1年間を振り返る春組ストーリー【A3】エールで満開!ネタバレ感想

【A3】エールでMANKAI

出典 A3 / 公式ツイッターより

春組旗揚げ公演『ロミオとジュリアス』

それから月日が経ち、劇団員たちも立派に成長しました。

 

1年間を振り返るストーリー『咲かせよう!エールでMANKAI』のネタバレ感想です。

1~3話をまとめました。

 

春組たちの想いや葛藤、そのすべてを目に焼き付けましょう!

 

スポンサーリンク

 

【A3】咲かせよう!エールでMANKAI☆ネタバレ感想

ストーリーのあらすじ

内輪で行う新生MANKAIカンパニーの一周年記念パーティーが来週に迫ったある日、談話室に集合した劇団員たち。

話し合いのなかで、日頃お世話になっている監督にサプライズプレゼントとして、『メッセージブック』を作ることに!

 

一冊のノートを順番に回し、各自一ページずつ手紙を書いていく。

劇団員たちが手紙を書きながら思うのは、監督との出会い、忘れられないあの瞬間、そして……これからのこと。

 

ひとりひとりがノートに綴った思いとはーー。

出典 A3 / ストーリー概要より

 

スポンサーリンク

 

第1話

ポイント!

  • 監督さんにメッセージブックを渡そう、と企画する劇団員たち。

 

【寮内】

左京
……全員揃ったみたいだな。始めてくれ
咲也
はい!
咲也
ええと、今回集まってもらったのはーー
咲也
来週に迫ったMANKAIカンパニーの1周年のイベントについて話し合うためです
万里
パーティーの中身はもう決まってんだろ
準備は各係順調に進んでるみたいだよ
咲也
そのパーティーで劇団員全員から、カントクに何かサプライズプレゼントを贈ったらどうかなと思いまして
天馬
へー
一成
個人的な記念プレはあげちゃったけど、全員でっていうのはいいかも!
天馬
記念プレ?そんなの、いつの間にあげてたんだよ
一成
あれ?テンテンはあげてないの?
天馬
いや、オレは、別に……
どうせこっそり自分だけあげたつもりになってたんでしょ
天馬
な!うるさい!
三角
オレもあげたよ~
みんなが考えることは同じだね
でも、全員からとなると、思い出になるしいいんじゃないか
……すこしずつお金出すとか?
二十人いれば結構な金額にはなるよな
十座
問題は何にするか、だよな
大抵の物はそれぞれ贈ってるだろうしな
シトロン
折り紙で鶴、千羽作るネ!
太一
それ、別の意味になるッス!
あの……メッセージブックはどうでしょう?
咲也
メッセージブック?
この間、転校しちゃうクラスメイトに、クラスのみんなで1ページずつメッセージを書いたノートをあげたんです
とても喜んでくれたので、どうかなと思って……
左京
へぇ、いいんじゃねぇか
ただ物を買って贈るよりも、気持ちがこもってる感じがするね
真澄
アイツへの気持ち、1ページじゃおさまらない……10冊くらいは使う
シトロン
1冊にも収まらないネ!?
辞書並みの厚さになりそうだな
ただの迷惑アイテムでしょ
う、うーん、1冊にまとまってた方が、カントクさんも見やすくていいと思いますよ
全員平等に1ページってルールだし。その中で、どれだけ監督さんにアピールできるかが勝負だな
真澄
ーー
真澄
お前らには負けない。1ページで10冊分詰め込む……
まーがんばれ
至さん、真澄の扱いが大分うまくなりましたね
単純だからね
一成
それじゃあ、早速ノート買いに行こうよ!
そうだね。春組から順番に回していくので、当日まで間に合うように書いてください
咲也
うん!
シトロン
がってんダヨ!
監督さん
ただいまー
咲也
!!
監督さん
あれ?みんな集まってどうかしたの?
まずい、ごまかさないとーー
天馬
な、何の話だ!?オレたちはただ、ちょっと、そのーーおしくらまんじゅうしてただけだ!
咲也
お、おしくらまんじゅう、押されて泣くな!
三角
おしくらまんじゅう~!
太一
お、押されて泣くなッス~
万里
……他になんかなかったのか
監督さん
ええと、楽しそうだね?
監督さん
そうだ。みんな揃ってるなら、ちょうどよかった
監督さん
明日から劇場の方に業者の人が入るから、しばらくの間立ち入り禁止ね
業者?
監督さん
安全のため、設備の点検してもらうの
劇場、もう大分ボロいからな……
シトロン
夜入ると、廃墟みたいでドキドキお化け屋敷ダヨ~
万里
あの椅子も、長時間座ってるときついよな
咲也
頑張って稼いで、ちょっとずつ改築していきましょう!
椅子は皮張りのソファがいいね
左京
却下。予算がかかりすぎる

 

ちょこっと感想!

おしくらまんじゅうで、夢見るよ。

知らないふりして、体を密着。

LOVEツボミが満開ブルーミング!

 

スポンサーリンク

 

第2話

ポイント!

  • 真澄と綴、それぞれの一年を振り返る。

 

【寮内】

じゃあ一番手は、真澄くんでお願いしますね
一成
まっすー、自分だけで全ページ埋めちゃダメだよん!1ページ書いたら、ちゃんと誰かに回してね!
真澄
……わかってる。これは1ページ限りの真剣勝負だからな
す、すごい気迫ですね
一成
それじゃ、よろろん~!
真澄
……
真澄
監督へのメッセージ……
真澄
初めて会ってから、まだ1年しか経ってないのか
真澄
ビロードウェイの街角で、アイツのストリートACTを見てから、1年……
真澄
最初は、なんてつまらない芝居なんだろうと思った。それなのに、何故か目が離せなくて……
真澄
アイツが一生懸命やってるから、ずっと見てるうちに胸が熱くなってきて、心臓が握りつぶされたみたいにぎゅってなった
真澄
誰かに対して、抗えないような引力を感じたのは初めてだった。生まれて初めて、他人のことを知りたいと思った
真澄
あの日から、俺の人生は変わった。監督のためだけに始めた演劇も、いつの間にか俺の生活の一部になってた
真澄
……
真澄
主演だった青年アリスも、監督に認められるためだけに頑張ろうと思ったのに、結局自分が楽しんでた
真澄
芝居も、演劇を初めた頃よりもずっと上達したと思う。でも……
真澄
まだ足りない。監督に認めてもらうためには、もっと……
真澄
もっと役者としてレベルアップして、他の誰よりもーー
すうすう……むにゃむにゃ……
真澄
……はぁ。綴は寝ててもうるさい
真澄
そういえば、このうるさい生活も、いつの間にか俺の生活の一部になってた
真澄
今まではずっと1人きりの家に帰るだけだったのに……
真澄
前はもっと静かだったけど……まあ、今の生活も悪くない
真澄
俺の人生を変えてくれたのはアイツだ。楽しいって思えることが増えたのも、全部ーー

 

 

【回想】

真澄
ビロードウェイでストリートACTしてた。アンタの芝居が好きだから、俺も同じようにがんばっただけ
監督さん
私の芝居が……?あんなに下手で大根なのに
真澄
関係ない
監督さん
ーー
監督さん
……ありがとう、真澄くん

 

真澄
……ありがと、監督
ふああ……って、もうこんな時間!?やばい、今日はバイト朝番ーー
じゃないか……一日のんびりできるんだっけ。次の脚本のアイデアストックでも増やすかな……
真澄
すうすう……
ん?
おい、真澄、椅子で寝ると体痛くなるぞーー
ああ、監督にあげるメッセージブックを書いてたのか。まさかこいつ、徹夜したのか……?
真澄
すうすう……
次書くから、もらっていくぞ
まさか全ページ埋めてないよな?
ーーって、字、ちっちゃ!?
一応、1ページに収まってるけど、これ読めないだろ!耳なし芳一か!
真澄
すうすう……
はあ……
筆圧で裏のページぼこぼこだし、この重いページの裏に書くの書きづらいな……
とりあえず、『監督へ』とーー
……
改めて監督へのメッセージとなると、なんて書いたらいいものか……
うーん……
一応脚本担当なのに、情けない
脚本担当か……1年前は自分が劇団で脚本書いてるなんて、思わなかったな
憧れてはいたけど、脚本家やりたい人間なんて山ほどいるし、本当になれるなんて思わなかった
大体脚本志望のくせに、ちゃんとした本を1本も書いたことないなんて、我ながらふざけてるというか、何というか……
でも、監督は信じて任せてくれたんだよなぁ……

 

 

【回想】

一週間……一週間だけチャンスをもらえませんか。それでダメなら諦めます。稽古も出るんで
監督さん
綴くん……
監督さん
わかった。一週間、稽古は出なくていいよ。その代わり、必ず脚本を一本仕上げて
え……いいんすか?
監督さん
それで、中途半端なもの出して来たら、怒るから

 

切羽詰まった状況だったとはいえ、いや、そんな状況だったのに俺を信じてチャンスをくれた
そのおかげで、俺は脚本を書き続けていられる
もし、あの時任せてもらえなかったら、途中で挫折してたら、俺は今でも1本も書き続けられないままだったかもしれない
そう考えると、すごい転機だったよな……
この1年、ずっと脚本と演劇のことばっかり考えていられた
行き詰って苦しい時もあったけど、みんなのおかげでやっていけた
脚本担当として、みんなと一緒に舞台を作り上げるのは、本当に楽しくて幸せだと思う
自分1人で話を考えるよりも、みんなと一緒の方がもっと、ずっと色んなことができる
そういえば、今度学園モノとかもやってみたいって言ってけ。『監督、もし学園モノをやるなら1つアイデアがーー』
それに古典をやるなら、コテコテの題材もいいよな

 

ーーと、もうページ入らないな
結局次の公演の話で埋まっちゃったか。いつもと同じような話で1周年メッセージって感じじゃないけど……
まあ、いいか
ーーよし。次は、至さんだよな
ノート書けたんで、部屋に渡しに行きます
りょ
あの人、休日はまじで朝から晩までゲームから手ぇ離さないし、ちゃんと書くかな……

 

ちょこっと感想!

皆木綴、渾身のデビュー作。

『ロミオとジュリアス』

初執筆とは思えないくらいのクオリティでしたね。

 

スポンサーリンク

 

第3話

ポイント!

  • 至とシトロン、それぞれの一年を振り返る。

 

【寮内】

足装備、キター!これで勝てる!
至さん、ノート持ってきました
今、手が離せないからその辺置いといて
はぁ……入りますよ
げ、また散らかってるし……
最近仕事が忙しくてさ
帰ってきてもゲームばっかりしてるからでしょ……。少しは掃除した方がいいっすよ
大丈夫。どこに何があるかはちゃんと把握してるし、使いやすいように最適化された配置だから問題ない
うちの兄貴と同じ理論持ち出すし……
……どっちの兄?一番上?
そうっす。ずっとあちこち放浪して全然帰ってこないんですけど、勝手に片づけると、どこに何があるかわからないって怒るんすよ
気が合いそうだ
っし、腕装備も揃った!
メッセージ早く書いちゃってください。当日まで間に合わないっすよ
後でやるって
この部屋にノートが埋もれたら困るんで、書き始めるまで見張っときます
えー
早くしてください
はいはい。わかったよ
ーーちゃんと持ったぞ。これでいいんだろ
書いたら次、シトロンさんと咲也に渡してくださいね
俺、そもそも手書きって苦手なんだけど。パソコンばっかだから、漢字忘れちゃうんだよね。お前もじゃない?
知らないっす!
ーーあ、綴
はい?
お兄ちゃんで慣れてるなら、この部屋片づけてくれてもーー
至さんの場合はどうせすぐ散らかされるんで、バイト代もらってもやりません
冷たい……
さて、メッセージねぇ。どうしたもんか……
あいつら何書いたんだ?
ーー真澄のページ、目が痛い
綴は手紙っていうか私信か……俺も、こんな感じにしよ
……
1周年ね……まさかこんなに長くここにいるとは思わなかったな
三食付きは魅力だったけど、他の連中との距離感が近すぎたし、何より演劇なんて本気でやるつもり全然なかったし……
なんのために劇団入ったって、生活費削減のためとか……我ながらひどいよな
演劇をやりたくて入ってきた咲也や綴とはえらい違いだ。旗揚げ公演の時も、その温度差に挫折したっけ……

 

 

【回想】

今のうちにやめた方が、他の人探す時間もあるからいいと思う
監督さん
……
そういうわけだから、みんなには明日話そうかとーー
監督さん
ーー待ってください!!
監督さん
演劇には今でも全然興味ないんですか?みんなと舞台に立つことなんて、どうでもいいんですか?

 

監督さんに引き留められた時、突っぱねられなかった。自分でもなんでかわからないけど……
宙ぶらりんのまま、あいつらにも変なストリートACTで引き留められたんだっけ。あれはつくづくひどかった
でも、結局それでほだされちゃったんだよなぁ……
いや、俺自身、本当は心のどこかで残りたいと思ってたのかもしれない。あいつらと一緒に最後まで芝居がしたいって……
……
残ってよかった、よな
劇団には必要だって言ってもらって、ここに残ってよかった。おかげでゲーム以外にも楽しいものが色々見つけられた
……これも監督さんのおかげかな
『これからもよろしくね』と
まだ余白があるな……ゲームキャラの落書きでもしとくか

 

咲也、シトロン、いる?
シトロン
ハーイ
例のノート。綴が早く回せってうるさいから、ちゃっちゃっと書いてきた
シトロン
例のブツ、ネ!よろしく処理するヨ!
一気に怪しいな。次、咲也が書いたら、夏組に回しといて
咲也
わかりました!
ーーあ、これ、机の上に置いたんだ?
咲也
はい!
おはよ、ロボ1号
シトロン
さてと、ワタシもちょっちゅと書くネ~
咲也
ちゃっちゃと、ですよ
咲也
シトロンさんはどんなメッセージを書くんですか?
シトロン
フフ……秘密兵器があるネ
咲也
秘密兵器?
シトロン
じゃーんっ!ダヨ!
咲也
……筆ペン?
シトロン
ただ書いても、みんなとの差はつけられないネ。今こそサコダに授けられた技を見せる時ダヨ……
シトロン
必殺……シャシャシャシャ……!
咲也
わあ、すごいですね、シトロンさん!すごい達筆で何をーー
咲也
『一回一円』……?
咲也
ええと、その、お安いですね
シトロン
出会いに感謝する言葉ネ
咲也
それ、もしかして『一期一会』なんじゃ……
シトロン
……
シトロン
ビロードウェイで、春組のみんなのストリートACTを偶然見かけたこと、カントクが劇団に誘ってくれたこと……
シトロン
きっと全部偶然じゃない。運命だったと思う
シトロン
追手が街まで追って、迷惑がかかるから劇団を離れようと思った時も、カントクはワタシを受け入れてくれた
シトロン
劇団の一員だって引き留めてくれた

 

 

【回想】

シトロン
……どうして、そこまで言ってくれるネ?
監督さん
だって、公演には絶対みんな揃って出てもらわなきゃ
監督さん
シトロンくんが滑舌やイントネーションのことですごく努力してるの、知ってるよ、お芝居もどんどんよくなってる
監督さん
何より、すごく楽しそうに稽古してくれるのがうれしい
監督さん
それに、シトロンくんのおかげで空気がなごむし、みんなにもいい影響を与えてくれてるでしょ
監督さん
私だけじゃなくみんな、シトロンくんとこれからもずっと一緒にやっていきたいと思ってるはずだよ

 

シトロン
立場も何も関係なく、ただワタシという一人の人間を受け入れてもらえたことが、本当にうれしかった
シトロン
いつかは、みんなと別れなければいけない時が来る。でも……
シトロン
この劇団のことも、みんなのことも、絶対に忘れない。忘れられない
シトロン
……カントクとの出会いは、一生モノダヨ

 

ちょこっと感想!

春組のみんなと出会えたことは、一生モノ!

咲也、真澄、綴、至、シトロン、本当に一年間お疲れ様。

感動をありがとう。

私が好きな推しメンは茅ケ崎至

私は『茅ケ崎 至』神推しです。

見た目は王子キャラ、中身は廃人ゲーマー。

一流商社マンとして働きながら、このギャップはキュンしちゃいますね。

 

正統派メルヘン劇が得意な春組。

千景も加わって、ますます目が離せませんよ!!

A3は登場キャラが多いので、各組ごとに推しメンがいますが……それはナイショの話。

 

▼続きのネタバラはこちら

1年間を振り返る夏組ストーリー【A3】エールで満開!ネタバレ感想

 

▼A3特集はこちら

A3特集

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)