【LGBT】修学旅行のお風呂は地獄!裸を見られるのが苦痛すぎた話

【LGBT】修学旅行のお風呂は地獄

出典 GIRLY DROP

ぼっち充です。

私は、性同一性障害。

19歳のときに手術を受け、男性から女性になりました。

 

楽しいはずの修学旅行。

ただ、LGBTにとっては悪魔的イベントになることも。

 

私の場合、同級生と入るお風呂が苦痛でした。

なぜなら、自分の裸を見られたくないから。

当時の心境、赤裸々に告白します。

 

スポンサーリンク

 

修学旅行は地獄!LGBTのお風呂事情

修学旅行、好きですか?

ふつーは、楽しいよね。

友達とワイワイして、THE青春って感じで。

 

でも、私は嫌いでした。

個人的には、地獄イベント!

「どうやって風邪をひいて休もう」と考え、心の底から楽しんだことはないです。

 

なぜ、好きになれないのか。

答えは簡単で、性同一性障害だったから。

 

男性として生まれた私ですが、心は女性。

24時間、同級生と一緒に過ごすことが嫌でした。

 

「逆ハーレムみたいで楽しそう!」

楽観的な意見が聞こえそうですが、全然そんなことないっすよ。

 

例えば、透明人間になって。

弾むようなスキップで、異性のお風呂を覗いたとしましょう。

 

完全犯罪なので、楽しいよね。

絶対にバレないし、最高のイベントかもしれません。

 

でも、トランスジェンダーのお風呂は違うねん。

当事者は、自分の身体に死ぬほど嫌悪感を持っています。

 

性別を変えたいほど嫌いなわけ。

つまり、全身コンプレックスです。

 

それを誰かに見られるのって、心がえぐられるよ。

恥ずかしさを通り越して、究極的に自尊心が傷つくから。

 

不等号で表すと、こんな感じ。

『異性への欲望 < 裸を見られたくない』

 

修学旅行のお風呂なんてさ。

同級生に、裸を見られまくりじゃん。

 

そんな状況で、お風呂なんか楽しめんわ。

一分一秒でも早く、頭だけ洗って脱出だよ。

 

どれだけ寒くても、心から震えても。

湯船に浸かる時間、ないからね。

ゼロだよ、ゼロ。

 

お風呂イベントさ、毎日あるじゃん。

それに加えて、服の着換え&トイレ問題もあるし。

心がホッとできる時間……ないんですけど。

 

もし自宅なら……

鍵をかけた自室で安全に着替えられて。

トイレだって、個室なのに。

 

どれだけ私が絶望したのか、わかりますか。

冗談抜きで拷問かと思いました。

 

修学旅行の就寝中、私の寝言がコレだよ。

もう嫌だ!

 

翌日、友達に笑いながら指摘されました。

「寝言を言ってたよ」って。

 

ねえ、どう返したらいいの?

本音がダダ漏れだった、そう言えばいい?

(実際は、愛想笑いをしてました)

 

こんなに楽しめない修学旅行、小中高ずっと繰り返し。

空を背にして泣きたかったね。

 

スポンサーリンク

憂鬱のオンパレード!それが修学旅行

LGBTにとって、みんなで入るお風呂は地獄です。

「こういう理由で修学旅行に行きたくない」

正直にカミングアウトできる勇気、私にはありませんでした。

 

学校のお泊りイベント。

同級生は、旅行前から盛り上がって。

みんなが楽しそうにしてる中、私は心を殺して修学旅行に参加してました。

 

地獄行き(お風呂イベなど)を回避する1つの方法として、親や教師にカミングアウトがあります。

でも、現実的には難しい。

 

私は、ただ耐え忍ぶことしかできなかった。

信頼できる誰かに話すこともしなかったから。

 

▼LGBT特集はこちら

性転換ぼっちの憂鬱

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)