仕事を辞めた理由!新卒入社したゲーム会社を2年目で退職した体験談

新卒2年目で退職した理由

そうだ、仕事辞めよう!

新卒入社したゲーム会社を2年目で退職した、体験談です。

 

希望に胸を膨らませて入社したゲーム会社。

その想いとは裏腹に、仕事のストレスでうつ病と診断されました。

仕事を辞めた理由を、赤裸々に語ります!

 

スポンサーリンク

 

新卒入社したゲーム会社は、遅刻魔がいっぱい

IT系の専門学校を卒業して就職したのは、ゲーム会社。

ゲームを開発するプログラマーとして、働きました。

 

「どうせ働くなら、昔の私が夢中になっていたゲームを作りたい」

これが、志望動機。

 

初出社の前日。

緊張して寝られなかったけど、時間通りに会社に出勤しました。

 

初日は、楽しかった。

挨拶して、パソコンのセットアップして、一日終了。

 

次の日の朝。

定時に出社しても、誰もいなかった。

先輩や上司たちは、30分ほど遅刻して出社。

 

「は、はい……?」

この時から、先輩たちに不信感を覚えました。

 

私が働いていた会社は、みなし残業。

あらかじめ残業代を含めて、給与を払うスタイルです。

 

どんなに残業しても、残業代は一律。

給与は、手取り16万円でした。

 

要するに、遅刻常習犯と残業フルコースの人も、お給料は変わりません。

マジメな人が、バカを見る世界です。

 

遅刻もしないで残業している私をよそに、ドヤ顔で遅れて出社する先輩が許せなかった。

会社の半数以上が、月に何度も遅刻します。

フレックスタイム制ではなく、決められた出社時間があるにも関わず、この現状。

 

入社して一週間。

遅刻する先輩たちに幻滅しました。

 

「昨日は月曜日だから、ずる休みしちゃったよー」

「あ、わかるー。そういう日もあるよね」

エレベーターの中、先輩たちはゲスい会話で盛り上がります。

 

仕事に対する取組みも、勤務態度も、そのすべてが尊敬できません。

先輩の顔を見るだけで、ストレスがたまりました。

 

スポンサーリンク

ゲーム会社を退職するまでの葛藤

新卒入社して2年目。

相変わらず遅刻&欠席を繰り返す、先輩たち。

 

朝の全体朝礼。

「遅刻はダメだよー」

社長の叱咤があるにも関わらず、毎日チャットワークで遅刻連絡がありました。

 

立場上、注意もできません。

遅刻常習犯は、会社の先輩ですからね。

 

一人で悶々とストレスを抱え込みました。

働いている会社が嫌で、しょーがなかった。

その先輩たちと同じ空気を吸うのも嫌で、挨拶もする気もおきませんでした。

 

小さいボソっとした低い声で「お疲れ様です」と言って、反抗してみたり。

社内の人と話したくもないから、一人でご飯を食べたり。

 

残業して退社すれば、駅まで全速力でダッシュ。

この忌まわしい会社から、1秒でも早く離れたくて。

それほど、働いている会社が嫌いでした。

 

中途で入社した後輩が、三か月で退職したのを知ったときーー

「あ、いいなー」と、冗談抜きで思いました。

 

私も、今すぐに退職したい。

そう思う自分もいるけれど、新卒で3年以内に辞めるのは嫌。

 

サイバーポリスの転職を考えていたので、実務経験が欲しかった。

サイバー犯罪課の募集要項を満たすため、3年間はゲーム会社に在籍する予定だったのに。

 

将来設計を覆すほどに、もう我慢できなくなっていました。

あんなに夢中になって取り組んだプログラミングも、楽しく感じない。

 

ストレスが許容量を超えたのか、精神安定剤を飲まないと寝られない。

動機もひどくて、出社するだけで涙が出そうになる日もありました。

 

「ここまで無理して働く必要って、あるのかな」

残業代も、休日手当もつかない。

先輩たちは遅刻常習犯。

 

ゲームを開発しながらツールも作って、手取り16万円。

エンジニアとしてキャリアを積もうと思っていたのに、もう耐えられなかった。

 

こうして、新卒で入社したゲーム会社を2年目で退職することに決めました。

 

スポンサーリンク

退職した理由は、仕事のストレスでうつ病になったから

退職理由を上司にどう伝えるか、これが一番大変ですよね。

雇ってもらった恩を仇で返すみたいで、「辞める」と伝えるのが怖かった。

 

会社に伝える前から、心臓バクバクですよ。

「時よ!退職した後の未来に飛ばしておくれ」

本気で、早く時間が経たないかな~と思いました。

 

重くるしい話は苦手で、あの雰囲気だけで泣いちゃいそうですもん。

相手がどう思うか、と考えただけで心がギュと押しつぶされそう。

 

「今、お時間よろしいですか」

ビビリながらの震え声で、出社した上司に声をかけました。

 

「ストレスで寝られないので、今は精神安定剤を飲んでいます」

「療養のため、退職をさせてください」

 

上司に退職の意向を伝えました。

正確な本音はコレですけどね。

  • 残業代出ない。
  • 仕事量多い。
  • 遅刻魔の先輩たちと仕事をすると、ストレスが溜まる

 

ストレスで退職することは事実ですが、そう感じる背景までは話していません。

 

「遅刻や欠席、多くない?」

「悪ぶれもせず出社時間を守らない先輩たちの顔を見るだけで、ストレスで眠れなくなる」

と言っても、場の空気を悪くするだけですからね。

 

「ずる休みしちゃった」と、エレベーター内で公言する先輩がいる時点でOUT!

その話を聞くだけで、ストレスが爆発しそうでした。

 

本音と建前を使い分け、上司に退職理由を説明。

すると、「まずは病院に行ってきて医師の指示を仰いで」と、返ってきました。

「診断書がないと退職できないの?」と、頭に疑問符がよぎりましたね。

 

翌日、心療内科に行きました。

実際に寝つきが悪かったので、病院には1年以上も通っていました。

医師に事情を説明したら、サクっと診断書を書いてくれましたね。

 

『うつ病による不眠・意欲低下の為、就業は不可』

この診断書を提出して、引き継ぎして退職です。

 

新卒で入社した2年目の冬。

これから春がやって来るというのに、悲しい退職理由じゃないですか。

 

スポンサーリンク

ゲーム会社を退職したけど、後悔はない

新卒入社したゲーム会社を2年目で退職。

うつ病と診断されたのは、仕事のストレスが原因です。

 

残業代や休日手当もないのに、仕事量は多い。

先輩たちは遅刻や欠席を繰り返すので、マジメに働いている私がバカみたいに思えました。

 

会社の半数以上が、勤務態度に問題があります。

悪びれもなく遅れて出社する先輩たちの顔を見るだけで、はらわたが煮えくり返りました。

(※フレックスタイム制の会社ではなく、出社時間は固定です)

 

睡眠薬がないと寝られないほど、その会社で働くことが苦痛。

体の不調が治らないので、療養のため退職です。

 

仕事を辞めて、約1年が経ちました。

睡眠薬の量を徐々に減らしていますが、今でも少しだけ飲んでいます。

 

心にダメージを負ってまで、頑張る必要はないよ。

色々と不安なことも多いけど、退職したことに後悔はないです。

骨折したらギプスで固定するように、心の療養も大事にしてあげて。

 

▼こちらの記事もオススメ

職場の人間関係に苦しみ続け退職!新卒社員を辞めた私の退職物語

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)