専門学校でみかけた殺せんせー!授業を自習にする先生は給料ドロボー

タイトル画像

「今日は自習です」

小学生のときは嬉しいハプニング。

ただ、専門学生のときは怒りのハプニング。

 

稼いだお金で学費を払っていたので、相当な決意をもって学校に通っていました。

1回、90分の授業料は約2000円。

2000円を払って自習のうえに、先生は優雅にお昼寝していました。

 

生徒のためを想ってではなく、先生が楽をするための『自習』

体験談を元に、自習という名の給料ドロボーをしている先生に喝を入れます。

 

スポンサーリンク

 

専門学校の授業料は1回2000円

まずは、専門学校にかかる学費の一例を見ていきましょう。

入学金 100,000
授業料 900,000
施設設備費 250,000
演習実習費 130,000
合計 1,380,000

 

年間に100万以上の学費。

これが専門学校の常識ですね。

上記の金額にプラスして、教材費や行事の運営費などがかかります。

 

学校に長期休暇があるので、登校日は170日と仮定します。

一日に90分の授業が4回ある場合は、『170 × 4 = (授業数) 680』

 

1年間にかかる学費から、授業数680を割ると……。

1,380,000 ÷ 680 = 2029。

つまり、1回90分の授業は約2000円になります。

 

この学費、全部自腹です。

生活費もZIBARA。

2000円あったら、お洒落なランチを食べられますね。

 

スポンサーリンク

 

自習に2000円の価値はない

この世の中には、2種類の自習があります。

  1. 生徒を想っての自習。
  2. 先生が楽をするための自習。

 

生徒が各自作業に取り組んで、わからなければ先生がフォローしてくれる。

これは、生徒を想っての自習だと思っています。

 

ただね、チャイムと同時に「今日は自習で~す」と言って、颯爽と職員室に戻る先生。

教室には、取り残された生徒たち。

授業が終わる1分前に、再びやってくる場合……これはアウトですよね。

 

あれ、暗殺教室が始まってる?

先生がマッハの速度で消えましたよ。

 

リアル暗殺教室は、一週間も続きました。

先生がマッハで職員室に戻り、生徒たちに何も教えない。

 

殺せんせーは教室にいることもありますが、ふつーに後ろの席で寝てましたね。

話を聞くと、「疲れがたまっているから寝かせて」

とりあえず、今は授業中なので職務を全うしようか。

 

こんな自堕落な授業でも許されてしまいます。

だって、『自習』だから。

 

何も教えない、先生が楽をするための授業には、2000円の価値はありません。

一般企業で同じことをしてみなはれ。

職務中にお昼寝やぞ!マッハで上司がやってくるよ。

 

自習中の学校の先生は給料ドロボー

生徒のためを想っていない自習は、授業とはいえません。

先生をずっと夜に閉じ込めようか。

鉄格子から「給料ドロボー」と叫び続けてあげますよ。

 

自分で学費を払っている人ほど、やるせない気持ちになります。

頑張って稼いだ金額が、殺せんせーにマッハで奪われる。

 

そっと心の奥に闇が芽生えました。

残念ながら、今でも引きずっています。

 

先生が楽をするための自習は、罪ですね。

もっと真剣に生徒と向き合って欲しい。

見上げれば、キラリキラリと輝いている先生であれ。

 

▼揃いも揃って、みんなダメだった話もどうぞ

勉強もやる気も◎優等生なのに専門学校で嫌われた!集団心理の怖さ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)