実現不可能!?ドラえもんに作って欲しいひみつ道具『安楽死ボタン』

安楽死ボタン

のび太くーん!このボタンを押せば、痛みを感じずにコロっと死ねるよ。

「テッテレー、安楽死ボタン」

 

実現不可能だけど、ドラえもんに作って欲しい悪魔のひみつ道具。

『安楽死ボタン』を欲っする、心の闇を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、ドラえもんに『安楽死ボタン』を作って欲しいのか

もしも、目の前に安楽死できるボタンがあったら……。

貴方はどうしますか。

 

そのような夢のボタンがあるのなら、私は迷わず押します。

もちろん、貯金の残高が底をつくまで遊び倒してから。

 

なぜ、迷わずボタンを押すのかと不思議に思うかもしれません。

生きたくても生きられない人がいるご時世で、我ながら不謹慎な発言だとは思います。

 

理由は「生きていくことがめんどくさいから」

アクビがでなくなるまで永久に寝ていたい。

ずっと夢の中で、何も感じずにダルダルライフを過ごしたい。

 

『死』=『一喜一憂ゼロ生活』。

ーー人間関係で悩むことも

ーーお金の心配をすることも

ーーシワシワの自分を見て劣等感に苛まれることも

ーーー夏にGを見かけて悲鳴を上げることも

 

これから先、日本がどうなろうと私の心は一定を保ち、何も感じない。

過去や未来に怯えることもなく、あるのは『無』

私という『自我』が地球上から消滅して、もう何も考えなくてもいい。

 

ーー不安、焦燥、欲望、恐怖、後悔、不満、罪悪感、劣等感。

ーー苦しみ、悲しみ、切なさ、怒り、悩み、絶望、憎悪。

数え切れないほどの負の感情がスッと消え、最短で神様に近い存在になる方法が『死』

 

ーー感謝、驚愕、興奮、好奇、幸福、名誉、尊敬、親近感、勇気。

ーー満足、期待、優越感、感動、愛おしさ、希望。

人間としての基本感情は消えるけれど、代わりに善悪の概念が消えるくらい『無』

 

波のように起伏する感情を、脳でコントールする必要はなくて。

ただ何も考えずに、何を感じるわけでもなく、『空虚』であればいい。

良し悪しを判断することもなく、どれほど醜い人間も『死』をもって感情を断ち切れる。

 

ーー誰かのために生きること。

ーー泣きながら明日を迎える日。

時の呪縛から解放されて、永遠に訪れない『明日』をグルグルと回り続ける。

 

もう全力で何もしなくていい状態が『死』

頑張る必要もないので、ありのままの自分を受け入れることにも繋がります。

 

煩わしい感情に支配されることもありません。

何もしなくてもいいからこそ、ためらわずに安楽死ボタンを押しますね。

 

スポンサーリンク

人生はイバラだらけの森

イバラの森

夢を追って迷い込んだ森がイバラだらけでも、もう進まなくていい。

そこに立ち止まって永遠の休憩ができますよね……『死んでしまえば』

 

傷つくと知っていても、イバラの森に飛び込めますか。

最悪なことに、その森がどこまでも続いているかもわからない状況で。

 

地図もないイバラだらけの森で、「このボタンを押せばもう終わりにしていいですよ」と看板があったら……。

例え死ぬことになっても、結構な人が押すと思うんですよね。

 

だからこそ、100%安楽死できるボタンが魅力的に見える人も絶対にいます。

所詮、人が感じる苦悩や悩みなんてものは、その人にしかわかりません。

 

しのごの言わずに、一刻も早く安楽死ボタンを押して楽になれば、私が幸せ。

そういう考え方もアリだと思います。

 

私なんて、日常生活でボタン連打ですからね。

じめじめとした夏に虫を見て、安楽死ボタンをポチッ。

寒々とした冬は毛布から出たくなくて、安楽死ボタンをポチッ。

 

「しょーがなく生きてやってる」くらいの気持ちで、心の平穏をかろうじて保っています。

 

スポンサーリンク

実現不可能でも、ドラえもんに作って欲しいひみつ道具は『安楽死ボタン』

ドラえもん、おすすめの秘密道具はコレ!

「テッテレー、安楽死ボタン」

 

この悪魔のボタンがあれば、最悪何かあってもこれで解決できますよね。

まあ、死んでしまいますけれど……。

 

ただ、「いざという時は、これで解決できる」と肝っ玉が据わり、逆に頑張れる人も多いはずです。

私の場合は、頑張るという行為がめんどくさいので、ためらいもなく押しますがね。

シワ顔一歩手前の35才で、そのボタンをポチります。

 

はぁー、この世界で寿命を自由に決められたらいいのに。

そう本気で考えるほど、実現して欲しいひみつ道具は『安楽死ボタン』です。

 

\今なら無料トライアル【31日間】/

 

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)