新規クレジットカード申し込み時の注意点総まとめ 

新規クレジットカードの申し込み時の注意点総まとめ

クレジットカードと聞くと、

新規申し込み時の手続きがメンドクサイですよね。

また、スタッフの説明も難しくて、なかなか理解に苦しみます。

ここでは体験談を元に、クレジットカードの申し込み時の注意点をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

年会費

クレジットカードの各種手当が付いているか、付いていないかで、

この年会費は変わってきます。

無料のカードもあれば、数万円単位で費用がかかる場合もあります。

また最初の数年は無料だが、それ以降は年会費が発生する場合もあります。

ご自身のクレジットカードの利用目的によって、

ちょうどよい年会費のクレジットカードを探しましょう。

解約費

これはやっかいなパターンですね。

新規でクレジットカードを申し込みをする時は無料ですが、

クレジットカード解約時に、『解約手数料』が請求されるパターンがあります。

本当にゴミクズな制度です。

『生涯、このカードを解約する気はないわ…』

と思っている勇気あるマダァムは、申し込んでもいいかもしれませんね。

自動リボ払い

これは本当に悪質な機能です。本当にこの世から消えてくれ……( `ー´)ノ

これは『企業が企業による企業の為の』初期設定です。

企業が利益を得たいが為に、初期設定で付いている場合が非常に多いです。

 

リボ払いと聞いても、なかなかイメージできませんよね。

 

リボ払いとは、『毎月一定の金額のみ』を払う方法です。

この『一定の金額』を超えた場合は、

翌月に支払いが繰り越され、

さらに繰り越し分に対して、利息が生じます。

 

スポンサーリンク

 

つまりですね…。

もし、初期設定に『自動リボ払い』がついていて、

毎月のリボの支払い金額が5000円だったとしましょう。

 

何も知らずに、一括で10万円のテレビをクレジットカードで購入しました。

しかしながら、この『自動リボ払い』が勝手に適用され、

1回払い → リボ払いに変更されます。

しかも、このリボ払いの設定金額は初期設定の5000円ですので、

購入後1年経っても、完済することはありません。

おかげさまで利息が増えつづけるよ…

 

利用明細を見るのを忘れていて

『気づいたら利息がとんでもないことになっていた』

ということは、本当によくあります。

 

もし、初期設定で『自動リボ払い』が登録されているなら

  • 『自動リボ払い』を解除する
  • リボの設定金額を引き上げる

などの対応をしましょう。

 

クレジットカード申し込み時には細心の注意を

いかがでしたでしょうか。

  • 『年会費』
  • 『解約費』
  • 『自動リボ払い』

の3つに気をつけて、納得のできるクレジットカードの申し込みをしましょうね。

 

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)