【ザ・ノンフィクション】天国のあなたへ!石塚和生の自己満ラーメン

【ザ・ノンフィクション】「天国のあなたへ~"ラーメンの鬼"の背中を追って~」

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

ぼっち充です。

自己満足しようぜ。

ナルシシズムに酔おうぜ。

 

石塚和生は、イタリアンシェフからラーメン職人になりました。

師匠が残したレシピを元に、ラーメンの開発に没頭。

そんな新作ラーメンは、まさかの自己満でした。

 

2019年7月28日放送、ザ・ノンフィクション。

「天国のあなたへ~”ラーメンの鬼”の背中を追って~」感想です。

 

スポンサーリンク

 

伝説のラーメンは自己満でした

主人公は、石塚和生(いしづか・かずお)

イタリアンシェフからラーメン職人に転職した話です。

 

ストーリー展開が本当に惜しいの。

今は亡き師匠が残してくれた、幻のラーメン。

そのレシピを元に、新ラーメンの開発に奮闘するのさ。

 

完成した塩ラーメンを、師匠の奥さんに食べてもらう。

ここで、番組エンディング。

 

お店に出す商品だと思ってたらさ。

「師匠が死んだことを認めたくない」と、石塚シェフ。

まさかの販売はなし。

 

師匠との思い出をーー。

師匠の奥さんと共有するだけ。

 

ただの、自己満足かよ。

新商品、発売してー!

 

最後まで期待させて。

視聴者の皆さんには食べさせないよって。

イレギュラーな拷問かよ。

 

全国放送で、宣伝は完璧なのに。

私たちは伝説のラーメンを食べれません。

モヤモヤさまぁーず!

 

想像以上にモヤモヤ。

モヤモヤさまぁーず2ですな。

 

まずは、ストーリーのあらすじを確認しましょう。

 

スポンサーリンク

「天国のあなたへ」あらすじ

石塚和生、58歳。

ラーメンシェフと呼ばれている。

 

シングルマザーの母のもとに生まれ、幼少時に母を亡くした石塚は、イタリアンの料理人からラーメン職人となり、イタリアンテイストのラーメン市ヶ谷の「Due Italian」は行列のできる人気店に。

 

続いて、日比谷、台湾、三軒茶屋などに次々に新店をオープン。

そんな石塚に、ラーメン職人になるきっかけを作ったのは、今は亡き師匠”ラーメンの鬼”佐野実。

 

師匠が最初に店を出した神奈川・藤沢氏への出店話があり、佐野が石塚に託したスープのレシピを使った新しいラーメン作りに取り掛かろうとする。

 

しかし、石塚を次々と災難が襲う。

台湾店の店長が交通事故死、三軒茶屋店が売り上げ不振。

さらに石塚自身も交通事故に巻き込まれてしまう。

 

2019年に入り、経営者から一人のラーメン職人に戻り、ようやく師匠に託されたレシピでのラーメン作りに取り掛かる石塚。

 

味に迷い、師匠である佐野の妻・しおりに試食してもらう。

果たしてラーメンは完成するのか?

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

 

スポンサーリンク

石塚和生のラーメン道に興味0

石塚シェフは、シングルマザーの元に生まれました。

愛人の子供だった為、母親だけが家族です。

 

しかし、お母さんはガンで亡くなりました。

子供が5歳の時です。

 

親族の家を転々として暮らす、石塚シェフ。

彼は高校を中退して、料理の道に進みました。

 

壮絶な人生でしょ。

ノンフィクションの才能あるよ。

 

前代未聞だけどさ。

石塚シェフを5歳から密着してたら、神回になってたと思う

母親を亡くした子供のドキュメンタリー。

 

親族の家に住んでるから、肩身の狭い思いでしょ。

ガキんちょだから、色々な葛藤があると思う。

反抗して、不良グループに入ったりするかもしれない。

 

そーゆーのをカメラで撮って欲しかったね。

世代を問わず、大きな反響があったと思います。

 

ただね、今回はラーメンのお話です。

石塚シェフの生まれ育った背景、もっと追って欲しかった。

 

彼さ、26歳の若さでだよ。

イタリアンのお店のオーナーをしました。

 

最終的に6店舗の飲食店を運営して、年商5憶円。

しかし、2002年に経営破綻。

食材やお店の内装をこだわりすぎたんだって。

 

そこをカメラで見たいよね?

自己破産なのかな。

事業を完全に潰した瞬間こそ、魂が揺さぶられる映像が撮れると思います。

 

今回の取材はさ。

経営破綻から10年以上経ってんのよ。

もう旬がすぎてんのよ。

 

お店が上手くいって、店舗を拡大する。

ここから、カメラを回してんのよ。

一番のメインは、師匠が残した伝説のラーメンを完成させることだし。

 

途中、台湾店の店長が交通事故で亡くなったり。

自分も交通事故に遭ったり。

新店舗の三軒茶屋店が売り上げ不振で、約半年で閉店したり。

 

ノンフィクションらしい、人生の波もある。

神回の素質もあった。

 

でもなー、最後の結末が納得できん。

新ラーメンの開発を追って、最終的に発売せんのかい。

 

じゃあ、なんで作ってたの?

師匠の奥さんの為?

二人の友情物語とか、別に興味ないし。

 

チラつく名作の予感があるからこそ、全体的に惜しい。

取材陣、一から出直してきな。

 

スポンサーリンク

三軒茶屋のように私の心も閉店

2019年7月28日放送、ザ・ノンフィクション。

「天国のあなたへ~”ラーメンの鬼”の背中を追って~」感想でした。

 

石塚和生の自己満に付き合った1時間。

伝説のラーメンを密着して、お客様に提供することはなし。

え、イジメ?

 

石塚シェフと師匠との思い出を見せられて。

私たち視聴者は、どうすればいいん?

 

食べることすら許されない。

三軒茶屋店のように、私の心も閉店しました。

 

▼でも行ってきましたw

【ドゥエイタリアン】市ヶ谷の黄金の塩ラーメンを美食ハンターが実食

 

▼過去の名作はこちら。

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)