【A3】兵頭弟はブラコン九門!6幕のネタバレ感想 / 前半

【A3】ついに二部解禁!

出典 【A3】2部 / 公式サイト

男だらけの初恋甲子園に潜入しましょう。

別名ウホウホ甲子園です。

ゴキゲンな蝶になって、6幕のネタバレとストーリーの感想をまとめました。

 

デジモンが頭をよぎるアナタは、無限大な夢をもってA3をプレイしてますね。

ブラコン属性の九門で、その夢をさらに膨らませましょう!

ソイヤソイヤ。

(※細かすぎて伝わらない九門のモノマネ)

 

スポンサーリンク

 

【6幕】ネタバレとストーリの感想

第1話 入団志願

ポイント!

  • 秋組に入団したいと尋ねる十座の弟、九門。
  • お試しで、九門は夏組と秋組の地方公演の手伝いをすることに。
  • 兄の十座は、九門の入団に頑なに反対。

 

 

「夏組ってコメディ劇ばっかりやってるんだろ?能天気なお笑いとか、カッコ悪い」

「オレやっぱ、しぶくて男らしい、かっけーアクションがやりたい」

九門は夏組のお笑いに嫌悪感。

「見たこともないのに生意気なことを言うな」と、兄の十座は叱ります。

 

高二になってから、野球部を辞めた九門。

何か特別な理由が隠されているのかーー。

 

「そこで、オレたち夏組の芝居をその目で見ろ。ただのお笑いでカッコ悪いかどうか、それで判断しろ」

公演の再演を手伝うことになった九門に、天馬は怒ることもなく話します。

 

「コメディはオレのカラーにそぐわない」

一方で、三角は過去の天馬のセリフをマネていました。

完璧なモノマネで、夏組は爆笑に包まれます。

 

「パシリ適性有ーー」

九門のバイタリティーを活かせそうで、うれしそうな幸もニコリ。

 

ちょこっと感想

九門のブラコン属性で乙女の心はヒートアップ。

池袋男子BL学園、イケガクへの入学を推薦します。

兄弟そろって、夢と理想を現実化してください。

 

 

スポンサーリンク

第2話 舞台の上では

ポイント!

  • 飛行機にのって地方に向かう劇団一行。
  • 兄の演技する様子を見て、メロメロな九門。

 

公演の再演のために、飛行機に乗って地方に向かいます。

手伝いをする九門も一緒です。

 

劇場にたどり着き、メンバーは稽古の練習をします。

秋組の練習を見て、兄にメロメロな九門は通常運転。

「すげえ……かっけー、兄ちゃん……」

 

その後は夏組の練習。

「みんな真剣だ……コメディでもアクションでも、変わらないんだね」

九門は、コメディの印象が変わります。

 

演技するジャンルに関わらず、舞台の上ではいつだって真剣勝負。

それがMANKAIlカンパニーです。

 

「……あ、あのさ、コメディのことバカにしてごめん。今日の練習の様子を見てたら、ちょっと印象が変わった」

九門はホテルに戻り、同室の天馬に向かって謝ります。

 

いよいよ、明日は本番です。

 

ちょこっと感想

素直に謝る九門、マジ天使からのぶっとび~。

つまり、大好きです!

 

 

スポンサーリンク

第3話 夏組の強み

ポイント!

  • 再公演の手伝いをする九門。
  • 九門は、真剣にコメディに取り組む夏組の公演に感動する。

 

 

地方で旗揚げ公演を再演することになった一同。

今日は舞台の初日です。

 

ハキハキと働く九門は、手伝いも終わり、モニターで舞台の様子をみます。

「場当たりの時とセリフが違う……?」

アドリブが乱舞する夏組の舞台は、とてもキラキラと輝いていました。

 

「夏組のコメディのこと、バカにして本当にごめん!」

初日の公演が終わり、九門は夏組に対して土下座します。

 

「めちゃくちゃ笑ったし、お客さんも爆笑してたけど、能天気なんかじゃなかった!真剣にコメディやってた!」

「何もわかんないのに、カッコ悪いなんていってごめん……!」

兵頭家の血筋を引いている九門は、まっすぐに誠意を見せます。

 

みんなと仲良くなる九門をよそに、兄の十座は浮かない顔をしてーー。

 

ちょこっと感想

やっぱり九門は夏組が似合いますよね。

もし、弟が九門だったらーー。

エブリバディ鼻血が止まりません。

 

 

スポンサーリンク

第4話 与えられたチャンス

ポイント!

  • 三日間の地方公演が大成功に終わり、劇団にもどる一同。
  • 本気で劇団に入学する決意を固める、九門。

 

 

三日間に渡ってやり切った、地方での旗揚げ公演。

満員御礼の大盛況で幕を閉じました。

 

「夏組と秋組のみんなへの芝居への真剣さとか、本気で作り込むことのカッコよさとか、団結力とかすごいと思った」

「それで、なんか、簡単に入団したいとか、秋組に入りたいなんて言ったことが、急に恥ずかしくなったっていうか……」

劇団に戻ってきた九門は、これまでのことを反省します。

 

演技は未経験だけれど、みんなと一緒に芝居がしたい。

舞台を作り上げたい。

一度だけチャンスをくれと、監督さんに話します。

 

最初に来たときよりいい顔をしている、ブラコンプチ。

夏組の後押しもあり、入団試験をすることにーー。

 

課題は十分程度の一人芝居。

内容は自由。

ただ、期限は一週間です。

 

リーダーの天馬が、九門の稽古をみてくれます。

通学も大変なので、三角と同じ部屋で共同生活。

 

とがっているサンカクだらけの部屋は、兄ちゃんみたいでカッコイイ。

サンカク星人と意気投合します。

 

ちょこっと感想

兵頭家に生まれ変わりたい。

九門の妹になって一言。

お兄ちゃんだけど,愛さえあれば関係ないよねっ!

 

 

スポンサーリンク

第5話 同じ血筋

ポイント!

  • 九門が加わった夏組の稽古が開始。
  • ループ再生のような九門の演技が見どころ。

 

 

今日から九門も夏組の稽古に加わります。

一週間の入団試験に備えて、九門は一人芝居中心の稽古です。

 

最初に演技した喜怒哀楽の表現は、音楽のループ再生のように変化がありません。

兄の十座の血を引く、大根役者でした。

 

お芝居に対して真剣で、素直な九門。

天馬の的確なアドバイスのおかげで、どんどんと演技力が伸びます。

こうして、初日の稽古が終了。

 

劇団のみんなと楽しい夜を過ごしているとーー。

天馬のマネージャーが慌てた様子でやってきました。

 

ちょこっと感想

最初は誰だって大根役者。

九門は金色に輝く大根だからね。

伸びしろは日本一!

 

 

スポンサーリンク

第6話 逃せないチャンス

ポイント!

  • 海外の映画賞を受賞した巨匠から、天馬にオーディションの誘い。
  • 九門を心配する十座と椋の会話。

 

 

天馬、ついに海外デビューか。

マネージャーから報告があり、天馬は白澤監督の新作オーディションを受けることに。

白澤監督は、海外の映画賞も取った巨匠です。

 

絶対にこのチャンスをつかんでやる。

やる気十分の天馬に、さらなる朗報が舞い込みます。

 

新作の主演は、天馬の父。

オーディションに受かれば、親子共演です。

 

一方で、九門を心配する十座と椋。

「……九ちゃん、稽古、一生懸命頑張ってたよ」

「……そうか」

 

「この調子なら、きっと心配しなくてもーー」

「……アイツは、オーディションのプレッシャーに勝てると思うか?」

 

「十ちゃん、九ちゃんの体のこと、夏組のみんなに話さないの?」

「……優しい奴らだ。必要以上に気を使わせたくねえ。九門が言わない限り、言わないでおいてくれねぇか」

 

受かっても、受からなくても、そばにいるよ。

いとこ同士の二人は、九門の体を心配していました。

 

ちょこっと感想

前が見えないくらいまぶしい、十座と椋。

妄想いとこズ、ここに参上!

 

 

スポンサーリンク

第7話 いつもの感じ

ポイント!

  • 入団オーディションを前日に控える、九門の心情。
  • 九門を心配する椋。

 

 

入団オーディション前日。

真面目に稽古に出て、演技力が上達している九門。

夏組以外のメンバーとも打ち解け、入団確定かと思われたがーー。

 

顔色が優れない九門は、椋に心中を明かします

「劇団のみんなと仲良くなればなるほど、天馬さんとか夏組のみんなに助けてもらうほど、劇団に入りたい気持ちが強くなる」

「その分、明日のオーディションに失敗したらどうしようって、不安も大きくなるんだ」

 

さらに言葉を重ねます。

「今日もなんか頭がぼーっとして、いつもの感じになってきてーー」

「やっぱオレ……またダメなのかな」

 

優しく言葉を返す、椋。

「九ちゃん、大丈夫だよ。もし失敗しても、誰も九ちゃんを責めたりしない」

「そんなこと悩まなくてもいいんだよ。大丈夫、大丈夫だから……」

 

九門が寝静まったのを確認して、椋は夏組メンバーを集めます。

「明日のオーディションのこと、すごくプレッシャーに感じてるみたいなんだ」

「だから、みんなにお願いがあって……」

 

ちょこっと感想

男同士の友情は『尊い』

この一言に尽きますよね。

強がる弱い自分を認めて、いざBL学園へ。

 

 

スポンサーリンク

第8話 励ましギャル軍団

ポイント!

  • 夏組の励ましギャル軍団による、エチュード。
  • 九門の入団オーディションが開始。

 

九門の入団オーディション当日。

兄の十座は、ソワソワしています。

 

ふいに、励ましギャル軍団のエチュードがスタート。

夏組なりの精一杯のエールです。

 

緊張感が和らいだ九門は、舞台で一人芝居。

一生懸命な演技からは「お芝居が楽しい」という気持ちが伝わります。

目をキラキラさせながら、演じたオーディションの結果はーー。

 

「合格」

九門の演技は、監督さんの心に届いていました。

 

「ーーオレ、夏組に入りたい!」

夏組のコメディに魅了された九門は、言葉を続けます。

 

「オーディションの前に夏組のみんながやってくれたお芝居、すごく楽しくて、不安の塊みたいなのが一気に吹き飛んでいったんだ」

「笑った瞬間、緊張なんて全部消えちゃってさ、本当にすごいと思った」

「オレも、あんな風に誰かを笑わせたい。誰かをお芝居で励まして、元気にしたい!」

希望通り夏組に入団です。

 

ちょこっと感想

最強の布陣。

夏組に新メンバーが加入して、乙女の心は満開です。

ニッコリする顔に砂ぼこりが入っても、もう気になりません。

 

 

スポンサーリンク

第9話 ヤンキー中学生

ポイント!

  • ガラの悪いヤンキー中学生、莇の登場。
  • 九門の隠れ中二属性があらわになる。

 

 

クモンは、外でからまれている中学生を発見。

ガラの悪い男4人に囲まれています。

 

それをあざ笑うように一人で男たちを倒す、中学生。

何事もなかったかのように立ち去ります。

 

劇団に戻った九門は、興奮ぎみにからまれていた中学生のことをお喋り。

どうやら、ヤンキー中学生は左京の知り合いのようです。

 

九門からふと、一つのキーホルダーが落ちました。

ドラゴンが剣を守っている、イカしたキーホルダーです。

(※魔剣ディストロイジャー)

 

「九ちゃんは、魔剣に生気を吸い取られないようにして小型化して持ち歩いて、いざという時にだけ実体化させて使うんだよね」

隠れ中二属性をばらす、椋。

いとこを通り越して、容赦がありません。

 

恥ずかしくなったクモンは、悲鳴を上げながらマッハの速度で逃げました。

 

ちょこっと感想

魔剣ディストロイジャー。

九門とお揃いで欲しいです。

乙女にとっては、希望のディストロイジャー

 

 

スポンサーリンク

第10話 兄弟水入らず

ポイント!

  • 十座と九門の入浴シーン。
  • 兄に対してデレデレの九門。

 

 

次の夏組公演では、主演を九門にしたい。

監督さんは、経験を積ませるために提案します。

ただ、あくまで九門の気持ち次第です。

 

「オレーーちょっと考えてみる」

主役を演じることに、九門は不安を感じていました。

 

久しぶりに兄とお風呂に入る、九門。

嬉しい嬉しい入浴シーンです。

 

「入ったからには最後までやり切る覚悟をもて」

「次の夏組公演、出るんだろ」

十座は九門を鼓舞します。

 

「オレ、がんばるよ。今度こそ、絶対にやり遂げてみせる」

「へへ、兄ちゃん大好き!もっと頭ぽんぽんして!」

デレデレの九門は、十座と一緒にいられて満足そうです。

 

その様子を脱衣所で温かく見守る、椋。

「もう少し!今、兄弟水入らずの大事なところだから」

椋のはからいにより、お風呂は立ち入り禁止です。

 

ちょこっと感想

本当にごめんなさい。

鼻字が止まりません。

 

 

スポンサーリンク

第11話 スポ根コメディ

ポイント!

  • 次の公演で主演を演じることになった九門。
  • 新公演のストーリーは、野球をベースにしたスポ根コメディ。

 

 

「迷惑をかけるかもしれないけど、オレ、主演やってみたい」

新公演の主演は、九門で決定します。

 

春組の公演同様、あて書きで台本を作ることに。

九門が野球部に所属していた為、スポ根コメディで話はまとまります。

 

「野球」と聞いて、一瞬だけ表情が暗くなる九門。

さっそく綴は、野球部ネタでプロットを考えます。

 

「ちょっと頼みがあるんすけど……」

野球がテーマのあて書きと聞いて、兄の十座は綴に相談してーー。

 

ちょこっと感想

男だらけの初恋甲子園。

ああ、なんてことだ。

綴、やっべぇぞ!

 

 

スポンサーリンク

第12話 あて書き

ポイント!

  • ついに夏組の新公演の台本が完成。
  • 白澤監督のオーディションに向かう、天馬。

 

 

綴は、ついに台本を完成させます。

夏組の第4回公演は『初恋甲子園』

 

キャスト情報

  • 【主演】秋山壮太 / 九門
  • 【準主演】井上遼 /  天馬
  • 【助演A】鶯宮光 / 幸
  • 【助演B】上原勇人 / 三角
  • 【助演C】榎本隆大/ 一成
  • 【助演D】大野仁 / 椋

 

 

ストーリー

部員ゼロの弱小野球部を立て直して甲子園を目指す物語。

九回裏、ツーアウト満塁。

あと一つストライクを取ればリーグ優勝。

 

その場面でピッチャーを任されたオレは、その時……トイレに駆け込んでいた。

秋山はプレッシャーに弱くて、本番で結果を出せないピッチャー。

オレの初恋甲子園の行方はいかにーー。

 

ストーリーの展開に動揺する、九門。

思いつめた様子で、椋にそっと話しかけます。

「ただ、絶対、頑張らなきゃって思って。これ、やり遂げられたら、オレ、きっと……」

 

一方で、天馬はオーディションの稽古中です。

白澤監督は、天馬の憧れの人。

絶対に作品に出演したい天馬は、練習に励みます。

 

オーディション会場に向かう姿は、とても張り詰めた様子です。

 

ちょこっと感想

キャストが全員男の子の初恋甲子園。

きっとあの日描いた、男 × 男のラブ。

わかってるよ!BL甲子園だよね。

 

 

スポンサーリンク

第13話 納得できる結果

ポイント!

  • オーディションから帰ってきた、天馬。
  • 肝心の合格のゆくえはーー。

 

 

オーディションが終了し、天馬は劇団に帰ってきました。

「メインキャストには他の俳優が選ばれた」

予想外の天馬の言葉に、驚きを隠せない夏組メンバー。

 

結果とは裏腹に、天馬の表情は明るいです。

「たしかに不合格はショックだったけど、納得できる結果だった。だから、不思議とすっきりしてる」

 

同じオーディションを受けた俳優を見て、大事なことを思い出します。

「役への作りこみが、オレたち他の役者と全然違ったんだ。たったA4一枚の台本から、役の背景が、人生が見えた」

 

小手先のテクニックばかりを追いかけていた、天馬。

己の未熟さを痛感し、役者としてさらなる成長を目指します。

心機一転、これからは夏組の新公演にむけて練習です。

 

ちょこっと感想

負けず嫌いすぎる天才オレ様役者。

天馬の壁ドンが体験できるVRを作ってください。

ほんとうに、ほんとうにお願いします。

 

 

スポンサーリンク

第14話 すぐそこの未来

ポイント!

  • 妹の誕生日プレゼントを渡す、一成。
  • 一成は、将来の進路について考える。

 

 

一成は妹の”ふたば”のために、劇団員のミニアルバムを作成します。

妹は、もうすぐ誕生日。

天馬の大ファンなので、夏組のページは増し増しで。

 

今日は久しぶりに実家に戻ります。

「おめ~!これ、オレからの誕プレ~」

天馬のプライベートショットが満載の劇団員アルバムが、誕生日プレゼントです。

頬がゆるみっぱなしの妹。

 

「一成ももう大三か。卒業したら、どうするつもりなんだ?」

「俳優を目指すの?それどもデザイナーさん?」

思いがけず、両親は一成の進路を尋ねました。

 

この出来事がきっかけとなり、将来について真剣に考えます。

 

ちょこっと感想

妹のスチルはドコダ?

リアル・ドコナンダ??

しのごの言わずにスチルを恵んでよ。

 

 

スポンサーリンク

第15話 見据える先

ポイント!

  • 初恋甲子園の衣装が完成。
  • スランプに陥り、デザインの作業がはかどらない一成。

 

 

ついに、初恋甲子園の衣装が完成します。

学生服とユニフォームの二種類。

今回も幸が頑張ってくれました。

 

新公演に向けて本格的に練習が始まるなか、一成は本調子ではありません。

週末に帰省してから、どうも様子がおかしいです。

 

新公演のチラシを入稿する時期になっても、デザインのラフは未完成。

心配した椋は、監督さんに相談します。

 

「カズくん、最近、ちょっとおかしいんです」

「ぼんやりしてることが多いし、パソコンとかクロッキー張に向かってるのに、ずっと手が止まってたり……」

チラシのデザインが進んでいなかった、一成。

 

スランプに苦しむ一成の助け船になれたらーー。

監督さんは一成のところに向かいます。

 

ちょこっと感想

周りをみて行動する、椋。

なんていい子なの。

気遣い上手で可愛くて、王子さまに憧れて、サイコーかよ。

 

 

スポンサーリンク

第16話 選んだ全部

ポイント!

  • チラシデザインがはかどらない理由。
  • 一成が選ぶ卒業後の進路とは。

 

監督さんは、一成を呼び出します。

スランプに陥ってチラシのデザインが進まない、一成。

進路のことで悩んでいました。

 

グラフィックデザインも、Web制作も、役者も、マルチにこなせるからこそ、どれか一つに絞れない。

「一つに選べないのってさ、本当の意味での自分の選択じゃなかったからなのかな」

「そう思ったらさ、自分の描くもの、作るものが全部ウソっぽく見えてきちゃったんだよね」

 

全部がやりたいことで、一つも手放したくない。

将来に向けて何を頑張ればいいの。

一成の悲痛な心の叫びでした。

 

「今まだ選べないなら、全部やり続けてみたらどうかな?納得するまで全部勉強して、極めてみたらいいよ」

「『今』やってることが、そのまま『将来』に続いていくものなんじゃないかな」

監督さんの言葉で、目が覚めます。

 

こうして一成は、UMCになることを決意します。

UMCとは

ウルトラマルチクリエイターのこと。

デザイン、Web制作、役者、全てを極めし者。

それがUMCです。

 

 

ちょこっと感想

2050年、東京。

女子中学生がなりたい職業ランキング1位は、UMCだな。

I’m in a panic!

私はパニックに陥っています。

 

 

スポンサーリンク

第17話 父と息子

ポイント!

  • UMCになることを決めアイデアの泉が止まらない、一成。
  • 九門がみかけたヤンキー中学生は、迫田の身内でーー。

 

 

UMCになることを決め、チラシのラフが完成。

  • ポップ寄り。
  • クール系。
  • 日本画テイスト。
  • キュンキュン系。
  • 三角系

一成は、アイデアの泉が止まりません。

 

ぼやけきった進路が決まったので、父に報告するとーー。

「でも、こんな風に結果がわからない息子の未来を想像するのも、楽しみなものだな」

「どんな選択をしても、パパもママも一成の将来が楽しみで仕方ないんだよ」

父は、UMCになることを嬉しそうに聞いていました。

 

一方で、九門がみかけたヤンキー中学生は、家を飛び出してーー。

「……ケンさん、助けて。俺、もう、あの家に戻りたくねぇ」

 

迫田は一つの提案をします。

「あざみ、アニキと仲直りできるか」

 

ちょこっと感想

ちょっと待って、こっち向いて。

ヤクザの坊が、もう止まらない。隠しきれない。

 

 

スポンサーリンク

第18話 ヤクザの坊

ポイント!

  • 劇団にやってくるヤンキー中学生と迫田。
  • 家出中のため左京と同室することに。

 

 

家出中のヤンキー中学生は、迫田に連れられ劇団にお邪魔します。

莇は、銀泉会会長の一人息子。

 

「さっさと帰れ、坊」

「坊って呼ぶな、クソ左京」

莇に声を荒げる、左京。

左京は身内でした。

 

劇団にクソ左京がいることに納得ができない、莇。

嫌がるそぶりをみせますが、迫田の助言もあり、左京と同室で暮らすことに。

 

自室に戻り静寂が訪れるなか、左京は口火を切ります。

「……中三にもなって親父さんに迷惑かけて、恥ずかしと思わねぇのか」

 

「……てめぇに言われる筋合いはねぇんだよ」

「……自分だけ好き勝手やりやがって」

威圧的な莇。

 

少し前まで左京に懐いていた莇。

莇に一体何があったのかーー。

 

ちょこっと感想

吐く息が弾む。

そうか、莇と九門のイチャラブに期待しているんだ。

フラ中プリティBOYSを超えるな。

 

 

スポンサーリンク

第19話 スタジアムで燃えろ

ポイント!

  • 徐々に演技が上達する九門だが、本番には間に合う?
  • 芝居のヒントを得るため、夏組は野球観戦をすることに。

 

新公演の練習は順調です。

徐々に演技が良くなるクモンですが、本番には間に合うかどうかーー。

 

野球観戦のチケットをもらった一成。

芝居のヒントを得るために、夏組で野球場にGOです。

 

「ゴーゴーレッツゴー!チャンスだ!かっとばせー!」

応援に熱が入る、九門。

 

「……野球、やりてーなぁ」

ポツリと本音をこぼします。

 

「今、劇団員って22人だよね!チーム分かれて野球できんじゃね!?」

野球がやりたい九門は、名案を思いつきます。

 

胸躍らせる姿からは、野球を辞めた理由が見当たりません。

九門はどうして野球を辞めたのか。

 

ちょこっと感想

私も九門と野球がやりたいです。

願わくば、手とり足とり教えてください。

心の隙間を野球を通して、う・め・て。

 

 

スポンサーリンク

ブラコンの九門は魔剣ディストロイジャーの使い手

そっと闇歴史を暴露します。

ブラコンの九門は、隠れ中二病です。

 

魔剣ディストロイジャーがグッズ化されたら、もう一度、中二病に返り咲きます。

(※大人の力で買います)

 

▼【6幕】ネタバレの続きはコチラ!

【A3】初恋甲子園のストーリー!6幕のネタバレ感想

 

CHECK!

▼『ツッコミ』天馬『ボケ』九門でお届けする、三部の考察

【A3】超絶マニアの私が三部の配信がいつからか&ストーリーを考察

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)