【ビリオンロード:感想】桃鉄の劣化だったスイッチ新作ボードゲーム

【ビリオンロード:感想】桃鉄の劣化だったスイッチ新作ボードゲーム

出典 ビリオンロード / 公式ツイッターより。

ぼっち充です。

悲報!キングボンビーがこの世から消滅しました。

 

桃鉄の旧スタッフが開発に携わった、新作ボードゲーム。

『ビリオンロード』は、なんと桃鉄の劣化版で……!?

 

任天堂スイッチから遊べる、話題のすごろくゲーム。

限りなく桃鉄に近いけれど、キングボンビーのようなエグさがなくなって。

もう、友情を壊せそうにありません。

 

ドカポン&桃鉄廃人の私が、ビリオンロードの感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドカポン派?それとも桃鉄派?

冬休みは、友達とボードゲーム!

小学生から、ドカポン&桃鉄が大好きです。

 

特に、友情破壊ゲームの真骨頂ーー。

スーパーファミコン版のドカポンは、最高を超えて最高です。

 

ゲーム開始前に、裏切らないと取り決めをして。

自分が有利になったら、絶対に裏切る私です。

 

ドカポンは、RPG風のボードゲーム。

だから、フィールド上の敵を倒してステータスを振り分けることができてね。

主なステータス!

  • HP。
  • 攻撃。
  • 防御
  • 素早さ。
  • 魔力。

 

例えば、魔力を高めて。

遠隔から魔法アイテムを使って、仲間プレイヤーをワンキルしたり。

もう本当に遊び方が色々無限大!

 

ドカポンは、スーファミ版が神で。

そこから停滞気味。

最新作は、もう発売されてないしな。

 

ドカポンが遊べない時、その代用として遊んでいたのが桃鉄。

派手な裏切りがない桃鉄は、ドカポンをマイルドにした感じ。

キングボンビーのなすりつけはあるけどね。

 

桃鉄もね、最新作が出てこなくなっちゃって。

ちょっとガッカリしてたけど、スイッチ版で桃鉄の継承作品が出たの!

それが『ビリオンロード』です。

 

スポンサーリンク

桃鉄の劣化版『ビリオンロード』

出典 ビリオンロード / 公式チャンネルより。

ビリオンロードは、バンダイナムコから発売中のボードゲーム。

任天堂スイッチで遊べて、1~4人プレイで対戦可能です。

とりあえず、スイッチ版の桃鉄みたいなもん。

 

そりゃワクワクしながら、遊んでみました。

感想を一言で表すと、桃鉄の劣化版ですね。

 

基本的なゲーム内容は、桃鉄と一緒です。

サイコロを振って、日本列島のランダムに設定されたゴールを目指すと。

途中、物件を買ったり、カードを手に入れたり。

 

根本的には、桃鉄と同じ。

でもね、ビリオンロードにはキングボンビーのような超悪魔的なモンスターがいないの。

勝者が一瞬にして墜落する、超どんでん返しが期待できないわけ。

 

つまり、桃鉄マイルド版だから……。

殺人的で狂気的なモンスターが出現しねーんだ。

これは、敗者4位プレイヤーのモチベーションなくなるね。

 

「ワンチャン、一発逆転を狙える!」

これが、期待できない。

良くも悪くも、友達を大事にしたいゲームです。

ボンビーなすりつけ合戦が楽しいのにね。

 

一応、ボンビーのような悪さをするモンスターもいるけど。

キングボンビーのような圧倒的な絶望がないんだよね。

進化前の、可愛いボンビーちゃんって感じ。

 

スポンサーリンク

ビリオンロードだけの新要素

ビリオンロードには、桃鉄にはない新要素もあります。

それが、プレイヤーの手助けをしてくれる良心的なモンスターも仲間にできること。

 

最大3名まで、個性豊かなモンスターをつけられます。

一例はこんな感じ。

  • プラスマスでもらえる金額が増えたり。
  • サイコロの出目を振り直せたり。
  • 物件を20%引きで購入できたり。

 

誰を仲間にして。

味方モンスターをどう組み合わせるか。

こういう楽しみ方はあるよ。

 

でも、少し想像して欲しいんだ。

1位の人に、最強の味方モンスターがいて。

4位の人には、最弱の味方モンスター+ボンビーのような悪さをするモンスターがいて。

 

キングボンビーのような、大逆転の可能性がないと。

やっぱり、ゲーム展開は面白くならないでしょ。

 

強いモンスターを仲間にできるのも、運だから。

最強の布陣という良モンスターを揃えられると、もう4位は絶対に這い上がれんわ。

 

もちろんね、キングボンビーがいないからさ。

超絶理不尽な鬼畜ゲーム展開で1位なのに、突然マイナス40憶円とか。

ボンビラス星に連れていかれて、もう再起不能じゃね?

って、なったりしないけど。

 

やっぱり、そこがないと。

ボードゲームに波がなくて、単調に遊んでる感があるね。

 

いつ進化するか分からないボンビーちゃんをーー。

必死になってプレイヤー同士でなすりつけあうのが一番楽しいんだから。

 

スポンサーリンク

『ビリオンロード』全体的な感想

スイッチの新作ボードゲーム、『ビリオンロード』感想でした。

ドカポンのような裏切りはなく。

キングボンビーのような理不尽さもなく。

ガチ純粋にボードゲームを楽しむような印象を受けました。

 

桃鉄を期待してコレを買うと、ちょっと物足りないです。

キングボンビーがいないと、超ヌルい。

ハッキリ言って、生ぬるいよ。

 

私なんてさ、実写でとびちりカードを使われたし。

それくらいの恐怖とか絶望がないと、ゲームとしてワクワクしないって。

 

マスに止まった時のイベントも、ありきたり。

少しひねったボードゲームって感じかな。

 

ビリオンロードには、スーパーカード駅もないし。

リスクを冒して、いつもよりちょっといいカードを揃えることもできない。

やっぱり、子供向け。

 

鬼畜を経験したキングボンビー世代の大人たちは、買わないでね。

あくまで、ぬるま湯しか知らないピュアな子供たちが遊ぶボードゲームです。

 

\ヌルゲーマーにはオススメ/

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)