マツコも好きな高遠丞【A3】ミックス公演「駆け巡る」ネタバレ感想3

【A3】第二回ミックス公演「駆け巡る」

出典 A3 / 公式ツイッターより。

ぼっち充です。

マツコ・デラックスは、筋肉男子が大好物。

彼女?はマツコ会議で、A3の高遠丞が好みと告白しました。

 

今回のイベントは、女装家も愛するタクスが準主演!

第二回ミックス公演「駆け巡る」ネタバレ感想です。

~10話をまとめました。

 

▼1~3話のネタバレはこちら。

皆木家の兄弟BLだぞ【A3】ミックス公演「駆け巡る」ネタバレ感想1

 

▼4~6話のネタバレはこちら。

皆木巡の過去とは【A3】ミックス公演「駆け巡る」ネタバレ感想2

 

スポンサーリンク

 

第二回ミックス公演「駆け巡る」ネタバレ感想

第7話

ポイント!

  • 綴は、過去を語り出す。

 

【回想、皆木家】

DFに転向?このタイミングで?
ああ、今年またスーパールーキーが入ってきたりして、FWはポジティブ争いが熾烈でさ
俺も一年からレギュラーだったのにな~
監督から転向しろって言われたのか?
いや、自分から志願した
日本一のFWになるって言ってたのは?
……俺、サッカー続けたいからさ
海外のプロ選手でも、ポジションコンバートして活躍した選手はいっぱいいる
ゲーム練でもDF向いてるって言ってもらったから、がんばるよ
……
卒業したら大学には行かないで、クラブチームの練習生になろうと思ってるんだ
DFに転向すれば、確実にその道が開ける
早くプロ契約にこぎつけて家に金入れられるようになって、お前たちに楽させてやるからな
ーーそんなんどうでもいいよ。俺高校入ったらバイトしまくる予定だし
勉強しないと受験で苦労するぞ
大学行くつもりないし
ダメだ!
ーー
大学は行け
行かない
絶対に行け
ーーなんだよ、突然、そんな
お前の夢は脚本家なんだろ?物書きになるなら、たくさん勉強した方がいいに決まってる
金のことは気にするな。バイトなんてしなくていい
兄貴とも相談して綴だけは絶対に大学に行かせるつもりで、親父たちには話してある
そんなの、いつの間に……別に、大学行ってない物書きなんていくらでもいるし
俺も、兄貴も、綴に家のこと全部押し付けてただろ。最低限のケジメのつもりだ
ーー勝手なこと言ってんじゃねーよ!
そんなの、ただの罪滅ぼしだろ……!自己満足に、俺を巻き込むな!
ーーっ、やめろ、おい!
2人とも勝手なんだよ!
ーー痛っ、おい、綴やめろって!
辿
ただいま~、って2人とも、何してんの
ーー
辿
ほら、落ち着けって~。どうどう
……

 

スポンサーリンク

 

【現在、中庭】

兄貴たちは家計を助けるために、早くに働きに出て家にお金を入れてた
巡兄貴も色んな大学からスカウトがあったのに、早くプロになることを選びました
高校のコーチの紹介で、DFとして二部クラブチームのセレクション受けて入団して……
練習生からあっという間にプロ契約にこぎつけたのは、純粋にすごいと思う。兄貴の努力の賜物だってこともわかってる
でも、あの時、大学のスカウトを受けてたら、もう1回FWに挑戦するチャンスもあったんじゃないかなって
その可能性を、俺を大学に行かせるために潰しちゃったんじゃないかって、心のどこかで思ってて……
もちろん、今、兄貴はプロとして活躍してるし、俺は大学に行かせてもらったことを感謝してます
兄貴たちは家計を助けるために、早くに働きに出て家にお金を入れてた
自分のために、犠牲になったんじゃないかってことか
はい
……人にこの話するの初めてっす。ちょっとスッキリしました
ずっと、綴は俺と似てるところがあるって思ってたんだ
俺も家のことをしないといけないからって、諦めたものが色々ある
俺たちは家庭環境によって、選択の幅が狭められたかもしれない。でも、その道の中でたくさんの大切なものを掴むことができた
……そうっすよね
つい、あったかもしれない未来のことを、考えちまうんだよな
でも、俺たちにできることは、掴んでる”今”を大事にすることだけだ
ーー
サッカー部のミーティング中?
ちょうどよかった。綴さん、捜してたんだ
俺を?
さっき、巡さんとちょっと話してさ。あれだけすごいDFなのに、昔はFWだったんだって?
今、ちょうど、俺たちもその話を聞いたところだった
なんかDF転向のことで、綴さんとわだかまりがあるみたいだったから、ちょっと気になったんだけど
とにかく、一度腹割って話してみれば
……そうだな
ーー皆木
ーーっと。って、なんで急にボールなんて……
これ、使え
ーーっす

 

 

【綴の部屋】

……ぐうぐう
おい……起きろよ
ん……?綴……?
兄貴、サッカーやろうぜ

 

ちょこっと感想

ぐっすり寝てる、巡さん。

コソッと同じ布団に潜り込んで。

私も一緒に夢の中へ……キャッ。

 

スポンサーリンク

第8話

ポイント!

  • ミックス公演の題材が決まる。

 

【河川敷】

はー、やっと着いた
1時間まではいかないにしても、結構かかったな
いい準備運動にはなったんじゃないか
たしかに
久しぶりだな、ここ
ああ
ーーよっ
ーーっと
ーー
ーー
上手くなったよな、綴
そう?
最初の頃なんか、どこに飛んでくるかわからないから、俺走り回ってたし
そうだっけ
1回、川の中に蹴って、取るの大変だっただろ
そういや、そんなこともあったっけ
冬でめっちゃ寒い中、川に入ってさ
意外と深くて、棒で必死につついたんだよな
で、どんどんボールが下流に流されそうになって、追いかけて
はは、覚えてる
懐かしいな。今なら、川に入らずに済みそうだ
そりゃあ、色々教えてもらったし
ああ

 

スポンサーリンク

 

……あのさ、ごめんな
俺の方こそ、ごめん。綴の気持ち、考えてなかった
兄貴が謝る必要ない
……俺さ、高校で演劇部に入れなかったこと、大好きな家族のせいだって思ってた時期があったんだ
兄貴たちは早くに家出て、自分たちの好きなことして、なんで俺ばっかり、って……
……ああ
でも、この劇団に入って、そんな時間もムダじゃなかったって思えた
今までがあったからこそ、書ける脚本もたくさんあるんだって気づけた
兄貴たちが働いて家にお金入れてくれたから、家計も楽になって昔よりも余裕ができた
兄貴たちのおかげで、俺も弟たちも我慢しなくていいことが増えた
それなのに、巡兄貴が地方の高校に行くって言った時に俺、嫌味みたいなこと言ったの覚えてるか?
そんなことあったけ
私立に行くなんて、お金のこと考えろって言ったんだよ
ああ……まあ、そりゃあそうだろ
本当は純粋にさびしかった。俺にとってはずっと自慢の兄貴だったから
家から出るって聞いて、兄貴が遠くなるような気がした
……そっか
FWからDFになるって聞いた時も、俺、態度悪かっただろ
あれは、俺が約束破ったからだろ
違う。兄貴は、早くプロになって家にお金入れようと思ってDFを選んだんだろ
おかげで俺は大学に入れたけど、そのために兄貴はFWの道諦めたんじゃないかって、ずっと心のどっかで思ってた
だから、素直に応援できなかった。あの時はごめん
……
なんか、改まってこんなこと言うのも変だけどさーー

 

スポンサーリンク

 

次は俺の番だな
自分にDFの才能があるかもって思った時、最初に浮かんだのは綴の顔だった
日本一のFWになるって宣言したのは、綴にだけだからさ
俺にだけ?
綴には世界中の誰よりもかっこつけたいんだよ。他の弟とか兄貴とか親父たちより、誰よりも
なんで……
昔、俺の誕生日会でお芝居やってくれたこと、覚えてるか?
ああーー弟たちと、水野と一緒にやったときだろ
誕生日会の後に、将来芝居の話を作る仕事につきたいって、教えてくれたよな
俺、あの時、綴は絶対に脚本家になるだろうなって思ったんだ
え……
脚本家になって成功するに違いないって、誕生日会の芝居観て思った
だって普通、小学生であんな話考えられないだろ。俺には絶対無理だって思って、ちょっとショックだった
でも、だから、俺も兄貴として負けないようにサッカーがんばろうって思えたんだ
改めて、将来に対する迷いが消えた
そんなの、俺だって……
素直に脚本家になる夢を追いかけられたのは、兄貴の背中を見てたからだ
だからこそ、DFに転向する時は、綴との約束を曲げたくなくて、めっちゃ迷った
本当はFWとして、日本一になりたかった
でも、あの時はDFとしてやってく手ごたえも感じてたし……
コンバートすればコーチから確実にクラブチームに紹介してもらえることになってた
めっちゃ悩んで、心のどこかで、自分の選択を大切な家族のせいにして、DFになることを決めた
そうすれば家に早くお金を入れらるし、綴を大学に通わせられるから
確実に見えてる未来を、安全な道を選んでしまった
大切な家族のせいにして……俺と同じだ
結果、めっちゃかっこわりーよな。DFでも代表落ちして……
かっこいいよ
練習生からたった1年でプロ契約にこぎつけたことも、有限実行で家にお金入れて、家族のためにがんばってることも
プロ1年目でMVPとるくらい活躍して、二部リーグだったチームを一部に昇格させたのも
奥さんのこと一生守るって決めて、サクっと結婚決めちゃうところも全部かっこいいよ
ーーほめすぎだ
事実だろ。兄弟だから、俺はそのままの兄貴を知ってる
兄貴は、俺の知るどんな奴よりも、物語の主人公みたいだよ
……それ、お前から言われると最高のほめ言葉だな
物語の主人公かー。俺、お前の書く脚本にも出られるかもな!
ーー

 

 

【回想、河川敷】

水野
『綴くんの物語を、お兄さんに贈ったらどうかな』

 

スポンサーリンク

 

【現在、中庭】

……
高遠さん
ん?
ボールありがとうございました
役に立ったか
はい
おかげで兄貴と話せました
そうか
高遠さん、前にした約束覚えてます?
約束?
サッカーをテーマにした芝居をやるって話
ああ……
俺、今度のミックス公演用に、サッカーをテーマにした、きれいごとじゃない本が書きたいっす
兄貴が夢を追うための気持ちを取り戻せるような……
あまりに自己満すぎますけど
書きたいものを書くのも、脚本家の特権だろ
それに、兄貴を応援する本は、きっと誰かの背中を押してやる力を持ってるはずだ
ーーありがとうございます
……なんか、高遠さんって不思議っすね
何がだ?
一番上の兄貴と歳が近いからかな……兄貴っぽく思えるときがあるんすよ
お前みたいに手のかからない弟なら大歓迎だ。実は昔、弟がちょっと欲しかった
今度うちに遊びに来い。もっとうっとおしい兄貴がいるけどな
っす
本、楽しみにしてる。きっと、お前にしか書けないテーマだ
がんばります

 

ちょこっと感想

プロポーズ for にぃにぃ。

巡への想いを語る、綴たん。

ガチ愛の告白かと思たね。/aside]

 

スポンサーリンク

第9話

ポイント!

  • ミックス公演「駆け巡る」、開幕。

 

【リビング】

咲也
あ、皆木選手の記事のってますよ
クラブチームの練習に復帰したみたいですね
監督さん
元気そうでよかった
監督さん
タンジェリン王子に続き、二度目の春組兄弟の襲来だったけど……最後の方はすっかり寮に馴染んでたな
監督
監督さん
この間言ってたミックス公演用の……書きたい本、書けたっす
監督さん
綴くん……初めてまともな綴くんから、脚本受け取った気がするよ
いや、実は昨日書きあがってたんすけど、うっかり爆睡しちゃって
気付いたらベットに転がっててびっくりしました
監督さん
そういえば昨日の夜、真澄くんが丞さんたちを呼んでベッドに上げてたっけ
監督さん
読ませてもらうね
っす
監督さん
……
監督さん
サッカーをテーマにした若者たちのお話……
監督さん
いつもと違って派手さはないけど、じんわり来るような、ちょっとほろ苦い青春群像劇だ
監督さん
うん、素敵……これ、タイトルはもう決まってるの?
ちょっと恥ずかしいタイトルでーー
監督さん
ーーこれ?いいね
で、メンバーなんすけど……
監督さん
ふふ。もうわかってるよ、このテーマなら、ね
監督さん
主演はもちろん綴くんでいいんだよね?
っす。兄貴のために作った物語なんで、自分が請け負います
監督さん
うん
監督さん
綴くんにしか書けない、巡さんを見てきたからこそ演じられる物語……完成が楽しみだな

 

スポンサーリンク

 

【劇場】

えーと、列が……
監督さん
巡さん、こっちです
あ、どうもーー
監督さん
席、ここです
こんな真ん中のいい席でいいんですか?
監督さん
綴くんたっての希望なんです。初日、絶対いいところで観てほしいって
……ありがとうございます
観客A
綴くん主演、久しぶりだから楽しみだね!
観客B
絶対チケット取りたかったから、うれしい!ミックス公演って、どんな雰囲気なんだろ
……
監督さん
すごいソワソワしてるな
実は綴の舞台を生で観るの、初めてなんです。いつもチームの練習が忙しくて、映像でしか観たことなくて
監督さん
TVで巡さんの試合が始まる前の、綴くんみたいですよ
はは、やっぱ兄弟っすね

 

 

【舞台袖】

俺のエゴみたいな台本に付き合わせてすみません
何を今さら
本の内容がよければ、エゴだろうがなんだろが関係ない
というか、そんなに悪いと思ってないだろ
はい
あっさりかよ
ずっと一緒にサッカーやってきたみんなと、このテーマを演じることができるのが、単純に楽しみで
俺もだ
楽しもう
だな
円陣組むぞ
っす
兄貴だけじゃなく、夢を追い、それぞれのフィールドを駆け巡るすべての人たちへリスペクトを込めてーー
一緒に、走ってくれますか?
おう!
行くぜ!
っし!

 

【A3】第二回ミックス公演「駆け巡る」

出典 A3 / 公式ツイッターより。

 

高校生の時に成り行きで受けたクラブチームの入団テストに合格した久保田。

高校時代は代表入り間違いなしと言われていたが、その後プロ契約を結ぶも、結果が出ず練習生でくすぶっていた。

 

スポンサーリンク

 

コーチ
久保田、そろそろ後がないぞ。身の振り方をよく考えとけよ
久保田
……はい
久保田
お先
チームメイトA
あれ?帰るんすか?
チームメイトB
……ああはなりたくないよな
チームメイトA
久保田さん、高校時代は代表入り間違いなしって言われたってマジっすか
チームメイトB
ああ。それが今や万年練習生だからなぁ
チームメイトA
ピーク過ぎたって感じっすよね

 

プロとしてやっていくことに悩んでいた久保田。

そんなある日、街を歩いていると。

高校時代のチームメイト、五十嵐に出会う。

 

久保田
……ちっ
五十嵐
サッカー選手がタバコなんて吸っていいのかよ
久保田
……うるせー。お前こそ勉強しろ
五十嵐
今日は一限だけだ。そっちの練習は?
久保田
休み
五十嵐
サボりか
久保田
……
五十嵐
暇なら助っ人やらないか?
久保田
助っ人?
五十嵐
今度フットサルのチーム作ろうと思ってさ
久保田
プロかアマチュアチーム入れるか
五十嵐
別に大会出るわけでもないし、ただの遊びなら問題ないだろ
久保田
大学ならいくらでもヒマな奴いるだろ
五十嵐
宮木と耕平も誘ったんだ
久保田
耕平って、宮木弟?
五十嵐
そうそう。だったら東高サッカー部で揃えたいし
久保田
なんだそれ
五十嵐
考えといてくれよ。年俸500円で
久保田
やっす
久保田
……ま、別にいいけどな
五十嵐
いいのか?
久保田
なんだよ、お前が誘ったんだろ
五十嵐
いや、助かる。あいつらに言ったら喜ぶよ

 

宮木
久しぶりだな
耕平
……っす
五十嵐
お前ら、全然会ってなかったのか?
宮木
卒業式以来だよな
久保田
だな
宮木
こいつが耕平
耕平
久保田さんってセレクション一発で受かったってマジっすか
久保田
……ああ、まあ
耕平
やべー、すげー。東高サッカー部の伝説っすよ
久保田
……へー
五十嵐
伝説だって
宮木
あの頃から久保田は別格だったからな
久保田
……嫌味か
五十嵐
ま、今日はとりあえず久しぶりだし飲みにでも行くか
久保田
フットサルしないのかよ
宮木
いい酒入荷してるから
五十嵐
酒屋のスポンサー付きの飲み会って、最強だよな

 

五十嵐に誘われ、フットサルチームに入ることになった久保田。

メンバーは同じ高校のサッカー部員だった宮木と、宮木の弟である耕平。

 

耕平はサッカーの才能はあるものの、チームメイトとの関係に悩み、登校拒否をしていた。

 

宮木と耕平は、宮木がサッカーの道を諦めて、家業の酒屋を継いだ時以来折り合いが悪く、耕平と仲のいい五十嵐が心配して、今回のフットサル結成を思いついた。

 

スポンサーリンク

 

耕平は純粋にプロチーム所属の久保田を尊敬するが、結果を出せていない久保田はバツが悪い。

 

才能があり将来も有望視されていた宮木は、久保田を一緒に試験を受けるはずだったが、父親が病に倒れたことで実家を継ぐことを決意。

 

そのいきさつから、宮木は久保田の不振を歯がゆく思っていた。

そしてチーム結成後、初めての練習試合に臨んだ。

 

耕平
5対0……ウソだろ
五十嵐
いやーブランクあるって、きついなぁ
久保田
……はぁ
宮木
ま、こんなもんか
相手チームA
あれ?もしかして東高の久保田?
相手チームB
ああ、プロになったっていう
相手チームC
いや、プロってか三軍落ちしたって聞いたけど
相手チームA
もう今はアマチュア?
相手チームB
むしろアマチュア以下っていうかーー
五十嵐
ーー
宮木
おいーー
久保田
別にいい
相手チームC
おつかれさまー。またよろしく
相手チームA
おつかれっすー
耕平
ーーちょ、久保田さん、手抜きすぎっすよ。いくら相手がアマチュアだからって
久保田
……別に抜いてねーよ
耕平
え?
久保田
帰るわ、おつかれ
五十嵐
あ、おい、久保田ーー
五十嵐
なあ、あんな連中の言うこと気にするなよ
久保田
うるせーな、放っとけよ
五十嵐
ーー

 

初めての練習試合で惨敗。

耕平は憧れていた久保田のプレーに落胆してしまう。

 

五十嵐が久保田のことを心配するも、突っぱねる久保田。

ギクシャクする4人。

 

久保田は1人、高校時代のことを思い出していた。

 

スポンサーリンク

 

久保田
……
宮木
お前、負けるといつもここだよな
久保田
……うるせーよ
宮木
惜しかったな。最後のシュート
久保田
くそ、パスが遅すぎるんだよ。俺はもっと先にいんのにーー
宮木
後でミーティングだな
久保田
2時間コースな
宮木
そういや、久保田は卒業したらどうするんだ?
久保田
一応進学で考えてるけど
宮木
五十嵐と同じか
久保田
あいつ、優良企業のリーマンが夢だもんな
宮木
夢のない夢だな
久保田
宮木は?
宮木
セレクション受ける
久保田
やっぱそっち行くんだ?
宮木
久保田だってスカウトから声かかってるだろ。セレクション受けないのか
久保田
……宮木が受けるなら受けよっかな
宮木
なんだ、それ
久保田
そしたら、卒業してからも一緒にサッカーできんじゃん
宮木
だな

 

宮木
やっぱりここか。成長しないな
久保田
……
宮木
うちの一番高い酒。なかなか飲めないから飲んどけ
久保田
んなことばっかやってたら、潰れるぞ
宮木
今のとこ売上は上々だ
久保田
……へぇ。よかったな
宮木
最初はどうなることかと思ったけどな
久保田
サッカーだけじゃなくて酒屋の才能もあったってことか。才能ある奴は違うよな
宮木
どうしたんだよ。お前のプレーらしくない
久保田
……
宮木
タバコは止めとけ。もっと自覚しろよ
久保田
ーーうるせーな、だったらお前がプロになればよかっただろ
宮木
なれるもんならなりたかったよ
久保田
ーー

 

久保田と宮木は高校時代の思い出話をする。

夢を語る宮木と、それにつられるようにして、プロチーム入りを決めた高校時代の久保田。

しかし、現実はそんなにうまくいかず悩んでいた。

 

宮木にプロの自覚をしろと言われ、久保田はお前がプロになればよかったのにと告げてしまい、なれるならなりたかったと、宮木を怒らせてしまった。

 

一方、五十嵐も就職活動がうまくいかずに苦しんでいた。

 

スポンサーリンク

 

サラリーマンA
ったく、学生は気楽でいいよなー
サラリーマンB
サッカー部だったんだっけ?あれやってみせてよ。リフティング。この500円玉で
五十嵐
はは、無理っすよ
サラリーマンA
いいからやれって。できたら、その500円やるから
五十嵐
えー、じゃあーー
サラリーマンB
はっ、へったくそ
五十嵐
はは
サラリーマンA
練習しとけよー
五十嵐
はは、そうっすねー
サラリーマンB
んじゃーな
五十嵐
今日はありがとうございました
耕平
五十嵐さん?
五十嵐
耕平?珍しいな、こんなとこで
耕平
さっきの、誰っすか
五十嵐
うちのOB。OB訪問で世話になってさ
耕平
あんなのにぺこぺこする必要あるんすか?
五十嵐
一応第一希望の企業だから、心証悪くできないんだよな
耕平
……かっこわるいっす
五十嵐
はは、はっきり言いすぎ
耕平
……
五十嵐
そういや、今度の練習日どうする?お前、まだ学校休んでるなら、平日とかーー
耕平
俺、チーム抜けます
五十嵐
え、なんでーー
耕平
んじゃ
五十嵐
……

 

耕平は偶然、第一企業にいるOBにぺこぺこする五十嵐を目撃してしまう。

五十嵐を慕っていた耕平は、らしくない姿を見せられ幻滅してしまい、チームから抜けることを告げた。

 

スポンサーリンク

 

五十嵐
ってわけ
宮木
そうだったのか
久保田
弟なのに聞いてなかったのかよ
宮木
……まあな
宮木
悪かったな。せっかく五十嵐が集めてくれたのに。久保田もーー
五十嵐
別に俺はいいけど、相変わらず冷戦中?
宮木
ああ。俺とは一切口をきこうとしない
宮木
一緒にフットサルやるっていうだけでも意外だったけど、やっぱり続かなかったか
久保田
ま、あれだけボロ負けしたらやる気なくなるよな
五十嵐
あー俺にも一因あるかも
宮木
いや、あいつの問題だ。学校休んでるのだって、部活でちょっとうまくいかなかったからって根性がなさすぎる
久保田
で、どうすんだよーー
五十嵐
っと、急にパス回されてもなーーはい
宮木
俺に回すなーー
久保田
っていうか、耕平、学校休んでるって?
宮木
登校拒否ってやつだ
五十嵐
耕平の代が結構クセの強い奴が多いらしくてな。なにかと衝突して、居場所がなくなったらしい
久保田
そういうタイプに見えないけどな。気強そうだし
宮木
昔から気は強くても打たれ弱いんだよ、あいつ。誰かとそっくり
五十嵐
あー
久保田
誰かって誰だよーー!
五十嵐
おっと、言わぬが花ってことでーー
久保田
つーか、この前も思ったけど、五十嵐、パス回しが雑だぞ
宮木
俺も思った
五十嵐
出たな、久保田宮木のダメ出しタイム
久保田
なんだよ、それ
五十嵐
東高サッカー部名物
久保田
勝手に名物にするな
宮木
久保田は伝説に名物に色々揃ってるな
久保田
ま、耕平も伝説の先輩がこんなで幻滅したんじゃないか
五十嵐
いや、俺も変なとこ見せちゃったし
宮木
それを言うなら、一番の原因は兄の俺だろ
五十嵐
耕平は宮木がサッカーうまいの自慢だったもんな
宮木
酒屋の兄はいらないってさ
久保田
ーーだったら、今からでもプロになればいいだろ。うじうじうぜーんだよ!
五十嵐
ーーっ、おい、届かないって!
宮木
そんなのーーできたら苦労しねえんだよ!
五十嵐
宮木まで本気モードか?2人だけずるいぞ
久保田
じゃあ、ぐちぐち言うな!
宮木
お前こそ、腰抜けてるだろ!
久保田
ーーっ
宮木
五十嵐、サイド守れ
五十嵐
おう!
宮木
抜かせるかよーー
久保田
ふざけんなーー!
五十嵐
ーーうわっ
宮木
ーーっ
久保田
はあっ
宮木
はあ、はあ……
五十嵐
はあ……ナイスシュー。ちぇ、やっぱうまいな、久保田
久保田
当たり前だろ
宮木
ははっ、お前はそうやって自信満々じゃないとな
五十嵐
そうそう、それでこそ久保田だよな
久保田
なんだよ、その言い草は
宮木
……親父が死んで、酒屋継いだことは後悔してない
宮木
でも、お前がいつまでもらしくないプレーして、腐ってるの見てイライラした
宮木
まるで、プロの道を選んだ自分を見てるみたいな気がした
久保田
……
宮木
お前は、そんなとこで終わるような奴じゃないだろ
久保田
……ああ
五十嵐
俺ももうちょっと考えないとな。自分が本当にやりたいことがなんなのか
宮木
優良企業のリーマンは?
五十嵐
プロサッカー選手に比べると夢がないだろ
久保田
それを言うなら酒屋の方がないけどな
宮木
お前よりはるかに稼いでるけどな
久保田
生々しい話すんな

 

3人でパス練習をしながら、お互いのことを話す久保田、宮木、五十嵐。

やがて白熱し、自然とゴールを狙う久保田と、守る宮木と五十嵐という構図になり、見事高校の時のようなゴールを決める久保田。

 

倒れ込み、かつての自分たちに思いをはせる3人。

ままならない現状との落差を感じながらも、再び起き上がる。

 

スポンサーリンク

 

耕平
……
チームメイトA
あれ、耕平?
チームメイトB
登校拒否児がこんなとこウロウロしてたらダメだろ
チームメイトC
つーか、まだサッカーやってんの?
チームメイトB
1人でサッカーなんてできるわけないだろ
チームメイトC
ぼっちウケる
チームメイトB
ばっか。かわいそーだろ
チームメイトA
おーい、なんなら俺たちと一緒にやる?
チームメイトB
冗談だろ。耕平とプレーはマジ無理
チームメイトC
勘弁だよなー。大してうまくもねーのに、口だけだし
耕平
ーーっ
五十嵐
試合なら喜んでー
宮木
やろうぜ。どうせヒマなんだろ
久保田
サッカー部OBとの親善試合ってことでー、お前らが勝ったらなんでもおごってやるよ
チームメイトA
え、マジ?
チームメイトB
どうする?
チームメイトC
おごりとかラッキーじゃね
チームメイトA
たしかに
チームメイトB
いいっすよ

 

チームを抜けた耕平は、手持ち無沙汰で1人ボールを転がしていると、かつてのチームメイトのサッカー部員に絡まれてしまった。

 

そこに久保田や五十嵐、宮木がやってきて、試合を持ちかける。

 

スポンサーリンク

 

宮木
耕平!
耕平
ーーっ
五十嵐
よし!回した!
久保田
宮木!
宮木
わかってる
久保田
ーー
チームメイトB
ーーちっ
五十嵐
ナイスシュー!
久保田
宮木、ナイスアシスト
宮木
俺もまだ捨てたもんじゃないだろ
耕平
すげー……
チームメイトA
ウソだろ……
久保田
ま。こんなもんか
五十嵐
おー、20点差とか初めて見たな
チームメイトB
……
久保田
んじゃ、俺たちが勝ったんでおごりーー
チームメイトC
え!
久保田
ってのはかわいそうだから、耕平への謝罪で許してやる
宮木
口だけじゃないのはわかっただろ
チームメイトA
……悪かったな
宮木
さてと、帰るか
五十嵐
打ち上げしていこーぜ
耕平
……
五十嵐
ほら、耕平も行くぞ
耕平
……久保田さん、本当にうまいんすね
久保田
かわいくねーな。宮木そっくり

 

圧倒的な点差で勝利する久保田たち。

3人を見直す耕平。

この勝利をきっかけに4人はそれぞれの道を歩み始めた。

 

スポンサーリンク

 

久保田
はっ、はっ、はっ、はっ
五十嵐
お、相変わらずヒマそうだな
久保田
どこがだよ
五十嵐
トレーニング中?
久保田
見ればわかるだろ
五十嵐
いや、最近見ない姿だったからさ
五十嵐
そういや、聞いたか?耕平、お前のチーム目指すってよ
久保田
へえ。あいつならいい線いくんじゃねーか。センスあるし
五十嵐
宮木はすっかりサッカー熱がぶり返しちゃって、少年サッカーのコーチ始めたって
久保田
知ってる。この前駆り出された
五十嵐
さすが伝説の先輩
久保田
うるせー。お前も手伝いに来いよ。耕平だって付き合わされてんだから
五十嵐
内定決まったらな
久保田
夢とやらは見つかったのかよ?
五十嵐
まあね。そのうち。俺が開発したシューズとかユニフォーム使うかもよ
久保田
そのときは、全品500円で
五十嵐
安すぎだろ

 

耕平
ーー
宮木
今日は部活行ったのか?お疲れ
耕平
……
宮木
いらっしゃいませー
耕平
……後で
宮木
あ?
耕平
後で店手伝うわ
宮木
ーーおう

 

久保田
……
コーチ
久保田、ちょっと
久保田
はい
コーチ
来週の試合、控えで出てもらう
久保田
え……
コーチ
しっかりな
久保田
はい!

 

ありがとうございました!
ありがとうございました!
ありがとう
あざっす
えっと、一言だけすみません
この物語を、偉大な兄と、夢を追いそれぞれフィールドを全力で駆け巡るすべての人たちに捧げます

 

ーーっ
監督さん
これが、綴くんが書きたかった物語なんだね。ちゃんと伝わってるよ、綴くんーー

 

ちょこっと感想

私も東高に行きたいな。

サッカー部のマネージャーになって。

つづるんと付き合ってやる。

 

スポンサーリンク

第10話

ポイント!

  • 皆木巡の目標が決まる。

 

【劇場前】

兄貴があんなに泣いてるの初めて見た
うるせ。舞台とか普段全然観ないからさ
みんな、兄貴にほめられて喜んでたよ。あまりの勢いにちょっと引いたけど
そんだけ感動したんだよ。綴もみんなもすげーよ。サッカーがあんな風に芝居の中に溶け込むなんて思わなかった
サッカーも演技もうまいな、みんな
それは、どうも
まあでも、500円ネタ、あんなに持ってくるとは思わなかった
あー、あれな
それにタバコネタとか。お前、俺が吸い始めたこと気づいてたのか
匂いでわかるだろ、普通
……にしてもさ、FWからDFにコンバートした俺にあてた作品の主人公がFWってどういうことだよ
あの頃の兄貴が、やっぱ俺にとっては一番鮮烈だったんだよ
FWっていう花形ポジションだったからってだけじゃなくて、全力で迷うことなく夢を追いかける姿がかっこよかった
俺、試合で兄貴のボールがゴールネット揺らすの見るの、好きだったよ
……
いつかワールドカップでゴール決めるんだろ
いや、俺ディフェンスだぞ
関係ない。決めろよ。これは、そういうエールだから
ーー
日本一のFWじゃなくても、俺にとって、兄貴はいつでも変わらない。俺の誇りだ
……よし
決めたーーーー!!
!?
4年後、FWとしてワールドカップに出る。監督にコンバートを申し込んでみる
え……
すぐには無理かもしれない
今までずっとFW一本でやってきた奴とポジション争うのは、大変だってこともわかってる
でも、綴には世界一かっこつけたいからさ
本気かよ
ああ。引退するくらいなら、もう1回全力で夢追いかけてみる
勝手にそんなの決めていいのかよ
嫁にも、ちゃんと話してわかってもらう。一緒にまた4年がんばってくれって頼むつもりだ
そっか
そうと決まれば、早く帰って伝えないとな!
来月は誕生日もあるんだし、実家帰って来いよ
ーーあ!またあの芝居観たいな。昔やってくれたやつ
この間話して、やっぱり、あの芝居を観たことが、俺が夢を追う原動力だったんだなって改めて思ってさ
いや、でも、あんな子供だましの芝居ーー
それでも、俺にとっては思い出の作品なんだよ。夢の原点
あれ観たら、またあの頃に戻ったつもりで、4年間がんばれそうだからさ
わかったよ
でも……あれをやるには、役者が足りないな

 

スポンサーリンク

 

【中庭】

ーーよっ、と
……
ーー
ーーっと
よく取ったな
そりゃあ、まあ
明日も二公演あるのに、体休めなくていいんすか
今回の公演やってると、サッカーしたくてうずうずしてくるんだよな。少し体動かさないと眠れない
まあ、感覚忘れないためにも、ボール触っとくのはいいかもしれないっすね
舞台からボール落としたら笑えないからな
たしかに
初日、ちょっと危ないところあったよな
ああ、冒頭のーー
それから、ボールに集中しすぎて、芝居が小さくまとまらないようにしないと
芝居に影響あるなら、ボール止めた方がましだ
っす
何笑ってるんだ?
いや、サッカーやってても、さすが高遠さんだと思って
どういう意味だ
兄貴もほめてましたよ
ああ、楽屋で興奮してたな。あれは、本の力もあるだろ
兄貴に捧げるつもりで書いたんすけど、あそこまで届くと嬉しいような、照れるような……
素直に喜べ
っす

 

スポンサーリンク

 

実は、兄貴のために脚本書くのって、あれが初めてじゃないんです
昔、俺が小学生の時に、兄貴の誕生会で自作の芝居を披露したことがあって
へぇ、皆木の原点か
そう、っすね……そうか、俺の原点でもあるのか
だから、なんすかね。俺、誰かのために書くのが好きなんだと思います
役者に当て書きするときもそうですけど、誰かのことを思い浮かべて脚本を書くのが楽しいんです
きっと、幅を狭めるからそれだけじゃダメだってわかってるんすけど……
今回、高遠さんに背中押してもらって、うれしかったっす
役者のためには当て書きだけなのも良くないし、苦手なテーマも挑戦しなきゃ成長できないってこともあるかもしれない
それでも、皆木が誰かのために書いた本が俺も好きだ
今まで色んな作家の芝居を演じてきたが、皆木の物語には皆木にしか描けない人情味がある
そういう皆木の本だから、これからも演じたいと思える
ーーありがとうございます
まずは今の公演ですけど、いつか高遠さんのために書いた本でも共演してみたいっす
俺たちの共通点といえば、まだあるしな
ガソスタ店員ものっすね
あの店長にも友情出演してもらうか
またシフト勝手にねじ込まれますよ
有り得そうでこわい
ガソスタあるあるネタだけは色々詰められますね
だな

 

ちょこっと感想

ガソスタ店員ものですとぉー。

オイルと汗にまみれた男たち。

ぐちゅぐちゅ展開ですな。

 

スポンサーリンク

高遠丞がマツコに襲われる未来

マツコに迫られる、高遠丞。

うん、想像するだけでいい感じ。

 

困惑するタクス、きっと超かわいいよ。

引きつった笑顔。

その様子をビデオカメラに収めたいな。

 

イケメンが食べられそうになる瞬間。

どんなフルコースより、乙女には絶品っす。

 

▼続きのネタバレはこちら。

【A3】皆木綴が描いた最初の脚本とは「駆け巡る」ネタバレ感想4

 

▼A3特集はこちら。

【祝☆2周年】ぼっちを満開に咲かせて

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)