【悪魔と呼ばれ追放されてた!】私がぼっち充な理由が前世占いで発覚

生きる意味

「生きる意味が知りたい」

有名な気功の先生に、前世の記憶を調べてもらいました。

 

前世は何をしていたのか。

今世に生まれた理由は何なのか。

 

気功を受けて判明した、私が生きる意味。

その全てを包み隠さず話そうと思います。

 

スポンサーリンク

 

前世の記憶から生きる意味を見つける

1,700年頃、私は女性としてスペインに生まれました。

兄が二人がいる、三人兄弟の長女として。

 

鉄職人の父は、己の技術を子供たちに教えました。

女性だった私を除いて。

 

幼少期の私は、母から料理を教わることに。

祖母から、薬草などの知識も学びました。

 

女の子の遊びはしないで、いつも家の中。

他の事に興味を示さず、母や祖母のところにいました。

 

「大丈夫かな……!?」

15歳になってから、徐々に周りの人が心配をします。

 

18歳になってからは、薬草で評判になりつつありました。

 

20代、ついに町では意見が二つに分かれます。

「悪魔に憑りつかれている」

「病気を治してくれる精霊だ」

 

20代半ば、男性に興味を示さない私を両親が心配しました。

強引に、スペインの海岸付近にお嫁に行くことに。

 

「二度と薬草をやるな」

父からは、そう念押しをされます。

 

嫁ぎ先では、普通の女性。

この時代では、遅くに結婚しました。

 

夫は漁師なのに、自分は魚嫌い。

子供がいなく暇なので、また薬草の勉強をします。

 

場所が変わり、生えている薬草も全然違う。

あっちこっち出掛けては、おばあちゃんから民間療法を習いました。

 

30代から、また有名になりました。

「タダで病気を治してくれる」と。

 

私の故郷では当たり前。

お金を取ることはしません。

 

貧困の人は、医者のように慕ってくれました。

ただ、権力者は違います。

私を非難し、裁判にかけます。

 

結果、町を追い出されました。

山の近くにある故郷には帰れない。

海の近くにある嫁ぎ先にも帰れない。

 

もう、どこにも行く場所がありません。

だから、山と海の中間で宿屋を経営します。

 

その後、宿屋には市場ができました。

繁盛して、宿を増やします。

 

ただ、また権力者に目をつけられます。

「こいつは悪魔だ!」

そう決めつけられ、また追放。

 

経営した宿屋は、すべて取られました。

今度はもっと山の奥に行くことに。

 

人里離れた山奥。

薬草や民間療法で有名になっていた為、多くの貧困者が来ました。

 

「悪魔」というレッテルを貼られ、追放された私。

私と会ったことがバレると捕まります。

 

それでも、悪魔に魂を売るつもりでたくさんの人が来ました。

病気を治してもらうために。

 

私は、貧困層の治療に没頭しました。

対等に話せる人がいなくて、いつも孤独に山奥で暮らして。

それでも、誰かを助け続けました。

 

60代に死亡。

「悪魔に憑りつかれた人」

「病気を直してくれる人」

二つの顔を持っていると、誤解されたまま。

 

流れされて生きた人生でした。

自分の意志はありません。

 

無理やり結婚させられ。

街を追い出され。

宿場を奪われ。

最後は山奥で暮らしました。

 

スポンサーリンク

私が生まれた理由

今世のメインテーマ

自分の世界を楽しく作る。

もう誰にも邪魔されたくない。

平和な自分の世界で生きて行きたい

 

前世では、権力者に邪魔されてばっかりでした。

嫁ぎ先では裁判にかけられ、町から追放。

その後に経営した宿屋も全て奪われ、最終的には山の奥で過ごしました。

 

悪魔と呼ばれ、相談できる友達はいません。

孤独な生き方をしたからこそ、楽しく行きたいと願ったのでしょう。

 

「誰にも邪魔されず、平和な世界で楽しく生きたい」

それが、私のメインテーマ。

成功のカギは、自分の世界を楽しく生きること。

前世から学ぶ!魂の特徴3つ

1.父親に邪魔されやすい

前世では、お嫁に行きました。

私のことを想った父親が、無理やり結婚させたわけです。

 

良くも悪くも、父の影響を受けやすい。

(良かれと思った)父親の行動にも、注意した方がいいとのこと。

2.同業者に邪魔されやすい

嫁ぎ先では、権力者に邪魔されました。

結果、裁判にかけられ、町を追い出されることに。

 

商売敵や同業者に妬まれやすい。

ライバルには注意した方がいいとのこと。

 

スポンサーリンク

3.お金に目がくらんだ人に騙されやすい

町を追い出された先で、宿屋を経営します。

繁盛したところを、そのまま奪われました。

 

「こいつを使えば金になる」と思われ、カモになりやすい。

金の亡者に気を付けた方がいいとのこと。

 

どこか無防備なところがあるので、常に成功していない雰囲気を出すように。

宿屋を全て奪われたように、金に餓えた悪者に騙されやすい。

生きる意味は人それぞれ

気功などのスピリチュアルを「怪しい」と思う人もいると思います。

ただ、気功を受けた時、私は自然と涙が出ていました。

 

前世の記憶を思い出したわけでもないのに。

涙が止まりません。

 

気功を受けて、カラダが押されるような感覚を経験して。

心の奥底に眠っていた感情が溢れるようでした。

 

気功の先生が1時間かけて、その詳細を説明。

前世に何があって、今世の生きる意味は何なのか。

この記事は、話してもらった内容をそのまま文章にしました。

 

前世の記憶を聞いて、思い当たる節があることに驚きましたね。

私も魚嫌いですし、一つのことに熱中しやすい。

 

悪魔と呼ばれて追放されたからか、人間大っ嫌いですもん。

それなのに、孤独すぎるのもイヤ。

 

「誰にも邪魔されず、平和な世界で楽しく生きたい」

私の生きる意味はコレですが、人それぞれ違うと思います。

 

  • 仕事頑張りたい!
  • 愛情ある家庭を築きたい!
  • ただ楽しく生きたい

十人十色、違って当たり前です。

 

スプリチュアル的な話は忘れてくださいね。

誰にどう言われたって、どう思われたって、関係ないんですよ。

 

生きる意味は、その人にしかわかりません。

自分だけが見つけられるものです。

 

もしも、生きる意味がわからなくて辛いならーー。

自分の心に正直に生きればいいんですよ。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)