メイドと学ぶ☆プログラムのmain関数【C言語】

DAN DAN 心が離れている プログラム。

main関数と出会ったとき、子供のときに抱いた野望と出会ったんだ。

「ゲームプログラマーになりたい」

 

ドラゴンボールGTのOP曲を聴いているので、冒頭がめちゃくちゃですね。

さて、C言語を例に、プログラムのmain関数を説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

C言語のプログラムはmain関数から始まる

#include<stdio.h>

// メイン関数
void main()
{
	// ここに処理を追加する

	return;
}

これは『何もしないプログラム』です。

最小のプログラムから、main(メイン)関数について学んでいきましょう。

 

関数の意味がわからない方は、下の記事にまとめたのでご覧ください。

 

プログラムにおける関数とは、処理のまとまりのことです。

複数の関数でプログラムは動いています。

 

また、プログラムはmain関数から処理が始まるので、覚えておきましょう。

 

コンピュータは、どこから処理をスタートさせるのかわかりません。

決まり事として、ここからプログラムは動くと定義すれば、コンピュータも迷わないですよね。

ゲームで例えると、スマホアプリ起動時に呼び出されるのがmain関数です。

 

補足

プログラミング言語や、開発環境に応じて、最初に呼び出される関数は違います。

ただ、基本はmain関数です。

 

 

スポンサーリンク

 

メイドを例にmain関数を説明

 

1.リーダーが仕事を受ける

ご主人様
ねえ、汚されたい気分なんだけれど
メイドリーダー
かしこまりました!ご主人様

 

 

2.リーダーが各メイドに指示を出す。

メイドリーダー
A君はご主人様にお茶をかけてあげて
A君
御意!

 

メイドリーダー
B君は優しい言葉でご主人様をフォローして
B君
了解

 

メイドリーダー
C君は一部始終を動画で撮影して
C君
よっしゃ拡散キタコレハッピーDay

 

 

main関数は、メイドリーダーです。

最初に仕事を振られて、それぞれの作業を別のメイドにやってもらう。

リーダーは仕事を指示するだけで、何もしないのが鉄則。

 

プログラムはmain関数から始まり、全体を制御してくれる役割もあります。

その為、『メイン』関数と呼ばれているわけですね。

main関数とはリレーの第一走者

運動会でもクラス対抗リレーは盛り上がりますよね。

リレーが始まる前に、走る順番を決めるじゃないですか。

誰から走るのかを決めて、当日の混乱を防ぐわけです。

 

プログラムも同じです。

どこから始まるのか決めないと、コンピュータも困ってしまいます。

つまり、リレーの第一走者のように、main関数からプログラムが動くわけです。

 

今回のまとめ

  • C言語において、プログラムはmain関数から始まる。
  • main関数は、全体を制御するリーダーのような役割がある。

 

スポンサーリンク