【浅草】ミソジュウに隠された秘密!話題のみそ汁を飲んでみた

ミソジュウ

「みそ汁のIT革命や~!」

思わずそう叫んでしまうほど、みそ汁に特化したお店がオープンしました。

 

みそ汁専門店『MISOJYU(ミソジュウ)』が開店した場所は、浅草。

武田双雲さんがプロデュースした、話題のお店ですよ。

 

なぜ、有名な書道家が『食』のお店を開くのか。

ミソジュウ開店に隠された秘密から、600円で楽しめる朝食セットの感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、書道家の武田双雲がお店を開くのか

2018年6月5日、みそ汁専門店が浅草にオープンしました。

武田双雲『TEAM地球』プロデュースのお店。

有機野菜がゴロゴロが入っている、カラダにやさしいみそ汁です。

 

「武田双雲がお店を開くとか、宇宙最大の謎」

そう思った私は、書道家がオーガニック料理にこだわる理由を調べてみました。

 

みそ汁専門店を手掛ける前に、神奈川の鵠沼海岸に『オーガニックカフェ地球』というお店をオープンした武田さん。

最初に開店したオーガニックカフェに、そのヒントがありました。

サイトの載っていた、武田双雲『地球への思い』を紹介しますね。

 

僕は地球が大好きでたまりません。

幼い頃から宇宙からみた地球の美しい写真に魅了され、なんて素晴らしい星に僕は住めているんだろうと感動してきました。

 

僕ら人類はこれからどんな未来を進むのでしょうか。

これまでどんな歩みをしてきたのでしょう。

現代はとても豊かな時代です。

食べ物が溢れています。

 

しかしあまりにも溢れているために僕らは「当たり前」と感じてしまいがち。

地球からの恵みを頂いているという感覚が鈍ってきています。

 

どうすれば僕も含めて

人類は地球の恵みに対してもっと感性を開いていけるのかという問いをもって、ずっと書で表現してきました。

色んな国を訪れ人々と交流してきました。

 

すると素敵な人とご縁が繋がって、今回のオーガニックカフェを開店する流れになりました。

出典 武田双雲『地球への思い』より

 

大好きな地球の恵みを、もっと伝えていきたい。

『食』を通して、地球に感謝を伝えたい。

そんな想いが感じられる文章ですよね。

 

芸術家らしい独自の考え方で、武田双雲ワールド炸裂です。

ただ、私は『地球が好き』という気持ちはありません。

 

例えば、関東大震災が起きた時ーー。

「わぁー死者がいっぱい出てるけれど、これも地球の神秘だよね」とは言えないですよね。

 

もっといえば、『地球』以前に『人類』が嫌いです。

例えば、日本で戦争をしていた時ーー。

「わぁー第二次世界大戦で人がゴロゴロ死んでいるけれど、そんな人類を育ててくれた地球って最高」とは言えないですよね。

 

武田さんの考え方を否定する気はありませんよ。

全てひっくるめて「地球ラブ」と言える武田さんには、心にハッピーが宿っているなと思うだけです。

皮肉ではないので、深く考えずに流してくださいね。

 

ポエムの批評はここまでにして、話を元に戻します。

 

『食』に対して、人一倍こだわりがある武田さん。

だからこそ、オーガニック食材に心惹かれて……浅草にみそ汁専門店までオープンしました。

 

スポンサーリンク

 

MISOJYU(ミソジュウ)朝食セットの感想

ミソジュウ日替わりメニュー

朝食セットのみそ汁は『日替わり

二つのみそ汁から、どちらかを選べます。

 

今回の日替わりみそ汁は……

  • きのこのおみそ汁。
  • とうふと水菜のおみそ汁。

 

朝ごはんセットは……

  • 日替わりおみそ汁。
  • おにぎり一個。
  • 漬物。

が全て付いて、600円(税抜き)

 

ミソジュウ朝食セット

『きのこのおみそ汁』の朝食セットに、おにぎりを単品で追加したのがコチラ。

きのこの歯触りと赤みそがアクセント!

森の香りがひたひたと舌に押し寄せてきて、今まで食べたきのこのみそ汁で一番おいしかったです。

 

ミソジュウのおにぎり

おにぎりも本格的。

少し小さめのおにぎりですが、見た目がオシャレですよね。

 

おにぎりは6種類あり……

  • しお
  • うめ
  • しゃけ
  • 玄米
  • アボガドロール
  • スパイシーツナ

単品220円(税抜き)

 

ミソジュウのショーケース

おにぎりはショーケースに並んでおり、眺めるだけでもワクワクします。

ただ、常に全てのおにぎりが並んでいるわけではありません。

ミソジュウには二回お邪魔しましたが、『アボガドロール』が未だ発見できずにいます。

 

一方コチラは『とうふと水菜のおみそ汁』の朝食セット。

おにぎりは『玄米』です。

 

みそ汁のなかに豆腐が半丁、ゴロンと入っていました。

シャキッとした水菜もアクセントとなり、食べ応えがありました。

 

ただ、全体的にみそ汁がぬるめです。

フゥーフゥーせずに、一気で飲めるくらいに生ぬるいと感じました。

熱々で提供すればみその風味が飛んでしまう……と、あえての温度かもしれませんが。

 

注文の際に一言「熱々で」と言えば、お店として対処してくれます。

熱いみそ汁を飲みたい方は、勇気を出して声を掛けてみてくださいね。

 

「おにぎりはいらないよ」という方には、朝みそ汁もあります。

400円(税抜き)。

いつもの朝とは違うおみそ汁で、元気をチャージできますね。

地球ラブの気持ちがギュッと詰まっている『こだわりのみそ汁』

書道家の武田双雲は、地球ラブの気持ちが最高潮に達しました。

その気持ちを表現した結果、書道家として成功。

 

『食』で感性を磨いた自分のように、もっと自然本来の食べ物を味わって欲しい。

そのような想いから、浅草にみそ汁専門店をオープンしたのかもしれませんね。

 

武田双雲こわだりの有機野菜を使っている、MISOJYU(ミソジュウ)。

朝食セットは600円

みそ汁単品は400円です。

(※モーニングは8:30~11:00まで)

 

これを飲めば、誰でも地球ラブの気持ちが溢れ出ること間違いなしですよ!

 

店舗情報!

  • 【営業時間】8:30 ~ 19:00
  • 【定休日】月曜日
  • 【住所】東京都台東区浅草1-7-5
  • 【席数】20席

MISOJYU公式サイトはコチラ

 

 

関連記事!

▼ミソジュウお昼セットでグルメレポート

【浅草】武田双雲がオープンしたみそ汁専門店!MISOJYUの感想

 

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)