子供は風の子、大人はサディスト!冬は嫌な思い出がフラッシュバック

告白します。

子供の頃、純度100%の笑顔で大人にいじめられました。

 

冷たい風が突き抜ける、冬。

「子供は風の子、大人は火の子だよ」

 

体育の授業は、半そで、半ズボン。

小学校の先生は、長そで、長ズボン。

「いや、子供でも寒いからね」

 

子供は風の子』という名の虐待。

嫌な思い出がフラッシュバックする、古くから伝わるサディストあるある。

ことわざの意味や、大人にいじめられた過去をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

子供は風の子、大人は火の子の意味

子供は風の子とは

子供は、寒い風の中でも、平気で遊びまわるということ。

また、冷たい風が吹いていても、家の外で遊ばせた方が良いという意味もあります。

 

 

大人は火の子とは

大人は寒さに弱く、暖かい場所で過ごしたがるという意味です。

 

子供は風の子と対比させて、温かい部屋でぬくぬくとする大人を正当化。

冬に聞くと腹立たしい、子供が嫌いな言葉1位に君臨します。

(※独断と偏見でランキングを作りました)

 

 

スポンサーリンク

 

冬は嫌な思い出がフラッシュバック

「風船で飛ばされそう」

私が子供の頃に、よく言われたセリフです。

 

正直に言いますね。

小学生のとき、体重は10キロ代でした。

それなのに、「子供は風の子だよ」と連呼する大人たち。

 

人を選んで言葉をチョイスしようか。

痩せているということはね、冷たい風がダイレクトに体に染みるのね。

筋肉と脂肪が少ないから、寒さ耐性0。

それが、私なんだわ。

 

もしも、夢が夢のままなら、ずっと悪夢なんだわ。

いつも、君が君のままなら、ずっとサディスト先生なんだわ。

 

言葉は何のためにあるの。

ガリガリの人の気持ちも知らずに、「子供は風邪の子」とか言わないで。

ふつーに寒いからね。

 

半そで・半ズボンで校庭に集まる、体育の時間、5分前。

寒さに震える世界から見えた、景色を教えてあげようか。

 

暖房が効いている職員室で、長そで、長ズボンのアナタ。

完全防寒+温かい飲み物で、授業の合間にホッと一息するアナタ。

担任の先生、オマエだよっ~~。

 

「この、裏切りもんがー!!!」

それ以来、冬は嫌な思い出がフラッシュバックします。

子供は風の子、大人はサディスト

アナタのサディストを測る、一つの質問です。

「子供は風の子だよと、痩せている人に言ったことはありますか」

 

YESのアナタは、かかってこいよサディスト。

NOのアナタは、素晴らしい大人です。

 

ことわざの意味を鵜呑みにして、それが当たり前だと思うのは止めましょうね。

何事も、例外はあります。

子供が火の子でも、笑って許して下さい。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)