【性同一性障害】男から女になった私がLGBTの生きづらさを代弁!

【性同一性障害】男から女になった私がLGBTの生きづらさを代弁

私は、性同一性障害です。

男性として生まれながら、性転換して女性になりました。

未成年のときに。

 

心と体の性別が一致しないトランスジェンダー。

当事者の私が、LGBTの生きづらさ想いを込めて語りつくします。

 

スポンサーリンク

 

いつから性同一性障害と気づいたのか

「他の人と違うんだ」

私がそう確信をしたのは、10歳くらいのとき。

 

初恋の相手は、クラスの男子。

毛深くなる自分が絶望的に嫌いで、自分の性に違和感がありました。

 

華奢だった当時。

同級生の女子に「かわいい~」と言われるのが、何より嬉しかったです。

 

逆に「イケメン~」と言われると、反応に困りました。

顔が整っているという点では嬉しい。

ただ、自分の性を自覚するので複雑な感じです。

トランスジェンダーの苦しみは絶望的

第一次成長を迎えた頃。

テレビで『性同一性障害』という言葉が広まりつつありました。

 

私は直感的に「コレだ!」と確信。

ネットで色々調べて、とてつもなく絶望したことを覚えています。

 

私が私であるために。

本来の自分に戻るためには、莫大な費用がかかること。

 

性転換手術をするために。

2週間に1回、女性ホルモンを筋肉に打つ必要があること。

 

当時は、すべて保険適用外。

ホルモン療法&性転換の費用、全て自腹です。

 

手術をすれば、戸籍は変えられますよ。

ただ、可能な限り女性の体に近づけることしかできません。

言ってしまえば、完治なんてありえない。

 

この先、私がどんなに頑張っても。

「元男性」というレッテルは永遠に消えません。

 

他人から見れば、全てが作り物。

本物に見える、ただの偽物でしかなくて。

その現実と、一生向き合っていく覚悟なんてなかった。

 

まだ小学性なのに。

これほど未来に絶望したことはなかったと思います。

 

両親や先生にも相談できないから、ずっと自分でも悩んでいました。

正直なところ、もう生きたくなかった。

 

今すぐにでも死にたい。

それくらい、私は未来に希望を感じませんでした。

 

手術費用はどうするの?

女性として社会で働けるの?

親はそんな自分を応援してくれるの?

 

この時、味わった挫折。

その苦しみを、永遠に私は忘れることができません。

 

ガンにより胸を全摘出する人も辛いと思います。

ただ、私には最初から何もない。

 

頑張って手術をしても。

その決意を踏みにじるように、そのことを誰かにバカにされるかもしれない。

 

何度も言いますが、まだ小学生。

あまりにも酷な現実でした。

 

将来の夢を考える余裕もなくて。

「何になりたい」と悩むこともありません。

期待に胸を膨らませることすら、私には許されない。

 

自分が何者なのか。

ずっと自問自答を繰り返すような、辛い日々でした。

 

思春期って、コンプレックスで色々と悩むと思います。

私の場合は、生まれた性別ですからね。

どーすることもできません。

 

結局、自分の全てが嫌いになるんですよ。

それくらい、性の悩みはデリケート。

 

生まれながらのうつ病ですよ。

トランスジェンダーで悩む人が、心に闇を抱える理由。

私には、本当によく分かります。

 

一生治ることがなくて。

誰にも相談できなくて。

頑張って手術をしても、いわゆるレプリカ。

 

どこまでも続く平行線のように、完治はありえない。

少数派だから、理解されないことも多いのに。

一生をかけて向き合っていく。

 

LGBTの中でも、特にトランスジェンダー。

性同一性障害の人の苦しみは、想像以上ですよ。

 

私だって、本当は手術なんてしたくない。

お金もかかるし、何より絶対に痛い。

 

でも、それ以上に自分の体がキライだったから。

少しでも心の平穏を取り戻すため、性転換手術をしようと決めます。

 

スポンサーリンク

親でも難しい!性同一性障害の理解

幸いなことに、私の母親は応援してくれました。

ただ中には、理解できずに反対する人もいますよね。

手術費用を自分で負担するにも関わらず。

 

もしこれが、ガンの治療なら……。

迷わず応援しますよね。

「辛いよね、苦しいよね」って、寄り添って励ましてくれるのに。

 

宗教によっては、性転換手術なんて超タブー。

「神が与えてくれた性別を変えるな」的な信者、今でも一定数いると思います。

 

ねえ、教えてください。

ガンの治療はOKなのに、なぜ性転換手術は誰も応援しようとしないのか。

 

確かに性同一性障害は、死ぬような病気じゃないよ。

でも、心が死にそうになるくらい辛いです。

 

生きていて、「性」を意識しないことある?

そんなことありえないですよね。

 

当事者が一番苦しいんだよ。

必死で決めた決意なのに、それを否定して。

認めないのなら、それは「死んで!」ってことなの?

 

誰よりも葛藤して。

苦しんでいるLGBTの人が親にも否定されたら、もう悲しすぎるよ。

 

スポンサーリンク

生きづらさを感じているLGBTの方へ

セクシャルマイノリティの人達は、差別されることも多いけれど。

その度に、一喜一憂するけれど。

恥ずかしい過去なんて、一つもないから。

 

今、この瞬間。

悩みながらも、自分の性ときちんと向き合って。

生きようとする姿はカッコイイから。

 

だから、頑張って今を生きてください。

私の言葉は、頼りないかもしれないけど。

せめて強がりでもいいから、笑って生きて欲しいと切に願います。

 

▼LGBT特集はこちら

性転換ぼっちの憂鬱

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)