理解できない苦しみ!性転換しても一生リハビリ生活が辛くて死にたい

理解できない苦しみ!性転換しても一生リハビリ生活で辛くて死にたい

私は、性同一性障害です。

19歳のとき、タイで性転換手術を受けて「男」から「女」になりました。

 

やっと女の子になっても。

私には、死ぬまでリハビリ生活が待ってます。

 

リハビリを頑張れるのは、終わりが見えるから。

いつかその苦しみが報われると思うから、人は頑張れると思うのに。

一生リハビリ生活が続くと思うと、もう頑張れません。

 

当事者にしか理解できない、性転換後のリハビリの辛さを書きました。

 

スポンサーリンク

 

性転換しても一生リハビリ生活

19歳の時、性転換手術を受けました。

一人でタイに行き、「男」から「女」に性別を変えましたが。

私の身体には、リハビリが欠かせなくなりました。

 

人口的に作った穴は、身体的には傷跡。

何もしなければ、そのまま塞がってしまいます。

だからこそ、定期的にリハビリが必要。

 

リハビリって、終わりがあるから頑張れると思います。

この辛い時期を乗り越えればと、僅かな希望を胸に抱えてるからこそ。

辛い現実に立ち向かえると思うんです。

 

正直、死ぬまでリハビリは嫌ですよね。

国から手当てがもらえるなら、まだしも。

何ももらえず、誰にも分かってもらえず。

孤独にリハビリと立ち向かう日々、キミは想像ができますか。

 

性転換をした私の身体には、一生リハビリが必要です。

リハビリをしなかった場合、その時は穴が塞がって。

「男」でも「女」でもなくなる未来が待ってます。

 

性転換手術を受けた直後。

患部が治癒しようと必死に再生を繰り返すため、1日に2回リハビリが必要でした。

それを毎日。

 

朝、リハビリして。

ぐったりして、夜またリハビリして。

それでも、国から手当てがもらえるわけでもなく。

貯金を切り崩して、私は生活しました。

 

スポンサーリンク

療養が必要でも、誰も助けてくれない

性転換手術でリハビリが必要になって。

日常生活に支障をきたす程の療養が必要になっても。

「好きで手術したんだから」と、誰も助けてはくれません。

 

私は、タイから帰ってきた後。

10か月間は仕事を全くできず、自宅で身体を休ませてました。

貯金を切り崩しながら。

 

少し歩いただけで、患部は痛いし。

毎日、何時間もリハビリが必要で。

とても働ける状況にありませんでした。

 

私は、性転換費用とは別に当面の生活費を貯金していたので。

何とか生活することはできましたが。

性転換のリハビリを理由に、国から何かしらの手当てを貰うことは不可能ですよね。

 

そんな前例ないと思うし。

診断書に何て書けばいいかわからないし。

海外で手術してるから、きっと自己責任です。

 

例えば、人工透析が必要になって。

週に2~3回の透析治療をしているなら、何かしら援助を貰えますよね。

 

私なんて、毎日リハビリが必要なのに。

誰からも、1円も貰えませんでした。

最初から諦めてました。

 

今でこそ、リハビリの回数は少なくなりましたが。

それでも、週に3回は必要です。

死ぬまで、ずっと。

 

一生、リハビリが付きまとう私の人生。

日常生活に支障きたしまくりです。

 

スポンサーリンク

リハビリ生活で辛くて死にたいと思う理由

リハビリをすることは、もう慣れました。

まだ若いから、ある程度のことは頑張れます。

 

でも、年を重ねて。

例えば、私が60代70代となったとき。

そこまでして「生きたいのか」と、リハビリする意義が見出せません。

 

リハビリをしない、という選択肢もあります。

穴が塞がるだけで、命に関わるわけじゃないから。

 

でも、そしたら私は誰でもなくなって。

「男」でも「女」でも区別できなくなるのは辛いから。

リハビリを止めることはしないけど。

 

何十年もリハビリしてまで、生きたいと思わないから。

30代くらいで、周りから悲しまれながら死にたいと考えてしまいます。

 

仮に30代後半で亡くなっても。

リハビリ生活は、約20年です。

もう十分でしょ。

 

スポンサーリンク

苦しみは当事者にしか理解できない

今日も笑顔を作って、なんとか生きてるけど。

死ぬまでリハビリは、やっぱり嫌です。

 

何かあっても、性転換手術で国は助けてくれないし。

どうせ、自己責任で片付けられる。

 

私には一生リハビリが付きまとうけど。

それを理由にして、働かないことは許されなくて。

 

もし、この時計を進めることができるのなら。

寿命の最後の日まで針を進めて、さっさと死にたいです。

 

▼LGBT特集はこちら。

性転換ぼっちの憂鬱

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)