まさかの実写化!桃鉄とびちりカードで家のトイレがうんこまみれ

桃鉄とびちりカード

家にうんこの嵐が吹き荒れました。

桃鉄のとびちりカードを使われ、トイレがうんこまみれ。

 

カードを使った犯人は、介護手前の祖父母です。

「介護疲れってこういうことなんだ」

行き過ぎたうんこを眺めて思った、孫の悲痛な叫びを正直に書きました。

 

スポンサーリンク

 

桃鉄とびちりカードを使われました

冬のお正月は、やっぱり桃鉄!

国民的ボードゲームの桃太郎電鉄は、家族で盛り上がりますよね。

 

2018年、夏、家のトイレで事件は起きました。

キングボンビーより恐ろしい『とびちりカード』をリアルで使われてしまいました。

とびちりカードとは

ランダムにうんこを落とす、桃鉄の便利カードです。

プレイヤーを妨害するうんこは、ゲームでは大活躍。

もし実写で使う場合、これ以上にないくらい相手の心を殺すことができます。

 

 

事の発端を説明しますね。

家でトイレに入ろうとしたら、一面がうんこまみれの状態で放置されていました。

床、壁、全てにうんこが飛び散り、『惨劇』という表現がしっくりきます。

とびちりカードを使用した形跡があるにも関わらず、ほーー放置だと……!?

 

この文章では、私が受けたストレスは表現できていません。

次は『ゼルダの伝説/ムジュラの仮面』を例にします。

 

大好きなホラーチックなゼルダ!

幼少期にプレイした名作ゲームです。

ストーリーは『あと三日で月が落ち、すべてが終わる世界』でしたね。

 

 

このゲームをうんこに例えます。

『あと三日で巨大なうんこが落ち、世界中がうんこで終わる世界』

 

これで少しは伝わりますよね!?

クソまみれの世界なんて、超絶BADエンド。

 

この巨大なうんこが、三日間の前触れもなく……突然トイレに落ちてきました。

想像するだけでオエオエオー!

うんこまみれのトイレを目撃した私は、吐き気が止まりませんでした。

とびちりカードを使ったのは、介護手前の祖父母

なぜ、我が家のトイレはこうなってしまったのでしょうか。

この『なぜ』というのは、どうしてうんこまみれにならなくちゃいけないのかーーという意味です。

 

犯人候補は二人です。

  • 酒に溺れて何も覚えていない『祖父』
  • 物忘れがひどい認知症の『祖母』

 

どちらに聞いても「覚えていない」の一点張り。

醜い罪のなすりつけ合いです。

 

それはそうですよね。

トイレをうんこまみれにした自覚があるなら、その現場を『放置』しません。

 

犯人は『無意識』

無意識にトイレをうんこで汚しているのです。

だからこそ、そのトイレを放置した挙句……すやすやと何事もなかったかのように寝ると。

 

こんなにタチが悪いは犯人は、初めてです。

未だかつて、こんなに怒りが煮えくり返ったことはありません。

身内でも一発アウト!

 

この怒りを例えてみます。

アナタは新築の家を建てました。

ローンを40年で組んで、念願のマイホームです。

 

そこに遊びやってきたのは、祖父母。

お茶を出して、他愛もない会話をして帰っていきました。

 

ホッと一息ついて、トイレの扉を開けたら『うんこまみれ』

犯人は逃走中。

悪意がない犯人に、どう対応すればいいのしょうかね。

 

これくらいショックな出来事です。

嬉しかったこと悲しかったことをすべてを忘れて、頭の中にあるのは『うんこ』だけ。

もうね、笑顔がうんこになるくらい、心はズタズタです。

 

スポンサーリンク

 

リアルのうんこは、人を狂わす魔物

幸いなことに、まだ祖父母は要介護ではありません。

週に1回、介護予防のためデイサービスに行っているくらい。

 

それでも、年々に症状が悪化しています。

焼き鳥を勝手に300本注文したり……

手押し車がないと歩けないくらい足腰もヨワヨワ。

 

もっと症状が悪化すれば、誰かが面倒をみることになります。

残念なことに我が家には貯金がありませんので、施設に預けることもムリゲー。

 

親が直面するかもしれない『介護疲れ』を想像すると、心がいたたまれません。

テレビで「介護疲れの末に殺してしまう」なんて事件がありますよね。

ああー他人事だなと思っていたはずなのに、なんだか少し気持ちがわかるような気がします。

 

自分がハッピーじゃないと、誰かにハッピーを届けられません。

事情があって自宅で面倒をみているのに、毎日うんこまみれにされて。

悪意もなく、そんな事件を起こしたことも忘れて、また同じことの繰り返し。

 

「この人が死ぬまで一生続くのか」と思うと、自分の幸せなんて考えられないですよね。

それくらい追い込まれて、誰にも相談できなくて……。

正常だった自分がいつの間にかおかしくなって、親を殺してしまう。

 

ゲームのうんこは、盛り上がります。

ただ、リアルのうんこは、人を狂わす魔物です。

在宅介護の過酷さを知りました

どこか他人事と思っていた『介護』という問題を、うんこを通して伝えてきました。

まだ介護もしていないのに、『介護疲れ』という言葉が胸に重く響きましたね。

 

数年前までは元気だった祖父母。

それなのに、今ではこうしてトイレを汚しています。

元気な姿を知っているだけに本当にショックで、関わりたくないと思うくらい近寄りたくもありません。

 

私が見た光景は、『介護』という問題の氷山の一角。

これから、どう祖父母に向き合っていけばいいのしょうかね。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)