もはや黒歴史!?ガラケーの思い出ランキングベスト10

出典 post.tv-asahi.co.jp

ガラケーの思い出ランキングが発表されました。

コチラはgooランキング編集部が20~30代男女の500人を対象に、

その結果をランキング形式にしたものです。

 

懐かしのガラケーが脚光を浴び、早速ツイッターがざわいています。

 

過去の思い出に浸りつつ、懐かしのガラケーの思い出ランキングを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ガラケーの思い出ランキングベスト10

まずは1位~3位までを見ていきましょう!!

【1位】赤外線でアドレス交換していた

【2位】チェーンメールが送られてきた

【3位】折り畳み式はパカっと開く感触が心地よかった

 

懐かしい『赤外線』の単語が出てきましたね。

もうね「赤外線でアドレス交換しよ?」って言われても、残念ながらお断りしてしまいます。

LINEの連絡先しか知らない、悲しい現代人になってしまいました。

 

またガラケーは折り畳み式だからか全然壊れないんですよね。

大事な画面を折り畳みが守ってくれて、本体が長持ちした記憶があります。


続いては4位~6位の発表です。

【4位】人によって着信音を変えていた

【5位】メールの返事がないとセンターに問い合わせをしていた

【6位】ポケットに入れやすかった

 

私も人によって着信音を変えていた策士でした。

苦手な人からの電話には、ベートヴェンの『運命』が流れる仕様にしてました。

絶対に着信に出ることはない、こちらも仕様ですね。

 

ガラケーはコンパクトですからね、安心してズボンや上着のポケットにINです。

どこでもドアならぬ、どこでもガラケー状態……わかります。

 

スポンサーリンク


最後は7位~10位までを見ていきましょう。

【7位】電波が悪い時はアンテナを立ててブンブン振っていた

【8位】本体はタダで手に入れるのが基本だった

【8位】好きな歌の着信メロディーを購入していた

【10位】メ-ルが届くとアンテナが光った

そういえばアンテナを振ってました。

バカみたいにブンブン振ってたけれど、あれで何か変わるもんなんですかね。

 

メールが届くとアンテナって光ってたんですね。

機種にもよると思いますが、そこまでは覚えてなかったです。

ガラケーの思い出は黒歴史と一緒に胸にしまいましょう

ざっと紹介してきましたが、ずいぶんと懐かしいものばかりですね。

驚くことに当時はそれが当たり前で、私たちの生活の一部でした。

 

未来人こえぇよおおおぉぉ~~。

10年ちょっとでスマートフォンを開発してしまった、目まぐるしい時代変化に驚くばかりです。

 

今もガラケーを使っている人。

ガラケー・スマートフォンの両刀使いの人。

スマートフォンしか使えない現代っこの人。

 

みんな違ってみんないい。

ただ私はガラケーの思い出は、過去の黒歴史と一緒にそっと胸の中にしまおうと思います。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)