人生はクソゲーだけど攻略したい!100年語り継がれるクソゲーを

「人生なんてクソゲーだ!」

春分の日に、兄がこう言いました。

 

この世はクソまみれということですね、わかります。

宝くじで3億円当てて、チートによるイージーモードで攻略したい。

 

ゲームプログラマーが、人生というクソゲーに向き合ってみました。

 

スポンサーリンク

 

模範解答な人生論はうざい

「生きたくても生きられない人もいるよ」

(神様気分で)説教する人がいますよね。

そんなことは言われなくてもわかってるんだよ。

 

人生はクソゲーで投げたしたくなるくらい『辛い』

辛いことや苦しいことを、ただ聞いて欲しいだけなのね。

模範解答とか求めていないから。

 

「何で人生がクソゲーだと思うの」

そんな優しい言葉で、一緒になって痛みを共感してみろや。

自分の価値観じゃなくて、相手の価値観で物事を考えてみなはれ。

 

世の中の大半が、マジメ委員長。

自分が辛いときの、マジメ委員長の発言はイラッときます。

ネコ被りやがって、3回まわってニャンと鳴け、ニャンと可愛く鳴けコノヤロー。

 

スポンサーリンク

 

「なんで生きているの」人生がクソゲーに感じた話

「気づいたら生まれていた」

予備知識もなしで、生きる目的も分からない。

これから何をして、どの選択をしても、誰も『正解』は教えてくれない。

 

自分の意志もなく、気づいたら生きていただけなんですけどね。

受け入れたくない現実のオンパレード。

 

80才まで強制参加で、これからも人生に向き合わなきゃいけない。

一点の曇りもなく、「人生は楽しいよ~」と死ぬまで言い続けられる人はいないです。

どこかで気分が落ちます。

 

「なんで生きているの」

そこでふと思うんですよ。

にっこりと太陽に笑いたいのに、下を向いてしまう毎日。

 

ゲーム会社で20連勤してたときは、人生なんかクソゲーだと思っていました。

朝起きて、マンションという仕事場に監禁される。

 

太陽に目もくれずパソコンとにらめっこして、退社時間までひたすらガマン。

家につく頃には家族は眠っていて、お風呂を入って今日も終了です。

 

人生を捧げたいと思うほど、ゲームを作りたくはありません。

ゲームは作るものじゃなく、遊ぶもの。

原因不明のエラーで、神経をすり減らしていました。

 

生きなければいけないのなら、ストレスがない生活を送りたい。

体調にも限界を感じていたので、新卒2年目で会社を退職しました。

こうして、気楽にブログを書いています。

100年語り継がれるクソゲーを作ろう

「人生はクソゲーだ!」

グチグチと生きるのは、ココロもスッキリせずに辛いです。

 

「クソゲーなりに楽しんでやる」

生きるか、死ぬか。

クソゲーを楽しむか、楽しまないか。

 

選択肢はいつも2択です。

生きなければいけないのなら、クソゲーを楽しみましょう。

 

今の仕事を続けたいのか。

他にやりたいことがあるのか。

 

ゲームのようにコンテニューもできない。

(自分が強くて)ニューゲームもできない。

ゴミ仕様だけれど、20代から「人生なんてクソゲーだ」と思うのはもったいです。

 

どうしたらクソゲーなりに楽しめるのか。

諦めないで、攻略しつづけて下さい。

 

ポンコツ勇者やイケメン勇者も、前を見て生きよう。

ドロまみれ王女やメダル女学園の生徒も、人生を楽しもう。

 

ゲームを楽しくできるのは、アナタだけですよ。

100年語り継がれるクソゲーを作りましょう!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)