矢部太郎マンガ「大家さんと僕」感想!ごきげんようさようなら

大家さんと僕

ぼっち充です。

「ごきげんよう」と、挨拶する大家さん。

うむ、実に奥ゆかしい女性ですね。

 

そんな大家さんとの日常を描いた「大家さんと僕」

お笑い芸人・矢部太郎の漫画で有名になりましたね。

 

しかしながら、大家さんは死亡。

彼女に「さようなら」の意味も込めつつ、本の感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

図書館からプレゼントだよ

図書館で予約していた本が、やっと届きましたよ。

買うまでもないけど、読んでみたい。

そんな本がコチラです。

 

\図書館で予約ランキング上位の本/

『大家さんと僕』です。

なんと、定価1,000円。

1食分のランチって考えると、買うのためらうよね。

 

カラテカの矢部太郎が書いた漫画です。

いいなー、お笑い芸人なのに印税生活でしょ。

夢が膨らむ芸能界ってやっぱり素敵!

 

矢部くんは、大家さんの家の二階に間借りしてます。

(※モデルとなった大家さんは、すでに死亡)

 

「ごきげんよう」と挨拶する上品な大家さんとの交流を描いた作品です。

矢部くん、はぁちゅう信者かな。

日常生活、全てはネタってことでしょ。

はぁちゅうとは!?

超有名ブロガー。

人生全てをコンテンツにする魔人。

 

温かいソフトな絵柄が特徴です。

いわゆる、ゆるほっこり系の漫画かな。

 

正直な話、絵が特別うまいわけじゃないので。

この作画クオリティでお金を稼げるとは驚き。

 

何を書くかーー。

つまり、題材が重要なんだと学びました。

 

スポンサーリンク

夢の印税生活「大家さんと僕」

読みました、読みましたよ。

ベストセラーだけあって、面白いね。

 

約100ページの漫画。

1時間もあれば読み切れますね。

 

ラクガキチックな絵柄なので。

嫌味じゃなくて、スラスラと読めるね。

……ゴメン、嫌味でした。

 

ねぇねぇ、私のこと嫌いになった?

やっぱりツンデレがモテると思うんだわ。

たまには毒を吐いていこうと決めました。

 

にしても、大家さんが超いい人なの。

チャーミングすぎるわけ。

 

物腰も柔らかいし。

だって、挨拶が「ごきげんよう」だよ。

おいおい、宝塚かと思っちゃうだろ。

 

「最近の若者は~」

と、文句しか言わない老人と違ってさ。

大家さんは、若者に敬意を持ってる印象。

 

し・か・も、だ。

大家さんは、伊勢丹が大好き。

イコール、めっちゃお金持ってるわけ。

 

お金に余裕があると、心に余裕が生まれるからね。

そういうの大事よ。

ワンチャン、遺産で一発逆転人生できるし。

こういう年寄りには、優しくしたいと思います。

 

私の婆ちゃんなんか、宗教の幹部だからね。

うん、理解に苦しむ。

お布施の金があるなら、初孫にお金をくださいな。

 

いいなー、いいなー。

私も素敵な大家さんをネタにして。

夢の印税生活を送りたいなー。

 

スポンサーリンク

「大家さんと僕」感想!

『大家さんと僕』は、23個のショートストーリーで構成されています。

目次
  1. おかえりなさい。
  2. お一人暮らし。
  3. 大家さんの部屋。
  4. ライトとおやき。
  5. おすそわけ。
  6. うどんとホタル。
  7. 初めてのケンカ。
  8. 誕生日のサプライズ。
  9. 赤いスーツケース。
  10. 大家さんの誕生日。
  11. ライバル。
  12. 僕の悩み。
  13. 伊勢丹ランデブー。
  14. 遺品の整理。
  15. 太宰と初恋。
  16. 告白。
  17. ごきげんよう。
  18. 九州旅行。
  19. 特攻隊とえみちゃん。
  20. 綿あめとハレンチ。
  21. 入院。
  22. ひとりは寂しい。
  23. 大家さんと僕。

数あるエピソードの中でも、『誕生日のサプライズ』は逸材。

矢部くんの誕生日を祝う大家さん。

彼女が用意した誕生日ケーキは、おはぎでした。

しかも、刺さっているロウソクは仏壇用。

 

年季を感じるよね。

今日の大家さんは無敵だぞ。

だって、漫画のネタが豊作で。

その話を絵にするだけで、バカ売れだから。

 

ずっちーよ!

大家さんのセンスがズルいってばよ。

 

私は都会っ子だから、近所の人とは距離を置きたいわけ。

プライベートを大事にしたいタイプ。

 

でも、この大家さんなら許す。

なんか可愛いし、エピソードがお金になるからね。

……一番ずっちーのは私でした。

 

スポンサーリンク

マダムな大家さんになりたい!

『大家さんと僕』感想でした。

日頃のストレスを忘れされるほどに、ほっこりする作品。

矢部さんと大家さんの人柄が素晴らしいですね。

 

もういいじゃん。

二人は結婚すればええんやないの?

と思ったのは、私だけでしょうか。

 

残念ながら、大家さんはすでに天命を全うされましたが……。

私も年を重ねたら、「ごぎげんよう」と言えるマダムになりたい。

 

いや、あれだな。

挨拶の仕方より、とりあえず金持ちマダムになれたらいいな。

 

\紹介した本はコチラです/

スポンサーリンク