターとして働くための練習としても、ブログは有効です。

うつ病療養中にブログを通して感じたこと

広告収入を貰いながら、

エンジニアとしても成長を重ね、

ライターなどの異業種にチャレンジできる”ブログ”は、本当に楽しいです。

 

体調が悪かったらその日はブログの更新をしなければいいので、カラダにも優しいです。

記事を書いている時は、頭も使うので、リハビリとしても最適ですね。

 

とはいってもブログですぐに稼げるわけではなく、

ガリガリ君を毎日買えないほど収入は雀の涙です。

 

それでも自宅で療養中の自分でも、また社会と繋がれます。

体調が回復したら、そのブログで学んだこと全てを活かして、新しい仕事を探すことができます。

未来の選択肢が広がるので、ブログを始めて後悔することはありません。

無理せずカラダの療養を最優先に

とは言ってもムリは禁物です。

ブログの成果を追い求めるあまり、また体調を崩す

なんてことにもなりかねません。

 

これでは本末転倒です。

自宅で療養中の時はしっかりとカラダを休ませながら、

体調が良いときだけ、ブログの運営を続けることが大切です。

 

傷病手当金で療養中の方は、ブログを通してアフィリエイトで稼ぐことはOKです。

ただやはりネットビジネスなので、ブログのみで稼げるようになるのは難しいです。

ブログを通して”どのような未来”を歩みたいか思い描くことも重要です。

 

アフィリエイトに興味がある人は、無理をせずカラダの療養を最優先にした上で、

ご自身のペースで初めてみて下さいね。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)