無職になったけど後悔はゼロ!!キャリアウーマンの道は捨てました

憧れだったゲーム会社を退職して、無職になりました。

先の未来、これから何があって、どうなるのかもわかりません。

今回は『退職』という選択をした自分の葛藤を包み隠さず話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ゲーム会社を辞めてきました

『変化』はやっぱり怖い。

経歴に傷がつく。

給料だって少なくなるかもしれない。

その時の選択が必ず正しいかなんて言いきれないです。

 

それでも会社で働いている『10年後の自分』が想像できませんでした。

誰だって鮮明に未来を想像することは難しいけれど、

働くことがキライになっている自分は想像できました。

 

過労が続き夜は眠れなくなれ、誰かと話す気力すら起きなくなって、

『会社』や『仕事』が全部どうでもいいと思えるくらいに、全てを投げ出したくなりました。

 

「こんな毎日を過ごして60才まで働くのかな~」そんな風に疑問を問いかける毎日で、

いつしか働くことが『楽しい』とは思えなくなっていて……。

 

この先どっちに転んだって、何があるかは誰にもわからなくて。

だからこそ、いまこの瞬間だけでも『後悔しない』生き方を選ぼうと決めました。

後悔しない生き方を掴み取ろう

安定したお給料が大事?

自由奔放に楽しく生きたい?

 

価値観は人それぞれだから、何を選択するのが正しいかなんてわからないけど、

毎日を楽しく生きていきたいと私は思いました。

 

与えられた仕事のみを淡々とこなす毎日はきっとつまらくて、

自分が働きたいときにだけ、無理なく働きたい。

 

100人いたら100通りの考え方があって、後悔しない生き方なんてわからないけど、

自分が納得のできる答えを必死に考えました。

 

スポンサーリンク

 

「仕事を辞めないほうがいい」

親身になってアドバイスをされたって、最終的な結論は自分で決めるしかなくて。

その結果どうなろうと、自分が決めた道なのだから、後悔はしないようにしよう。

 

納得して出した『答え』で、自分の人生に責任を持って生きていきたかった。

人生はいつだって不安がつきもの

会社に勤めていても、その会社が10年後もあるとはわからないし、

無理して働いたがゆえに体調を崩して、もう2度と働けなくなるかもしれない。

会社を退職したら、次の仕事はもっと過酷かもしれない。

 

どの『選択』を選んだとしても、そこには必ず『不安』がつきまとって、

選択を間違えたとしても、その先の選んだ『未来』しか知らないのだから、比較もできない。

 

後悔の連続かもしれないけど、結局は生きていかなければいけなくて。

もういっそのこと、後悔しない未来を選ぼう。

 

その選択が『退職』という選択肢だったとしても、胸を張って生きていこう。

やっとの思いで導き出した自分なりの『答え』を大切にしよう。

 

主役は『他人』ではなくて、『わたし』の人生。

わたしだけの人生なのだから、これからは好きに生きていこう。

 

【※閲覧注意】

19歳で性転換した無職シンデレラ。

私の闇は、こんなもんじゃない。

\絶望を追い越せ!春の特集/

春は友達が少ない~ぼっちに春休み特集~

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)