何回も殺されては目が覚める。物心ついたときから夜が怖い。

夜が怖い

何回も殺されては目が覚める。

夜が怖くて、死ぬ夢ばかりをみて、また不安になって。

 

一つ、夜が怖い。

二つ、夜が怖い。

三つ、夜が怖い。

小さいときに感じた、夜の怖さを書きました。

 

スポンサーリンク

 

物心ついたときから夜が怖い

太陽が沈んで、夜が来る。

当たり前のことなのに、夜が来るのが怖くて一人でいるのが不安でした。

物心ついたときから、ずっと。

 

5才の時、親や兄と一緒の部屋で寝ていました。

家族と一緒にいるのに、漠然とした不安に恐われる毎日。

 

不審者が侵入して、強盗殺人に巻き込まれるかもしれない。

刃物をつきつけられて、バラバラに刺されるかもしれない。

 

その時は家族を見捨てて、ベランダから飛び降りて逃げよう。

骨がボロボロになっても、誰かに殺されるよりはマシ。

 

小さい頃から、何回も殺されては目が覚める。

 

私が見る夢は、銃で撃たれたり、刃物で刺されたり、不幸な結末でいつも苦しみながら死にます。

バッドエンドの夢を何回も見るくらいに、寝る直前は不安でいっぱいでした。

高校生になっても17時以降は不安でいっぱい

やがて、私は高校生になりました。

日が沈む17時以降は、基本的にもう出歩きたくない。

 

夜になって一人で外にいるもんなら、5秒に1回くらい後ろを振り返ります。

少しでも怪しい人間を見つけたら、立ち止まって相手を観察。

 

不安対象が目の前を通過してから、ようやく再び歩ける。

はたから見れば、常軌を逸していますが、それくらい不安でした。

 

高校生になってアルバイトをしたら、帰る時間は夜の10時。

私としては、もうジ・エンド。

 

帰れる許容時間を過ぎているので、バイト先の先輩に家まで送ってもらいました。

それが難しいようなら、とんでもない交通違反のスピードを出しチャリで帰ります。

今思い返しても、末恐ろしい高校生。

 

スポンサーリンク

 

夜が怖いことに理由なんてない

前世で誰かに殺された?

精神論でしか理由を説明できないくらい、心あたりがありません。

物心ついたときから、夜は大嫌いでした。

 

理論的に分析したとしたら、テレビから流れる凶悪な事件を聞いてるうちに、心が闇に染まった?

「怖い人間がたくさんいて事件がある」という報道により、私の魂が汚染されたとしか考えられません。

病院に行ったりしましたが、明確な理由はわかりません。

生きることは不安の連続

それから大人になりました。

今では夜を怖いと感じることはありませんが、それでも違った不安を感じます。

 

ーー将来は何をして生きているのか。

ーー今こうしてブログを書くことは正解なのか。

ーー年金はもらえるのか。

 

ずっと不安でイライラして、誰かのせいにして全てを投げ出したいと思うときもあります。

きっと生きることが怖い。

生きるだけで、私は常に不安です。

 

不安な気持ちを胸に残しつつ、もう少しだけがんばってみよう。

そう思っても何かの拍子で落ち込むので、人間って面白いですよね。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)