学校の昼休みは地獄だった!一人ぼっちの闇な休憩時間の過ごし方

学校の昼休み!ぼっちの過ごし方は闇

ぼっち充です。

学校の昼休みって、地獄だよね。

友達がいない私は、休憩時間の過ごし方が闇。

 

個室トイレに引きこもって。

ただ、チャイムが鳴るまで耐え忍んでました。

「あいつ、一人だな!」と、同級生に思われたくなかったから。

 

休み時間になると、誰の視線も届かない空間へ(※トイレ)。

人の目を気にしすぎるあまり、胸がチクチクと痛かった。

 

今だから告白できるーー。

学校で一人ぼっちになった、私の過ごし方です。

 

スポンサーリンク

 

学校の昼休みは地獄!

学校の昼休み。

楽しそうにお喋りしてる、リア充たち。

一人ぼっちにとっては、まあ地獄だよね。

 

私も、よく一人で過ごしてました。

ぼっちあるあるとして、他人の目が気になるの。

 

「あいつ、また一人で教室にいるよ!」

とか、思われたくないし。

自尊心の塊だから、プライドを傷つけたくない。

 

しかも、被害妄想も激しい!

「一人で可哀想な子」と、噂されてないか超気になるもん。

ちょっぴりじゃない、めちゃ×2ね。

 

私も、いつも教室を一人で過ごすわけじゃないんだよ。

仲良くしてた友達グループと喧嘩したり。

そういう気まずくなる時、あるでしょ。

 

「仲直りしろよ!」って感じだけど、まあ無理。

そういう、たまに孤立する時ね。

 

危機的状況を、誰にも悟られず。

休み時間、一人ぼっちだけど。

そのことを、他グループに悟られたくなかったりするのさ。

 

子供だけど、強がりたいしね。

一人ぼっちだと思われると、あれこれ噂だってされちゃう。

 

孤立してる状況は、目立つし。

休み時間、哀れむような冷たい視線に晒されたくない。

(※被害妄想だけは、一人前なので)

 

ぼっちの私が、実際にどう過ごしたのか。

休み時間、禁断の過ごし方を紹介しちゃいます。

 

スポンサーリンク

一人ぼっちの過ごし方!休憩時間はトイレに逃げ込む

休み時間、一人ぼっちと思われないために。

私の最終奥義が、コチラ!

トイレの個室に逃げ込んじゃう。

 

お手洗いに入る時&出る時。

両方において、誰にも目撃されてはいけないよ。

もし現場を見られたら、トイレにこもってることがバレるので。

 

「あいつ、休み時間はずぅーっとトイレにいるぜ!」

なんて噂されたら、もう死にたくなるよ。

ガチよりのガチで。

 

自分のクラスと同フロアのトイレは、NG!

人が少ないトイレを狙うことが、ポイントだね。

理科室とか美術室とか、あまり利用されてないトイレを見極めて。

 

個室にこもっても、油断は禁物。

昼休み時間、フルで引きこもるから60分の長丁場。

「あのトイレ、怪しい!?」と思われちゃダメなわけ。

 

仮にさ、個室トイレがね。

音もなく1時間も使用中だったら、超怖いでしょ。

結果、誰かが怪しんで自分の立場が危うくなっちゃう。

 

つまり、足音が聞こえて。

誰かトイレに入ってきたなー、と思ったら。

用事はなくても、トイレットペーパーをカランカランと音を立てること!

 

超、虚しいけどね。

色々な感情を押し殺して。

ひたすらに、トイレに引きこもると。

 

この現場さえ見られなければーー。

人の目を気にせず、休み時間を過ごすことができちゃいます。

オススメできないけど。

 

スポンサーリンク

一人ぼっちの昼休みでも、いーじゃん

トイレで過ごす、休み時間。

自分が惨めになるから、本当は嫌だよ。

 

でも、それ以上にさ。

「あいつ一人でいるよ!」と、思われる方がもっと嫌だった。

 

周りを気にしすぎだよね。

学校という社会の中で、底辺レッテルを張られたくない。

当時の私は、『友達いない=可哀想』とか思ってたの。

 

今だったら、気にせず一人で過ごせるけど。

リア充たちの巣窟、教室の中で。

宿題したり、スマホいじったりね。

 

無理して自分を着飾ったり。

他人の目を気にする必要、ないのにね。

 

友達グループと喧嘩して。

仲が悪くなって、居場所がなくなっても。

「お一人様で何が悪いんすか!?」と、自分を強く持てたらカッコイイ。

 

当時の私には、それができなくて。

周囲の視線が気になって、しょーがなかった。

 

無理して、気が合わない友達と仲良くして。

喧嘩しては、トイレで引きこもって。

また、新しいグループに入ったりさ。

 

正直、めっちゃ疲れる生き方だよね。

一人になったら、一人の時間を楽しもう!

吹っ切れた方が、楽なのに。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)