【危険】ニトリの湯たんぽをコンロで炙ってみた

クリスマスが近づき、寒さが本格的になりました。

我が家ではからだを温めてくれる「湯たんぽ」が必需品です。

今回はこの「湯たんぽ」をコンロで炙ってみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

ニトリの湯たんぽを購入

残念ながら炙られてしまう「湯たんぽ」がこちら。

 

ニトリで700円前後で売っていました。

まずは注意書きを確認してみましょう。

少し情報を整理してみますね。

  1. 原料が「ポリエチレン」
  2. 耐熱温度が「110度」
  3. 「火のそばに置かないでください」と記載アリ

なるほど、これは炙りがいがありますね。

ニトリの湯たんぽを炙ってみた

異常な光景が漂います。

この時点で管理人は「大爆笑」です(*^▽^*)

早速最大火力でいっちゃいましょう!!

 

5分経過……

 

10分経過……

 

15分経過(変な匂いがしてきたぞ)……

 

いい感じに炙ったことにより、「独特な香り」が際立ってきました。

鼻にツーンとくる香りで、慌てて火を止めた管理人(爆笑)

 

直火で炙って「湯たんぽ」は果たして無事なのでしょうか。

 

 

!?

 

 

りのは
oh my God!

 

コンロと「湯たんぽ」がくっついて、

異世界のカッコイイ武器みたいになりました(*^▽^*)

ニトリの湯たんぽゴミ箱行き

「湯たんぽ」がコンロと一体化してしまいました。

使い物にならなくなった為、コンロもろとも「ゴミ箱行き」です( ..)φメモメモ

皆さんも湯たんぽの取り扱いには注意して、この寒々しい冬を乗り切りましょう!!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)