トランスジェンダーの私が激白!性同一性障害を自覚したのはいつから

いつ頃、性同一性障害と自覚したの?

私は、性同一性障害です。

男性として生まれましたが、性転換手術をして女性になりました。

19歳のときに。

 

トランスジェンダーと自覚をしたのは、いつからなのでしょうか。

当事者を代表して、自分の性別に違和感を感じた年齢を激白します。

 

スポンサーリンク

 

性同一性障害を自覚した時期は、小学校低学年

物心ついたときから、私は性同一性障害でした。

男の子が好きそうなものには、興味なし。

  • スポーツ
  • プラモデル
  • 乗り物。
  • 戦隊ヒーロー、など。

 

一方で、家で遊ぶのは大好きでした。

小学校の自由研究。

ビーズでブレスレットを作るほど、女々しかったです。

 

魔女っ子アニメ「おジャ魔女どれみ」を観るくらい。

普通の男子とは、趣向が全く違いましたね。

 

「いつから性同一性障害を自覚したの?」

そう疑問を持たれる方も多いと思います。

 

「周りの子と違うな」と私が感じたのは、小学校低学年のときです。

体育の授業で、着替えるのが本当にイヤでした。

自分の裸を見られたくないから。

 

水泳の着替えも大嫌いでしたね。

例えるなら、思春期間近の女の子が、おっさんたちと一緒に着替えるようなもの。

 

想像してみてください。

しずかちゃんが入浴中、どこでもドアで浴室に現れるのび太くん。

 

漫画なら、思いっきり叫んでビンタできますよね。

結果、のび太くんが悪者になって場は収まります。

 

私の場合、しずかちゃんのように叫ぶことは許されません。

だって、同性だから。

 

のび太くんのえっちぃ覗きを容認しないと、同級生からの好奇の目にさらされて学園生活ジ・エンドになることが容易に想像できます。

 

本当はイヤなのに。

何事もなく一緒に着替えるのって、地獄ですよ。

 

しずかちゃんだって、毎回悲鳴をあげてるのに。

私には、叫ぶことすら許されない。

男扱いされることで、絶望的な自己嫌悪を感じました。

 

他にも「好きな子は誰?」と、同性の男子に質問されて……「お前だよ」と思ったこと、数知れず。

 

なよなよ☆もやし系男子として、友達からはいじられましたね。

食欲増進剤を出されるほど、痩せてたので。

とりあえず私は、小学校低学年にはトランスジェンダーの自覚アリです。

 

スポンサーリンク

LGBTで苦しんでいる人へ

自分の性について、悩む時期は人それぞれだと思います。

私の場合は、小学校低学年から悩んでいました。

 

ーー誰を好きになっても。

ーーどんな姿になっても。

アナタはアナタです。

 

傷つくことも多いし、叫びたいほど辛いこともあるけれど。

そんな自分を丸ごと愛してあげて。

卑屈になっていじけてる人よりも、笑って強がってる方が100万倍カッコイイと思うから。

 

▼LGBT特集はこちら

性転換ぼっちの憂鬱

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)