キラのデスノートの使い方は正しい!夜神月を神と崇める私の考え

【デスノート】私は狂気的なキラ信者

一世を風靡した、デスノート!

夜神月が目指した世界、それは私の理想郷です。

 

はたして、キラの思想は正しいのでしょうか。

キラ信者の私が、夜神月を神と崇める理由をまとめました。

もしもキラが裁判官だったら……という妄想つき。

L派の人にも読んでほしい、狂気的な考えをどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

大切な人を失ってもなお、誰かを裁くことは悪!?

犯罪者を裁くことは『悪』なのでしょうか。

私はそうは思えません。

 

例えば、アナタが事件の被害者になったとしましょう。

大切な人が、過失運転により殺されてしまったとします。

 

危険な運転により相手を死傷させた場合は『危険運転致死傷罪』が適用されるので、加害者はMAX15年の懲役。

被害者としては、一番重い15年の懲役判決が欲しいですよね。

きっと、裁判官に最大求刑を求めると思います。

 

もしもLの思想に乗っ取るならーー、アナタの意見を主張することは許されません。

アナタが重い求刑を求めれば、それは個人が誰かを裁くことに繋がると思うので。

 

「私にはとやかく言える筋合いはありませんので、懲役はすべてそちらの判断でお任せします」

犯人が不利になるような発言は、控えなければいけないですよね。

 

個人の意見を捨てないと、間接的に誰かの罪に対して裁きを加えることになります。

結果、それはキラの行動と同じ。

 

きれいごとを並べても、結局のところ私たちは人間です。

大切な人が奪われたら、加害者にも同じような苦しみを感じて欲しい。

そう考え、大多数の人は最大求刑を主張するのが常です。

 

被害者の立場になってもなお、誰を裁くことに抵抗がある人が真の意味でL派。

アナタは大切な人を失っても、自分の意見を主張せずに加害者と向き合えますか。

仙人のような広い心を持っている人は、果たしてどれほどいるのでしょうかね。

 

スポンサーリンク

アナタはどっち!『キラ派』 or 『L派』

私は『キラ派』!

極悪人を心臓マヒで次から次へと殺す、ライト。

デスノートを使った大量殺人によって、現に世界の凶悪犯罪は7割も消えました。

 

善良な市民が、堂々と町中を歩ける世の中。

悪党は「いつ殺されるか」と、怯えながら日々を生きます。

 

なにそれ、サイコーな世界じゃん。

お世辞ぬきでそう思います。

 

「どんな理由があっても、人を裁く権利はない」

L派からの人からしたら、こう思いますよね。

 

まあ確かにそうなんですが、ふつーに法律で誰かを『死刑』にしている世の中じゃないですか。

この世界で『死刑制度』が存在しているということは、少なからず「死んで詫びろ」的な考えを持つ人もいるわけですよ。

 

政府は、正義の名の元に犯罪人を殺していますよね。

犯罪人に天罰を下すのが『政府』か『キラ』、その違いだけ。

デスノートで極悪人を殺すのは、政府の死刑判決を『個人』でやっているだけで本質は変わってないと思います。

 

己の裁量で犯罪者を殺してOKな政府。

それを個人でやろうとする、キラ。

 

比べてみれば、殺すことは同じ。

ただそれが、『個人』か『組織』くらいの違いしかない。

世の中のためにデスノートを使い、悪人を裁くことでしか解決できない問題だってあります。

 

ライトは自分の手を汚してまで、誰かのためにデスノートを使いました。

現に犯罪の抑止に繋がっています。

 

確かに方法は少し荒っぽいですが、キラによって救われた命は数え切れません。

ただ、キラ捜査に関係している人を殺すのは、賛成はしませんが……。

 

いくら世界のためとはいえ、自分が捕まりそうだから相手を殺すというのは、どうかなーと思います。

キラの思想を邪魔するヤツは、全員削除ですよ。

父の総一郎やLも殺してますし、いい気分はしません。

 

自分が捕まらないために誰かを殺すのは、ライトが暴走しているだけ。

そこだけは、キラ信者の私も納得できません。

でもね、極悪人をデスノートで裁くことには大賛成!

 

スポンサーリンク

夜神月が裁判官だったら『死刑』or 『無罪』

夜神月はデスノートを使い、世界を変えようとしました。

ライトの天才的な頭脳を駆使すれば、殺人ノートなんか使わなくてもよりよい世界を作れたと思います。

 

例えば、悪を裁くために『裁判官』になったとしましょう!

ライトにとって人間は、『善』or『悪』の2種類しか存在しません。

人に害をなす悪者は、死んでしまえばいいと思うのがキラ。

 

「計画通り!」と心の中で言いながらーー。

死刑判決をこれでもか、と宣告するはずです。

 

はやりの裁判員制度!?

そんなものはありませんよ。

 

裁判官が判決を下すのではなく、キラとして罪をジャッジするわけですね。

「僕は悪者なんかじゃない、信じてくれよ!」

必死に弁解する、犯罪者。

 

ただ、残忍なキラに何を言ってもムダです。

「だ……駄目だ……まだ判決を言わず……こらえるんだ……し…しけ……<<死刑>>」

 

こうしてキラに弄ばれた挙句、結局『死刑』になるのがお約束になるでしょう。

死刑までのくだりが長い!

 

どんな罪を犯しても、キラによって死刑にされます。

助かる方法は『無罪』のみ。

 

裁判はリアルタイムで中継され、独裁的な判決に誰しもが恐怖を覚えます。

「悪いことをしたら死刑になる」

潜在的に民衆を洗脳させ、犯罪率はみるみると減少するでしょうね。

 

スポンサーリンク

キラ信者がデスノートを拾っても、人殺しにはならない

キラ信者がデスノートを拾ったら、全員ライトみたいになると思ってませんか。

いいえ、そんなことはありませんよ。

 

絶対的な悪党はデスノートで死ぬべきとは思いますが、それを実行に移すことはしません。

なぜなら、自分の手が汚れるから。

 

もし警察にばれたら、裁かれるのはワタシですよね。

この世界をよくしようと思い、誰かのためにデスノートを使い続けてもーー。

それがバレたら、裁かれるのは所有者。

 

みんなの犠牲として、死ぬ未来なんて絶対にイヤです。

それなら、ライトのような人を見つけてこっそりデスノートをプレゼント。

誰かに世界を変えてもらって、自分は傍観者の方が一番ハッピーだよ!

 

私がデスノートを拾っても、犯罪人を裁くことはしません。

だからこそ、自己犠牲というか誰かのためにデスノートを使えるライトはやっぱり神!

自分の幸せより善良な市民のために、ためらいもなく人を殺せるわけですからね。

狂信的なキラ信者が考える夜神月の魅力

ライトがデスノートを使ったきっかけは、善良な市民を守るため。

その正義感は途中で歪み、関係ない人も巻き込む事態にはなりました。

 

キラの考えが全て正しいとは思っていませんよ。

それでも、デスノートを使って犯罪率を減少させた実績があります。

 

もしアナタがデスノートを拾ったとして、他人のために使えるでしょうか。

少なくとも私にはできません。

だからこそ、殺人ノートで世界を変えようとしたライトを本当に尊敬しています。

 

キラ様!

これからも、一生キラ信者を貫いていきますね。

 

\今なら無料トライアル【31日間】/

 

U-NEXTの注意点!

紹介している作品は、2018年12月22日時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

原作コミックはこちら/

 

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)