【約束のネバーランド】脱獄後つまらなすぎて失望!面白さも脱走中

約束のネバーランド

出典 約束のネバーランド / 公式ツイッターより。

ぼっち充です。

言葉にすれば、集英社に消されちゃうかもだけど。

約束のネバーランドは、脱獄後から急激につまらなくなりました。

 

ピークで面白かったのは、シスターと頭脳戦を繰り広げてるとこ。

孤児院を脱出してからは、鬼とのバトル戦。

石のように固い意志で、天才児たちとの騙し合いを続けて欲しかった。

 

絶賛アニメ放送中、脱獄ファンタジー。

約束のネバーランドの漫画を一気読みしたので、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

【約束のネバーランド】一番面白いのは脱獄前

2019年1月。

禁断の脱獄ファンタジーがアニメ化しました。

 

約束のネバーランドは、現在でも少年ジャンプで連載中。

世界観のグロさに「これはやべぇよ!」と有名です。

気になる物語は!?

食料用に家畜された子供たちが住む孤児院。

そこから出荷された人間は、鬼という怪物によって喰われてしまう。

残酷なシステムを知ってしまった食用児たちが、孤児院から脱出を試みる内容です。

 

人間が喰われる社会ですよ。

確かにグロイけど、人間も同じようなことしてるしね。

養豚場とかあるわけだし。

 

気持ち悪さ漂う内容です。

でも、脱獄ファンタジーで私は好き。

正確には、脱獄前のストーリーが一番好き。

 

約束のネバーランドは、カテゴリーとして脱獄ファンタジーなの。

脱獄がどれほど重要なのか、他の漫画で例えてみます。

  • ワンピースを手に入れてルフィ海賊王。
  • 夜神月が新世界の神になって完結。

 

脱獄=物語の大軸なわけ。

それなのに、孤児院であるGFハウスを5巻くらいで脱獄完了しちゃいます。

こちとら、もうストーリー完結気分だよね。

 

そこからは、ヤバイよ。

脱獄したけど、周りは鬼社会。

 

今度は、この腐った世界から抜け出そう。

鬼がいない社会から脱獄しようって、話がすり替わるんだ。

 

例えるなら、夜神月が新世界の神になるでしょ。

その後、神になった新しい世界でーー。

「僕は、もう一度……新世界の神になる!」って宣言してるようなもの。

 

ちなみに、私はデスノート賛成派!

極悪人は殺されてもいいと思ってます。

 

孤児院を脱獄して。

今度はこの腐った世界から脱獄。

なんかダラダラと続いてる感がするので、つまらなく感じちゃいます。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】脱獄後はジャンルも変わっちゃう

脱獄という最大級のミッションを。

わずか5巻で成功させた、子供たち。

実は、脱獄前と脱獄後ではジャンルが全然違います。

 

脱獄前は、『子どもVS大人』の心理戦!

IQが高い天才食用児たちと、それを拒もうとする大人たちとの騙しあいです。

 

脱獄後は、『子供VS鬼』のガチ戦闘!

子供たちが鬼と殺しあったりします。

もちろん、推理戦は皆無。

 

『天才たちの騙しあい脱獄ファンタジー』→『食用児VS鬼とのバトル物語』に変化するわけ。

はっ、なんで?

意味不明すぎて笑っちゃうので、もう一度デスノートで例えます。

 

夜神月は、新世界の神になりました。

新しい世界で、死神たちとバトルを繰り広げられることに。

推理戦から、バトル物語に移行だぞ☆

 

突然、知らないおっさんが道端で踊り踊りだすくらい。

それくらい、意味わかんなくなくなくない?

 

別にジャンルが変わってもいーんだよ。

家庭教師リボーンだって、ギャグ漫画からバトル物語になって一気に面白くなったし。

ドラゴンボールだって、球を集めるよりサイヤ人になった方が楽しいし。

 

でも、私が約束のネバーランドに求めるものは違う。

オラは、天才たちの騙しあいがみてぇーんだ。

心理戦でワクワクしてぇーんだ。

頭脳戦が面白い漫画たち

  • デスノート。
  • ライアーゲーム。
  • 友達ゲーム……etc。

 

鬼との戦闘も、悪くないよ。

別に最初からそーゆースタンスだったら、文句ないさ。

始まりは脱獄ファンタジーだったからさ。

 

約束のネバーランドは、色々な賞を受賞していて。

そこらの書店に『禁断の脱獄ファンタジー!』と、超宣伝してんの。

 

気になって漫画を見るでしょ。

……うわ、脱獄すんの早っ。

こうなりました。

 

いっそのこと、語弊をなくしてコレでいこう!

書店スタッフ
禁断の脱獄ファンタジーから軌道を大幅に変えてバトルファンタジーになったカオスな世界観がウリの漫画です
書店スタッフ
一粒で二度おいしいよ!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドに天才たちの駆け引きを求めるのは間違ってる

約束のネバーランド、感想でした。

究極の頭脳戦を楽しみたい方には、オススメできませんよ。

 

私は、脱獄前が一番盛り上がりーー。

うひょー、どうやって大人たちを出し抜いて施設から脱走するんだろう。

ワク☆ワクと、胸を高鳴らせました。

 

もちろん、期待するのは頭脳戦です。

大人と子供の騙し合い。

騙し騙され、途中ヒロインが夜神月のように悪い顔をする所がたまらなく好き。

 

脱獄後も、そこまでつまらないわけじゃないし。

鬼との戦闘も、それはそれでアリだけど。

うーん、やっぱり施設から脱獄するまでが一番面白いです。

 

ちなみに、頭脳戦の一番はライアーゲーム!

全巻購入した私がオススメするので、間違いない。

 

アニメ放送はないけど、ドラマは超面白い!

フジテレビの番組が見られるFODから視聴できますよ。

注意!

紹介している作品は、2019年3月13日時点の情報です。

現在は配信終了している場合もあります。

最新の配信状況はFODサイトにてご確認くださいね。

 

有料動画サービスのため、初回荒らしを推奨。

利用される際は、1か月以内の解約を忘れずに!!

 

\初回荒らしで企業から抗え/

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)