邪道プレイが面白いRPG!「オクトパストラベラー」感想レビュー

オクトパストラベラー

良心を置き去りにして。

邪道プレイできるRPG、知ってますか。

 

任天堂スイッチから発売中の「オクトパストラベラー」

このゲームでは、村人に”非合法”なことができますよ。

アイテムを盗んだり、魔物を村人にけしかけたり……。

 

昔ながらのドット絵が特徴的な、新作RPG。

クリアしたので、感想&レビューを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

「オクトパストラベラー」とは

主人公は、「8人」の旅人たち。

物語の舞台となるのはオルステラ大陸。

 

きみはその1人として。

この世界を自由に旅することができる。

 

生まれた場所も、旅の目的も。

そして特技も異なる8人ーー。

 

はたして君は

どのような旅を体験するだろうか?

 

旅立とう。きみだけの物語へーー。

出典 / オクトパストラベラー 公式サイトより 

 

スクエアエニックスから、新作RPGが発売!

任天堂スイッチ「オクトパストラベラー」です。

まずは、紹介映像をご覧ください。

出典 / スクエアエニックス 公式チャンネルより

ねえ……音楽、神ってない?

画面越しなのに、生クラシックの演奏が流れてるみたいでしょ。

オーケストラが演奏しているので、重厚すぎるミュージックに感動するよ。

 

PVを見ただけ、なのに……。

物語が始まっちゃうよね。

もう自宅を飛び出して、旅立つ寸前なんじゃない。

 

えっ?

まだ家の中??

どこへも向かってないって???

 

プロモーションビデオ、見てないでしょ。

しょーがないなぁ……。

そうやって困らせるんだから。

 

ボスバトルのBGMを聴いてみて!

FF5「ビッグブリッヂの死闘」を思い出すくらい、最高だから。

出典 / 任天堂 公式チャンネルより

聴いた瞬間に私、ギルガメッシュが頭の中をよぎったよ。

ギルちゃんから「盗む」と……。

いい武器が手に入るってことまで、思い出したからね。

 

ギルガメッシュの回想が入るくらい、古き良きRPGってこと。

それが「オクトパストラベラー」です。

 

スポンサーリンク

邪道プレイが楽しい!「オクトパストラベラー」感想レビュー

オクトパストラベラー

このゲームは、昔ながらのドット絵が特徴的です。

「最先端ハードで今さらピクセルアート???」

と、あまり期待はしてませんでした。

 

PS4&スイッチの高画質に慣れ親しんだ今、なぜドット絵なのか。

確かに昔のゲームも好きだけど。

平成最後の夏に遊ぶゲームとは思えなかった。

 

ただ、スーパーファミコンのFFがめっちゃ好きな私。

当時のワクワク感、あーいうのを久しぶりに体験したいなと思ってしまい……。

アマゾンの評価をチェック!

 

意外にも高評価だったので、即購入しました。

記憶の彼方で忘れられない。

RPGの圧倒的没入観を求めてプレイして、見事にハマりました。

 

【オクトパストラベラー】フィールド画面

まず、イラスト。

確かにドット絵ですが、3DCGの背景が新しい。

全体的には、美しい幻想的な世界に仕上がっています。

 

次に、ストーリー。

キャラクター8人分の物語が、オムニバス形式で展開されて面白い。

 

どのキャラも冒険する目的は様々。

個人的には、ひたすら復讐に人生を捧げる「プリムロゼ」編が大好きです。

 

このキャラクターだけ、別格に話が重いの。

新しい日常にワクワクすることもなく、親の仇を取ることに一生懸命。

終始、悲しい物語が展開されてましたね。

 

1キャラのストーリーは、1~4章まであります。

それが8人分。

物語としては、長く遊べますよ。

 

ちなみに、1章の流れはこんな感じ!

  1. 新しい町にたどり着く。
  2. イベント発生。
  3. ダンジョンを探索→ボス戦。

 

シンプルで分かりやすい構成ですよね。

おおよそ、1時間で1章が完結。

隙間時間でもサクサク進むので、快適にプレイできます。

 

私は、普通にクリアするだけで50時間かかりました。

(裏ボス攻略を除く)

 

サブストーリーが豊富で、隠しボスもいます!

ボリュームがあって最高ですな。

 

ここからは、ストーリーの内容。

独立したストーリーのように思えて、最終的には一つに繋がります。

 

キャラクター単体の物語が形を変えて、新しい一つのストーリーを生み出す感じ。

FF6好きなら、絶対に熱中します。

オモシロイヨ。

 

【オクトパストラベラー】バトル画面

最後に、システム面。

バトルシステムは、ターン制コマンドバトルです。

超王道RPGと一緒ね。

 

キャラクターにベースジョブがあって、固有の能力が使えます。

さらに、バドルジョブを装備することで違うアビリティを使うことも!

ジョブシステムがあるので、イメージとしてはFF5に近い。

 

また、キャラクター1人1人にフィールドコマンドがあります。

  • 町人にバトルしたり……
  • 町人をパーティーに加えたり……
  • 町人のアイテムを盗めたり……
  • 町人から裏情報を得たり……

 

フィールドコマンドは、サブクエストで重宝したり。

ボス戦にも役に立ったりするので、けっこう楽しかったです。

 

RPGでは、お馴染み。

町人に話すのが面倒くさい時、ありますよね。

そんな時でもフィールドコマンドを試したいので、全員に話したくなります。

 

村人からアイテムを盗める、盗賊「テリオン」

SSR級の武器を盗むため、セーブしては盗んでの繰り返し。

反則級のプレイもできるので、思わず顔がにやつきます。

 

主人公ごとに、村人たちにできることが異なるわけ。

プレイヤーの選択次第で、ロールプレイの幅が広がるんですよ。

 

「正道」プレイもOK!

「邪道」プレイもOK!

 

王道プレイがしたいなら、商人「トレサ」がオススメ。

村人からお金を払って、アイテムを買うことができますよ。

 

私は、盗人「テリオン」で邪道プレイ。

お金を1円も払わず、タダで装備などを盗みまくるのが好きです。

 

「アイテムを得る」にしても、王道と邪道の2パターンがあって。

それをプレイヤーが選択できるので、楽しい!

 

広大な世界で何を体験するのも、どこへ向かうのも自由!

誰でもトラベラーになれますね。

 

スポンサーリンク

「オクトパストラベラー」感想まとめ

スクエアエニックスから発売中「オクトパストラベラー」

話題の新作RPG、レビュー記事でした。

 

  • 懐かしいドット絵。
  • キャラ8人による物語
  • ジョブシステム。

FFを彷彿とさせながらも、どこか懐かしい。

そんなゲームでしたね。

 

昔ながらのRPGが好きな人は、絶対にハマります。

私も久しぶりにワクワクしました。

 

商人、剣士、神官、薬師。

盗賊、狩人、踊り子、学者。

あなたは、どのキャラクターで物語を紡ぎますか。

 

\紹介したゲームはこちら/

商品概要!

  • 【タイトル】オクトパス トラベラー
  • 【発売日】2018年7月13日
  • 【ジャンル】RPG
  • 【プレイ人数】1人

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)