ITパスポート試験がIT業界で通用しない3つの理由

it-passport

 

最近はAIなどが注目されており、IT業界に興味がある人も多いのではないでしょうか。

このIT業界で働く為には、何か特別な資格が必要なのでしょうか。

プログラマー歴3年以上の私が、

ITパスポート試験がIT業界で通用しない理由を説明します。

 

スポンサーリンク

ITパスポート試験とは

 

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべき
ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

引用元:ITパスポート試験 iパスとは

つまりITパスポート試験とは、

ITを利用する全ての人の為の国家試験のことです。

ITパスポート試験が業界で通用しない3つの理由

合格率50%前後の, ITを利用する全ての人を対象とした資格

例えば、営業職や事務職の人がこの資格をとることには、意味はあると思います。

だって、ITが本業ではないのですから。

ただ本当にITを本業にしたいのならば、この程度の資格に価値はありません。

ただの自己満足だと思って下さい。

なぜならば2人に1が受かるような、試験だからです。

 

資格より実務が評価される為、IT業界では通用しない

IT業界は変化の激しい業界です。

現場で第一線で働いている現役エンジニアも、日々新しいことを吸収しています。

そのように日々貪欲に知識を吸収できる人が生き残れる業界です。

そして資格よりも実務が評価される傾向にあります。

ある程度の知識はあるに越したことはありませんが、

このITパスポート資格程度の知識はいりません。

 

本気なら基本情報技術者試験を取得をしろ

ITパスポートの上位にあたる国家試験があります。

それが基本情報技術者試験です。

エンジニアの登竜門の為の試験だと思ってください。

 

本当にIT業界で働きたいなら、

より高度な試験にチャレンジし続けることが大事です。

 

スポンサーリンク

 

IT業界就職への近道はポートフォリオの作成

いかがでしたでしょうか。

ITの国家試験も,簡単な内容から激ムズな内容まで、色々あります。

ただ、資格よりも実務が評価される業界です。

 

逆説的にいえば、資格よりも実務が評価される為、

プログラミングでWebサイトやWebアプリケーションなどを作り、

ポートフォリオにまとめたほうが確実に評価されます。

 

現役エンジニアにも、IT系の資格は1つも取得していない人は多数います。

資格ばかりにこだわる必要はありません。

 

もし本当にIT業界に興味がある人は、実際に自分の手を動かして、

何かしらのサービスを作ることが一番の近道です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)