勉強もやる気もOK!優等生だが専門学校で嫌われた!集団心理の怖さ

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

集団心理は、正常な判断ができなくなります。

 

勉強もやる気も◎。

ITの専門学校では、クラスで上位に入るほどの優等生でした。

 

ただ、休み時間は法律の勉強。

「あいつは何しに学校に入学したんだ」と同級生からお叱りを受けました。

 

専門学校で嫌われた経験から、集団にいても自分らしさを保つことの大事さを伝えていきます。

 

スポンサーリンク

 

お金を貯めて、ITの専門学校に入学

「大学には行きたくない」

文部科学省のデータによると、大学に通う1割ほどが中退をしています。

 

大学に通っていても、他にやりたいことが見つかるかもしれない。

もし学校を中退したら、借金だけが残るのでリスキーです。

奨学金を借りてまで、学校に行きたくない。

 

「とりあえずお金を貯めよう」

2年ほど金融会社で働き、400万円を貯金しました。

勉強することが好きなので、貯めたお金で学校に行こうと決めます。

 

興味があった分野は『法律』と『IT』

弁護士を目指したいけれど、学費が高すぎる。

 

それに比べて専門学校は2年制が多く、そこまで費用はかかりません

今後も需要があり費用も抑えられる、ITの専門学校に入学しました。

学校の休み時間は、法律の勉強

社会人 → ITの専門学生。

華麗なるジョブチェンジに、テンションはアゲアゲです。

 

ただ、ITの専門知識だけを身につけるのはイヤです。

他に知識がなければ、IT会社が嫌いになったときに辞められない。

 

その分野で、ずっと働くかなんて分かりません。

だからこそ、複数のスキルを手に入れて、自分の選択肢を広げたい。

先を見据えて、休み時間に『法律』の勉強をしました。

 

「あいつは何しに学校に入学したんだ」

「やる気がないなら学校に来るな」

さっそく同級生に距離をおかれました。

 

マジメに授業も受けて、成績もクラスの上位。

本業に手を抜いていないのに、休み時間の行動一つで同級生の逆鱗にふれる。

 

テレビやゲーム、飲み会など、プライベートの時間を削って法律の勉強にあてているだけ。

リスク分散をして、IT以外にも通用するスキルを身に着けたい。

ただ、同級生は、私が法律の勉強をするのを許せなかったみたいです。

 

スポンサーリンク

 

将来のビジョンの違いから、同級生に嫌われた

「将来はエンジニアになる」

ITの専門学校は、だいたい目標が明確です。

 

大多数が、同じ夢を目指して勉学に励んでいます。

私は、マルチで働きたい。

エンジニア以外にもやりたいことはあるので、一つのことに縛られたくない。

 

専門学校は、その道のプロになりたいから入学しますよね。

「この職業で絶対に働く」と強い意志が、彼らの原動力なわけです。

 

視野が広い私は、いつでも軌道修正をする気マンマン。

エンジニアもやりたいけれど、状況に応じてジョブチェンジするよ。

 

将来のビジョンが違うからこそ、クラスにアウェイ感が漂いました。

少数派でマルチ派は、嫌われますね。

集団にいても、自分らしさを保てる人であれ

専門学校は、個性よりも協調。

「みんなちがって、みんないい」だと、変な空気になります。

 

その道のプロを目指して、人生を賭けている人が多いです。

専門学校でも、全員が同じ目標とは限りません。

マルチに活躍したい人もいます。

 

だからこそ、熱量のギャップで人間関係は壊れやすいです。

将来のビジョンは100通り。

専門学校を卒業したけれど、違う職種で働いている人もいます。

 

別の道に興味を持つことは、悪いことではないです。

好きなものは、何個も勉強していいはず。

 

自分と違うタイプがいることは、当たり前のこと。

それなのに、専門学校では許されない。

 

目的が同じ集団は、異質な考え方をする人間を排除する。

揃いも揃って、みんなダメ。

集団にいても、自分らしさを保てる人であれ。

 

▼殺せんせーをみかけた話はコチラ

専門学校でみかけた殺せんせー!授業を自習にする先生は給料ドロボー

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)