拝啓 サザエさん症候群になった君へおくる3つの言葉

毎週の日曜日夕方頃になると、

『明日学校に行きたくないな…』とか、

『明日仕事に行きたくないな…』とか、

真剣に思い悩む日がくると思います。

このように気持ちが憂鬱になることがあります。

私はこの月曜日は【死の宣告】だと思っています。

今回はサザエさん症候群になった時の、

具体的な治療の仕方をみていきます。

 

スポンサーリンク

サザエさん症候群とは

 

サザエさん症候群とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日からまた通学・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称である

引用元:wiki

 

これが毎週、自分の身に起こると思うと、ぞっとしますね。

このような恐ろしい体験を…死ぬまで永遠に、

それこそ悶々としながら、

朽ち果てるまでするのは、想像を絶する苦痛だと思います。

 

このようにサザエさん症候群を発症した場合は、

お体の状態はかなり深刻です。

 

またこの病気を発症した場合は、日本では完治をするのが非常に困難です。

サザエさん症候群の原因とは

月曜日というものは、誰しも平等にやってきます。

そう、誰しもが平等なのです。

ただこの病気になる人には1つの特徴があります。

それは【受動的】です。

 

会社の就業規則があるから、毎日決められた時間に出社しなければいけない

 

つまり、誰かが決めたルールに従って、そのルール通りに生活している為に発症してしまう病気なのです。

 

例えばあなたが、【能動的に】

『明日は仕事が行きたいです。No1社蓄になりたいです』

と思うならば、話は別でしょう。

 

つまりですね、

誰かが決めたルールなんて、ぶっちゃけやる気はあまり起きません。

だって、やりたくてやっているわけではないのですから。

 

ただ、自分が決めたルールならばどうでしょうか。

自分で決めたということは、何かしらの理由があるはずです。

この理由がご自身のやる気を増幅させ、

ひいては、サザエさん症候群の予防となるわけです。

 

(本当は行きたくないのに…)行かなければいけない

この矛盾こそが、この病気を発症させます。

 

そしてそれがストレスとなり、

肉体的、身体的にまで影響を及ぼしてしまうわけです。

 

スポンサーリンク

 

サザエさん症候群の君へおくる3つの言葉

症状が辛い時は病院へ

症状が深刻な場合は、『うつ病』などの可能性もあります。

お早めに病院で診療をなさって下さい。

 

働き方は1つじゃない

毎日受動的に決められたことをしているから、症状が悪化するわけです。

ネットが発達した今は『フリーランス』として働くことも可能です。

自分が働きたいときしか、働かない。

そのような働き方も検討してみるのも、良いかもしれませんね。

 

幸せの定義は人それぞれ

あなたは何の為に生きていますか。

少なくとも、『お金』ではないはずです。

そして、『会社』の為でもないはずです。

『会社』の為に、死ねますか?ってハナシ。

私にはできません。

 

あなたが好きなようにしたらいいんです。

だってあなたの人生なのですから。

もし死ぬほど月曜日が辛いなら、その仕事や環境はあなたに向いていません。

断言します。

現にそれで体調を崩されているのですから。

 

何度もいいますが、幸せの定義は人それぞれです。

一度きりの人生です。

あなたの好きなように、今この瞬間を生きて下さい。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)