【世界らん展2019】過去最悪に微妙だった花と緑の祭典レポート

世界らん展2019

ぼっち充です。

東京ドームで開催中、世界らん展2019に行ってきました。

 

突然ですが、ナゾナゾの時間です。

2004年度の来場者は、約50万人。

直近だと、約10万人までに減少してる展覧会は……なーんだ?

 

答えは、世界らん展です。

ああ、なんでことだ。

過去最悪に微妙だった、花と緑の祭典レポートです。

 

スポンサーリンク

 

【世界らん展2019】潜入レポート

入場者が年々減っている圧倒的な事実

いっせーの!!

おかえり、さあ出かけよう。

(今年も)世界らん展2019、行ってきました。

 

東京ドームで、世界最大級のらんの祭典があります。

8日間限定☆スペシャルイベント。

ついにこの季節がやってきました。

 

ただ、年々……お花のブースがしょぼくなってます。

おっとと、本音がダダ漏れ。

10年以上も前から参加してる私は、騙せません。

 

最盛期に比べて、入場者数は約5分の1。

確信して、宣言します。

お花ちゃんは、世間から飽きられつつあるよ。

 

らんの本数も少なくなって。

穴埋めのためか、余計なブースが増えたもん。

 

世界らん展に、IKKOのオーキッドルームがありましたから。

「どんだけ~!」の人ね。

 

なぜか、IKKOが愛するメイク道具が飾ってありました。

スペースが余ったのかな??

IKKOのオーキッドルーム

IKKOのブースは、食中植物のすぐ隣。

深読みしちゃうけど、主催者はIKKOがお嫌いだったりして。

間接的な悪口、最高です。

食虫植物と神秘的な花々

しかも、らん展に食虫植物のブースとか。

異次元すぎて、笑えてくるわ。

食虫植物

このブースの隣が、IKKOね。

『IKKO=食虫植物』って言いたいの?

見えないディスリ空間が、ここにある(笑)

 

らん展なのに、今年も沖縄美ら海水族館がありました。

可愛いウミガメがいたので、これは許す。

(但し、IKKOのブースは容認できん)

ウミガメ

 

スポンサーリンク

花と緑の祭典をどうぞ

IKKOネタ、もう充分ですよね。

ここからは、らんの写真を紹介!

世界らん展2019~花と緑の祭典~写真1 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真2 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真3 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真4 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真5 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真5 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真7 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真8

 

注意!

次からは、薄っぺらいお花のCGブースです。

最先端メディアの幻想的なフラワーアートらしいですが、嘘やろ。

ブースが余ったんだと思います。

世界らん展2019~花と緑の祭典~写真8 世界らん展2019~花と緑の祭典~写真9

 

さらに閲覧注意!

さらにブースが余ったのか……。

『KEY COFFEE』が花カフェしてました。

 

KEY☆COFFEE

ノンアルコールドリンクは、各1,000円。

企業様が、ガチで儲けにきてるし。

世界らん展2019~花と緑の祭典~写真9

左のドリンクが、『アスコセントラム』

アプリコットのフレーバー感じる、透き通る1000円の液体です。

 

右のドリンクは、『アレンジージョ』

甘酸っぱいストロベリーとカシスが奏でる、1000円の音色です。

 

お花だから、見た目はキレイ。

……でも、野口1枚は高いね。

ああ、お金が飛んでゆく。

 

スポンサーリンク

土日の混雑状況は、ギリ許容範囲

私が行ったのは、2月16日(土)。

17時に着きましたが、人混みは多め。

会場に入るまで、10分かかりました。

 

ですが、東京ドームが会場。

ムダに広いので、ゆっくりとお花ちゃんを鑑賞できました。

 

開催期間は、8日間と短いです。

平日の方が空いてますが、土日に行っても問題なし。

18時からのスペシャルナイトは微妙

世界らん展には、スペシャルナイトがあります。

18時になると、会場が暗転。

ライトアップされた幻想的な雰囲気の中、らんを見れますよ!

 

昼間と違った角度で鑑賞できるのは、新鮮。

ただ、明るい写真を撮りたくない?

 

会場が薄暗くなるので、キレイな写真が撮れなくなります。

インスタ映えはしないよね。

写真にこだわりがある人には、オススメできません。

 

……てか、何がスペシャルナイトだよ。

こっちは、明るい写真が撮りたいねん。

18時から照明を落とされて、超迷惑でした。

 

スポンサーリンク

IKKOのIKKOによるIKKOのための世界らん展

世界らん展2019、レポートでした。

IKKOのメイク道具が本当にナゾ。

オーキッドルームより、お花を飾ろう!

 

昔に比べて、らんは少ないし。

それなのに、100以上の販売エリアがあって。

物販がえげつない。

 

コーヒーで有名な『KEY COFFEE』は、花カフェやってるし。

企業様は、らん展で稼ごうとして

黙って花だけ飾るか、もう少し良心的な値段にしてよ。

 

ノンアルコールドリンク、1000円って。

ヒルズ最上階のBarですか。

 

当日券は、2200円。

全盛期に比べて入場者は減ってるんだから、もう少し安くしてほしい。

値段はそのまま、でも内容は劣化。

 

昔を知ってるだけに、残念な展覧会でした。

今回はタダ券で潜入したので許しますが、もう二度と行くことはなさそう。

 

劣化傾向にある、世界らん展2019。

お金と時間に余裕がある方は、ぜひどうぞ!

誰も得しない、IKKOのメイク道具一式を拝めますよ。

 

詳細情報!

  • 【名称】世界らん展2019-花と緑の祭典-
  • 【日時】2月15日(金)~2月22日(金)
  • 【会場】東京ドーム

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)