「欲しがりません、介護までは」20代の孫に祖父母の面倒は無理です

欲しがりません、介護までは

もしも、孫が祖父母の介護をすることになったらーー。

私は、全速力で逃げます。

 

祖父は90代、配偶者アリ。

オムツをしていますが、まだ要介護ではありません。

 

祖父には三人の子供がいて、その長男の子供が私です。

親族は全員生きているのに、祖父に言われました。

「何かあったら介護よろしくね」

 

すいません。

20代の孫に祖父母の面倒は無理です。

実体験を交えながら、孫の現代的な価値観をこっそり紹介します。

 

スポンサーリンク

 

「欲しがりません、介護までは」

孫が聞きたい理想のセリフです。

贅沢は敵とした、戦後中の標語「欲しがりません、勝つまでは」をもじりました。

 

このフレーズは、厚かましくお世話になっていながら、祖父の期待を裏切ります。

孫の現代的な価値観を反映してみました。

 

さらに、「欲しがりません、カツまでは」バージョンも存在します。

応用編として、カツカレーを食べている友達に「ちょっとちょうだい」と言うときに使ってみてください。

食べ物を無心しながらも、謙虚な姿勢が垣間見れるのがポイント。

 

「欲しがりません、介護までは」

これくらいの気持ちで、孫に接してほしいんですよね。

 

私は、祖父母と同居していますが、誕生日を祝ってもらったことがありません。

過保護のカホコもびっくり。

 

孫の誕生日を知らないんですよ。

すがすがしいくらいに、無関心。

 

それなのに祖父は「何かあったら介護よろしくね」と孫に言ってきました。

私の父は元気に生きています。

それどころか、父の兄弟はベンツに乗って、ウェーイな生活。

 

配偶者を含めて、親族は全員生きています。

「なんで私が介護すんねん」

ちなみに、私は末っ子です。

 

身内が私しかいない状況なら、考えますよ。

頭に疑問符がよぎりませんか。

 

スポンサーリンク

海外の手術費 + 専門学校の学費は、全て自腹

私の家は、お金にゆとりがありません。

両親や祖父母は、貯金がゼロゼロなんですよね。

 

私は小さい頃から病弱でした。

一ヵ月間で、4回も手術室に入ったことがあります。

 

日本では難しい手術のため、一人で海外に行きました。

もちろん保険適応外なので、手術費用は300万円。

コチラは自腹です。

 

高校生のときに、ジョナサンで稼ぎました。

友達と遊ぶお金もないので、青春ワイワイはしていません。

高校3年間で、友達と遊んだことは4回くらいです。

手術費用を稼ぐことに必死でしたね。

 

その後、普通の生活はできるくらいに回復しました。

高校の思い出がないので、「そうだ、専門学校行こう」と決めました。

学生気分を満喫できて、いい思い出になるかなと。

 

専門学校の学費350万円。

コチラも自腹です。

金融会社で働いて、すべてキャッシュで払いました。

 

誰かに依存せず、自分で稼いだお金で色々しましたがーー。

両親や祖父母に、お金をねだったことはありません。

 

みんな大変なのは知っていますからね。

それより、「どうお金を稼ごうかな」と思って生きてきました。

 

全てひっくるめて祖父のセリフをもう一度。

「何かあったら介護よろしくね」

……うん、ムリかな。

 

スポンサーリンク

20代の孫に祖父母の面倒は無理

子供や孫に面倒をみてもらう。

そういう考えもあると思います。

今まで育ててもらった恩返しもできますからね。

 

ただ、最初から「あわよくば、孫に面倒をみてもらおう」と誰かに依存するのはNGだと思います。

「貯めたお金で老人ホームに入るから、私のことは心配しないで」自立した大人のほうがカッコよくないですかね。

 

クソ生意気な孫ですよね。

どうあがいても、孫。

だがしかし、祖父母の介護はお断りです。

 

もしこの先、祖父母の介護が必要になったときーー。

まずは自分の子供にご相談してください。

 

いきなり、孫はアカンって。

ピンポイントで末っ子の私をターゲットにするかいな。

例えるなら、小学生が大学に飛び級して入学しているようなもの。

 

孫が聞きたい理想のセリフ。

「欲しがりません、介護までは」

ハルカミライ、流行語対象を狙えるな。これは。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)