監獄バーに面接に行ったら同級生が働いてました!!鉄格子の向こう側はお友達

「人生の迷子になりました」

高校を卒業して『やりたいこと』が見つからず、フリーターを2年程していた時期があります。

今回はそのフリーター時代のお話しです。

 

「お客様を『囚人』にして日頃のストレスを発散できるじゃん(*”▽”)」

安易に応募してしまった監獄バー。

そこで出会ったのはかつての同級生。

鉄格子の向こう側は『お友達』でした。

注意
この物語はノンフィクションです。

 

スポンサーリンク

 

囚人気分が味わえる監獄バー

まずは監獄バーの説明をしていきます。

お客様は『囚人』です。

優しいスタッフは『看守』として『お客様(神様 囚人)』をお出迎えします。

接待の流れ

看守は愛情を注ぎながら、お客様に手錠をかけます。

手錠をかけられた醜い豚やろうは、目尻にしわを寄せます。

頬が緩んだ豚やろうから、ひどく乾いた音が監獄全体に響き渡ります。

思いっきりビンタされた豚やろうは、看守に笑顔を向けます。

お客様にもよりますが、このように臨機応変に対応をします。

基本的には『手錠をかけるだけ』です。

いかがわしいお店ではないので、楽しくお酒を飲むだけですね(*^▽^*)

 

1時間2000~3000円前後で、リーズナブルな価格設定でした。

普通のBarに少々のアクセントを加えたくらいな感じでイメージをしてみて下さいね(笑)

監獄バーの向こう側は同級生

気持ちを弾ませながら、意気揚々と監獄バーに面接に行きました。

面接当日。鉄格子の向こう側には『学校の同級生』がいました。

 

りのは
!?

 

同級生
!?

 

 

りのは
!?!?!?!?

 

 

同級生
!?!?!?!?

 

「「なんでおまえがいるねん」」

 

 

5年という長い月日を経て男女は再会しました。

偶然かイタズラか。『監獄』が2人を結び合わせたのです。

 

りのは
……

 

同級生
……

 

 

りのは
…………

 

 

同級生
…………

 

久しぶりの再会はあまりにも突然すぎて、言葉がのどから出てきません。

手錠が無造作に置かれている無機質な監獄を包み込むのは『静寂』

 

やっとの思いで言葉を紡ぎます。

りのは
元気そうだね
同級生
……っおぅ

 

彼はボーイとして働いていました。

なぜその職場を選んだのでしょうか。バカなのでしょうか。変態さんなのでしょうか。

 

昔話に花を咲かせた甲斐もあり、監獄バーの面接は『合格』でした。

面接した人は同級生の上司ですね。はい、とりあえず死んでいいですか。

 

スポンサーリンク

 

監獄バーで働いて感じた3つのこと

看守の服装での路上キャッチは『苦痛』

お店が暇な時は看守の服装でティッシュ配りをします。

怪しすぎるティッシュに、道行く人々は好奇の目を向けます。

おかげさまで『風俗』に間違えられました。(ノД`)・゜・。

 

その光景を遠目に見る同級生(ボーイ)は、ほくそ笑みます。

とりあえず、同級生を殴ってもいいですか?

看守の服装での路上キャッチは苦痛でしかありません。

露出の激しい服装のため『寒い』

お店にもよると思いますが、看守の服装はなかなかセクシーです。

お客様(囚人)がお店に入るたびに、外の冷たい風が店内に入りました。

寒がりな人は看守になる人生を選ばない方が無難でしょう。

同級生の視線が『痛い』

これが1番重要。

同級生と監獄に閉じ込められてるんだよ!!

平常心を保てられる人間がどこに存在する。

 

どんなに親しくても監獄では会いたくないよね!?

つまりそういうことだよ。

「監獄内に『リアル』と求めてないから」

監獄バーは働く場所ではない

いかがでしたでしょうか。

クセが凄いBarでしたね。

監獄は働く場所ではありません。

非日常を求める好奇心旺盛なお疲れリーマンの娯楽場です。

友達に「監獄で看守として働いているんだよね~~~まじやばっ(=゚ω゚)ノ」とか言える?

ムリやろ。

皆さんは同級生と遭遇しても、あたふたしない場所で働いて下さいね(*^▽^*)

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)