【ザ・ノンフィクション】子供に夢を託すな!柔道家族・朝飛家の感想

【ザ・ノンフィクション】「運命を背負い続けて~柔道家族・朝飛家の6年~」

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

ぼっち充です。

 

「オリンピックに出場する」

祖父から夢を託された、柔道家族・朝飛家。

いやいや、子供に夢を託すなよ。

 

2019年7月7日放送、ザ・ノンフィクション。

「運命を背負い続けて~柔道家族・朝飛家の6年~」感想です。

 

スポンサーリンク

 

子供に夢を託す親って、迷惑!

今回の話は、柔道!

朝飛家の子供たちが、オリンピックを目指します。

 

私、スポーツ少女じゃないんで。

どっちかつーと、体育が大嫌いなので。

感情移入できず、超つまらなかったです。

 

柔道をやる意味も、わからないし。

人を投げて、投げられてとか。

物理的に痛い思いしたくないよー。

 

そもそも、今回のタイトルが納得できない。

「運命を背負い続けて」なんだけど。

祖父が柔道で夢破れたから、その悲願を孫が叶えるみたいな。

 

えーと、子供に運命とか関係ないよね!?

親の夢とか、どうでもいいし。

それを押し付ける家庭環境とか、マジ勘弁な。

 

今回のナレーション、千葉雄大でさ。

柔道家族の密着とか、いらんから。

カフェオーレ王子を取材して欲しいよね。

 

人知れず流した汗とか。

そーゆー青春物語。

うん、ノンフィクションには必要ないかな。

 

それより、歌舞伎町の売れないホストとか。

ノンフィクション名物、ホスト伯爵ね。

闇業界を密着した方が、絶対に面白いって。

 

まあ、でもね。

時間をムダにしたけど、見ちゃったから。

サクっと感想を書いていきますね。

 

スポンサーリンク

「柔道家族・朝飛家の6年」あらすじ

1年後に迫った東京オリンピック。

その出場を、運命づけられた子供たちがいます。

 

朝飛七海、真実、太陽の3姉弟は、父が館長をつとめる名門柔道場・朝飛道場の子供として生まれました。

 

実は、父も母も柔道家。

3姉弟は東京オリンピックへの出場をめざし、柔道づけの毎日を送ります。

そこには、朝飛家に秘められたある思いがありました。

 

「オリンピックに出場する」という祖父からの夢を託された3人の子供たち。

姉の七海(当時中2)は、泣き虫で不器用。

いつも父にどやされてました。

 

次女の真実(小6)は2年連続小学生チャンピオン!

将来の夢は、東京オリンピックの出場です。

弟の太陽(小4)はなかなか成長期がこず、悩んでいました。

 

それぞれに成長していった子供たち。

泣いてばかりいた七海は大学生になり、なんと全日本強化選手に選ばれていました。

 

いよいよ、夢にまで見た東京オリンピックが目の前に…!

しかし、七海には厳しい試練が待っていたのです。

 

東京オリンピックへの出場という、運命を背負い続けた朝飛家の6年の記録。

果たして、子供たちの行方はー?

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。 

 

スポンサーリンク

運命を背負い続ける人生て何?

横浜に50年続く、朝飛道場。

祖父の代から、柔道一筋で生きています。

 

3代にわたる悲願。

柔道でオリンピックに出場すること。

 

叶えられなかった夢を孫たちに託して。

朝飛家の子供たちは、今日も柔道に明け暮れます。

 

もし、私が朝飛家の子供だったら。

柔道をやりたくないので、即家出だね。

親の自己満足に、手伝う価値なし。

 

子供たちが、自主的にさ。

「柔道をやりたい」って言うなら、話は別だけど。

多分、朝飛家は違う気がするね。

 

実家が道場でしょ。

物心つくまえから、柔道をやらされてて。

親の期待に応えようと、練習したパターンじゃね。

 

どんな子供でもさ、親が喜ぶ顔は嬉しかったりするから。

つい、頑張っちゃうんだよね。

 

関係ないけど、朝飛家の長女と次女が怖すぎ。

弟・太陽に、もし嫁ができたら。

「いじめてやろう」とか、言ってるの。

 

あれ、多分、本音で言ってるね。

柔道やってるだけあって、彼女たちは気が強いよ。

弟に彼女ができたら、いじめそうで激コワ。

 

話を戻して、番組の感想。

私が柔道に興味ないから、本当につまらなかった。

 

魂があの世に行ってたもん。

暇すぎて。

 

結局、朝飛家の子供たち。

オリンピックの出場選手に選ばれてないし。

今後に期待→エンディングだよね。

 

単調な小説を読まされた感じ。

物語が展開しないから、ビミョーってこと。

 

例えば、面白い展開としては……。

朝飛家の子供たちが、柔道以外のスポーツをやるとか。

柔道に嫌気がさして、家出するとか。

 

意外性が欲しいよね。

上から目線すぎて、サーセン。

でも、本当にハズレ回だったから。

 

若者が夢を追いかける物語とか。

日曜午後2時に必要ないです。

 

「オリンピック!」

「オリンピック!」

親の期待が重すぎて、胃もたれしちゃう。

 

スポンサーリンク

過去放送の中でダントツに退屈

2019年7月7日放送、ザ・ノンフィクション。

「運命を背負い続けて~柔道家族・朝飛家の6年~」感想でした。

 

祖父から、夢を託されるって。

しかも、オリンピック出場って。

重くね!?

 

朝飛家の子供たち。

本当に柔道が好きならいいけどさ。

 

親の喜ぶ顔が見たくて、頑張ってるなら。

今すぐに引退した方がええぞ。

 

▼過去の名作はこちら。

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)