お花が苦手でも楽しめる世界らん展!日本大賞2018のレポート

ようこそ都会の楽園へ!

親の付き添いで、世界最大規模のらんの祭典に行ってきました。

 

半ば強制的に親に連れてこられた『世界らん展/2018

お花はそこまで好きじゃありませんが、

茶道やチェリストのコンサート、沖縄の水族館まであって、

お花ぎらいの私でも楽しめる祭典でした。

 

世界らん展に行ったがない人に向けて、

お花ぎらいでも楽しめた祭典の魅力や様子を、

写真付きでレポートしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

世界らん展とは

世界各地の様々なジャンルのらんを、一堂に集めた祭典が『世界らん展』です。

毎年2月頃に、東京ドームで1週間程の期間限定で開催されます。

 

3000種を超える250万輪以上のらんが展示されることもあり、

まさに世界を代表するらんの祭典となっています。

2200円の当日券さえあれば、誰でもお花ちゃんと戯れることができますよ。

 

「日当3000円払うから写真を撮ってくれない?」

母親からのご命令により、私はご飯付きで世界らん展に行ってきました。

 

『らん』よりも『お金』目当て。

私は蜂さんがキライなので、蜂が近くにいそうなお花は正直苦手です。

 

アルバイト感覚で潜入した『らんの祭典』でしたが、

お花以外でも楽しめたスポットがあるので、まずはそれをご紹介したいと思います。

お花が苦手でも楽しめるスポット3つをご紹介

表千家流派が実演する茶道

「和菓子とお茶付き」

食いしん坊でチャーミングな私は、和菓子に目がくらみました。

 

東京ドームがお花の香りに包まれて食べる和菓子。

これほどまでに、和菓子を美味しく食べられる状況を逃す人はいるのでしょうか。

 

「答えは『否』」

お花と和菓子のコラボ!最高のシチュエーションを逃すわけがありません。

 

先着順+参加費500円がかかりますが、

千利休を祖とする茶道の流派『表千家(おもてせんけ)』の実演付きです。

千利休に感謝しながら、美味しく和菓子を頂きました☆

 

スポンサーリンク

 

 

チェリストたちが奏でる~花のワルツ~

東京ニューフィルの常任指揮者にも就任された、

山本祐ノ介の楽しいオーキッドコンサートもありました。

 

和菓子のワルツを堪能したので、今度は花のワルツに酔いしれます。

チェリストたちが優雅なクラシック音楽を奏でます。

 

クラシックはそこまで好きではないんですが、

プロの演奏家たちのメロディが、会場内のお花の香りと共にやってくるので、

まあ心が癒されますね。

 

日当ももらえて、世界らん展は最高っすわ~~!

らんと水族館の共演~沖縄美ら海水族館~

出典 らん展公式サイト

沖縄美ら海水族館(ちゅらうみ すいぞくかん)の展示もあります。

大型水槽で神秘に満ちたお魚たちとご対面です。

お花ちゃん越しに見るお魚も、風情があっていいですね。

 

「いや、早くお花と対面しろよ!」

お花好きの皆さま本当にすいません!

 

コミケみたいに展示がいっぱいあって、お花以外にも楽しめるスポットが多いんですよね。

ワインとかも売っていますし、プリンの試食もありました。

本当に『お花ちゃん』はどこいったですかね。

 

というわけで次からはお花ちゃんが好きな方に向けて、

世界らん展のレポートを写真付きご紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

『今日からあなたもお花ちゃん』らん展の写真

インスタ映えと相性がいい、お花ちゃんたちです。

白いブロックが紡いでいる文字

……あれなんて書いてあるんですかね?

 

『ORCHID PARTY(らんパーティー?)』

とりあえずスルーでいきましょうか。

 

壁が全てRAN!

絶滅した森ガールが住んでそうですね。

 

森ガールの妖精とかが好きそうだな、うん。

じゃあ次いっちゃいましょうか。

 

やべェ・・・妖精じゃなくてちょうちょが住んでいたぜコノヤロー。

超巨大ちょうちょじゃん。

モンハンの中型モンスターあたりで狩れそう。

 

今日のクエストはこれだ!!

『らん展の虫退治』

 

ドスランポスの拠点を発見!

56%の確立でドスランポスの大皮が落ちているな。

 

「隊長!この角度からは『らん』が見えません」

「バカヤロー!ドスランポスにやられたんだよ」

 

モンハンジョークはさておき、リアルに炎がメラメラと燃えていますね。

そういう凝った演出なので、嘘でもいいので感動してやって下さいな。

 

真ん中にテーブルとイスがあり、周囲が『らん』で囲まれていますね。

イギリスの紅茶とマカロンが似合いそうだなコノヤロー。

ここでユノとお茶したいぜコノヤロー。

 

注意
「コノヤロー」を連呼しているのは

ブラッククローバーのアスタの影響です・

 

世界らん展はお花が苦手でも楽しめる

らん展の展示会ですが、お花が苦手でも楽しめるスポットがたくさんありましたね。

茶道にコンサートに水族館、そして肝心のお花ちゃんたち。

 

「ようこそ都会の楽園へ」

らん展のキャッチコピーにふさわしい、素敵な展示会をご紹介しました。

 

本物のお花ちゃんが出迎えてくれるため、1週間の期間限定となっています。

長い期間も開催していると、お花ちゃんが枯れてしまいますからね。

 

『お花ちゃん』を連呼する私の心は枯れていますが、

都会の楽園でココロを潤したいかたは、

また次回の開催を楽しみにして日々を乗り切りましょう!

こちらも合わせてどうぞ

《1.芸能人気分を味わいませんか》

エアークローゼットの口コミ2019!オタク女に届いた洋服はコレだ

《2.地獄のクルーズ旅行がコチラ》

とある無職のクルーズ旅行【ダイヤモンドプリンセス号】感想まとめ

《3.ダメ!ゼッタイ!アニチューブ》

「U-NEXT」口コミ!無料トライアル→即解約した私の感想

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)