R-1チャンピオン!濱田祐太郎の盲目漫談に学ぶ大切なマインド3つ

「吉本に入り、目どころか自分の将来も見えなくなりました」

R-1 / 2018 で優勝した盲目漫談の濱田祐太郎さん。

 

「どっちか迷ったら笑って下さいよ」

健常者のフォローをしながら、

センターマイクに渾身の笑いを注ぎ込みました。

 

自分の夢を諦めてしまっている人若者に向けて、

濱田祐太郎さんから学ぶ、大切なマインドを話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

R-1チャンピオン濱田祐太郎とは

出典 公式サイト

「ギャラの9割を取る」

業界では有名な吉本興業に所属する濱田祐太郎さん。

 

「エクスペクト・パトローナム」

ハリーポッターの主人公、

ダニエル・ラドクリフと同い年の平成元年生まれ。

 

濱田さんは魔法は使えませんが、

見事にR-1グランプリで優勝を果たしました。

 

「ラッキーセブン」

アマチュアの時から出演した7回目のチャレンジ。

目が見えないというハンデを乗り越え、ピン芸人日本一に輝きました。

 

濱田祐太郎さんの盲目漫談から、

夢を掴むために大切なマインドを話していきます。

濱田祐太郎の盲目漫談に学ぶ大切なマインド3つ

夢に向かって突き進む行動力

出典 pxhere.com

一つ目に大事なことは『行動力』です。

 

ここは マサラ タウン

マサラは まっしろ はじまりのいろ

 

あなたがポケモンマスターを目指していたとします。

もし『マサラタウン』に引きこもっていたら、その夢は叶わないですよね。

 

新しいポケモンに出会うためには、

トキワシティへ通じる草むらにだって飛び込みますよね。

 

ポケモンマスターを目指すなら、

勇気を出してマサラタウンを飛び出すことが大切です。

 

盲目漫談で日本一に輝いた濱田さんは、

ビッキーズさんとハリガネロックさんの大阪の漫才が好きでした。

 

「お笑い芸人になりたい」

中学生の頃にはどんどんとお笑いにはまっていった濱田さん。

 

「吉本には目が見えない芸人はいないし、サポートは難しい」

養成所入学の前に吉本からこう言われます。

それでもNSC35期生として入学をします。

 

もうお分かりですよね。

濱田さんはお笑い芸人という夢のために『行動』をしました。

その行動がNSCへの入学です。

 

「舞台で人を笑わせたい」

同期にはゆりやんレトリィバァもいて、不安でいっぱいだったと思います。

夢を掴むためには『行動力』が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

手持ちのカードで戦うこと

出典 pixabay.com

二つ目に大事なことは『手持ちのカードで戦うこと』です。

 

ここは マサラ タウン

マサラは まっしろ はじまりのいろ

 

「俺はマサラタウンのサトシ!」

サトシはオーキド博士の研究所で『最初の三匹』を選びますよね。

フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメとの運命の出会いです。

 

もしヒトカゲを選んだら、

いわタイプの使い手『タケシ』と

みずタイプの使い手『カスミ』に苦戦を強いられますよね。

 

ほのおタイプのヒトカゲの弱点を補うように、

仲間にするポケモンを選んで、

手持ちのポケモンでジムリーダーと戦いますよね。

 

手持ちのポケモンで出来る最善の策を考えるはずです。

 

濱田さんは、彼にしかできないオンリーワン漫才で優勝を勝ち取りました。

生まれつき目が見えないことをネタに、

盲目あるあるという新しい漫談を生み出しました。

 

自信の経験をネタにした、濱田さんのオンリーワン漫談です。

 

目が見えない』という手持ちのカードで生み出されたネタは、

多くの視聴者と審査員の心を掴み、

過去最多3795名の参加者の頂点となりました。

 

新しいカードで勝負するのではなく、

今の自分のカードで何ができるのか。

 

夢を掴むためには『手持ちのカードで戦うこと』も必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

目標に向かってコツコツ努力をする

出典 pixabay.com

三つ目に大事なことはコツコツとする『努力』です。

 

ここは マサラ タウン

マサラは まっしろ はじまりのいろ

 

激ムズモードのヒトカゲを選んでしまったサトシ。

いわタイプの使い手『タケシ』に負け、

そそくさとマサラタウンに帰ってきました。

 

「いつになったらポケモンマスターになるのじゃ」

引きこもりがちなサトシに、オーキド博士がため息混じりに漏らします。

 

努力を全くしないサトシは、

いつまで経っても『タケシ』には勝てないし、

ポケモンマスターになることもできません。

 

ジムリーダーに何回負けようと、

草むらでレベル上げをしたり、

努力をすることはいっぱいあります。

 

ただマサラタウンを飛び出すだけではなく、

継続的にコツコツと努力をすることが大切です。

ポケモンでいえば、レベル上げを頑張ることですね。

 

濱田さんは大阪の劇場でコツコツと漫談を重ね、

芸を磨いていきました。

 

目が見えない中、それこそ手探り状態で、

会場に響き渡る爆笑をもらうために、

相当の努力を重ねたはずです。

 

アマチュア時代を含めれば、7回目のR-1のチャレンジ。

努力を継続したからこそ、輝かしい成績を納めることができました。

 

夢を掴むためにはコツコツとする『努力』が必要です。

濱田祐太郎がイケメンすぎる

濱田さんがR-1でチャンピオンになった理由を分析しながら、

夢を叶える為に大切なマインドについて話してきました。

 

行動を起こして、

手持ちのカードで、

コツコツと努力する。

 

心がイケメンすぎると感じた、

お笑い回の革命児、濱田さんに惚れてしまいそうです。

 

自分の夢を叶えられるのは自分だけです。

心が挫けそうになった時は、濱田さんの盲目漫談で勇気をもらい、

また明日から頑張りましょう!

スポンサーリンク