性転換で得た不眠症と言う地獄!眠れないストレス絶望すぎて死にたい

I CAN NOT SLEEP

ぼっち充です。

私は、性同一性障害。

男性として生まれましたが、性転換して女性になりました。

 

手術の前夜。

これから自分に降りかかるであろう地獄の痛みを想像して。

一睡もできませんでした。

 

性別を変えてからも、ストレスを感じる度に不眠症が再発。

また眠れない日々が続いて、今もなお精神安定剤を飲んでいます。

「女性になりたい」と性転換してから、寝れなくなった話です。

 

スポンサーリンク

 

のび太のように寝るのが大好きだった幼少期

私の特技は、すぐ寝れることでした。

学校の登校日、それこそギリギリまで寝るし。

土日だって、10時間以上も寝るのが当たり前。

 

でも、ある日を境に不眠症に。

時は19歳に遡ります。

 

性転換手術をする為、一人でタイに行った時。

初海外、空港から病院に直帰した時。

 

観光なし&これから地獄に向かうんだ。

そんな絶望を抱えて、タイの有名な病院に行きました。

 

親の同意書を偽造して、母親以外にはナイショにして。

勝手に性転換手術を受けます。

 

手術費用は、約200万円。

高校時代に稼いだバイト代を使い、一括で振り込みました。

(※未成年なのでローンを組めない為)

 

病院に到着して、翌日から手術。

初めての異国の地だし、親に黙って手術をする罪悪感もあって。

緊張して、その日は全く寝れませんでした。

 

翌日。

一睡もできない最悪のコンディションの中、性転換手術を受けます。

麻酔で意識を失いますが、目覚めたらもう地獄の幕開け。

 

スポンサーリンク

性転換が地獄すぎた話

入院期間は約2週間。

大手術なので、下記のような制約をうけます。

  • 【3日間】水分補給禁止(※点滴のみ)。
  • 【7日間】食事&寝返り禁止。

 

植物人間かのように、私には動くことすら許されず。

24時間、同じ姿勢×7日間。

患部が安定しないため、些細な寝返りも禁止です。

 

食事もダメ。

その内3日間は、どんな水滴だって飲むのもNGです。

 

しかも、患部も痛いし。

痛み止めの注射を6時間おきに打ちましたが、全然寝れる状況じゃありません。

 

手術後。

1週間で寝れた時間は、トータル2時間くらいです。

 

7日間の睡眠時間が、約120分。

痛みやら不快感で、とても眠れる状況じゃなかった。

 

無事に退院しても、ホルモンバランスの影響か。

手術の恐怖が身体に刻み込まれているのか。

全然、寝れなくなってしまいました。

 

結局、タイに21日間滞在しましたが、それでも寝た時間は1桁だと思います。

どれだけ目の下にクマができても、睡眠障害のせいで眠ることができず。

 

身体が本当に疲れて衰弱している状況ですら、漠然とした不安がつきまとって。

眠ろうと思えば思うほどに、意識が冴え渡りました。

 

退院して、日本に帰国しても。

まだめちゃくちゃ痛いし、精神的に不安定になるし。

食べたものは全て吐いて、体調最悪。

 

ウインダー・イン・ゼリーを食べても、その全てを嘔吐しました。

深夜になっても、1時間毎に吐き気が押し寄せたり。

一緒に寝ている母が救急車を呼ぼうとするほど、心身共にやばかったです。

 

それから、時間をかけて。

ご飯が食べられるようになって。

足をひきずらなくても歩けるようになって。

 

少しずつ、少しずつ。

容態が安定してきました。

 

スポンサーリンク

性転換手術のストレスきっかけで不眠症を繰り返す日々

手術が終わって半年が経過しても。

まだ、昔のように寝れないでいました。

それほど性転換手術は、私にとって強いストレスだったから。

 

それから、金融会社に就職して。

少しずつ、昔のようにぐっすり眠れるようになりました。

 

日常が安定してきたら、ふと「女性の姿で学校に行きたい!」と思って。

会社で貯めたお金を使い、IT系の専門学校に通います。

ここから、また眠れなくなりました。

 

慣れないプログラミングのストレスやら。

同級生にストーカーされて、深夜に大量のメールがきて自宅前にその子がいたり。

色々と事件が起こりすぎて。

 

また、ストレスが許容量を超えたのか。

一睡もできず、睡眠導入剤に頼る日々です。

 

ようやく学校を卒業して。

ゲーム会社に就職しました。

 

入社当時でも、まだ睡眠障害で苦しんでおり。

徹夜したまま初出社したりもして。

それでも、仕事が慣れてきた数か月後に、また昔のように眠れてましたが……。

 

社員の半数以上が月に1回以上も遅刻する、ブラック会社。

マジメな私は、睡眠障害で苦しみながら遅刻なし&欠席なしをキープしてるのに。

「飲みすぎて寝坊~!」と、劣悪な人間が多くてストレスが溜まりました。

 

ついでに、残業代も出ないし。

放置プレイで、ガシガシと作業を任されて。

どんどんと病んできちゃったね。

 

結果、また寝れなくなりました。

睡眠導入剤の薬も、もっと効果が高いのを飲むようになって。

毎日が、薬三昧で。

 

結果、うつ病で退職したんですが。

退職して1年以上経っても、進行形で睡眠導入剤を飲んでます。

 

スポンサーリンク

眠れないからもう死にたい

性転換手術がきっかけでーー。

不眠症を繰り返すようになった話でした。

 

タイで手術を受けるまでは、寝れなくなったことはなくて。

修学旅行で枕が変わっても、ぐっすり熟睡してました。

 

それなのに……。

あの日、あの時、あの瞬間で経験した地獄のような日々を経験してから。

私は不眠症になりました。

 

つい最近まで、また性転換しにタイに行く夢を見るほどです。

脳裏にあの恐怖が染み付いて、私を離しません。

 

きっとこれから先、永遠に。

不安なことがあって、ストレスを感じれば感じるほど。

身体に刻み込まれた性転換した記憶が蘇って。

手術前、不安で眠れなかったあの夜を繰り返すんだと思います。

 

▼不眠症の方にオススメの記事です。

おやすみサプリ「SUYARi」レビュー

 

▼LGBT特集はこちら。

性転換ぼっちの憂鬱

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)