男だけど男が好き!同性を好きになって性転換した私の苦しみ

同性を好きになって

ぼっち充です。

私は、性同一性障害。

19歳のときに手術を受け、男性から女性になりました。

 

「男だけど男が好き!」

性転換前、同性を好きになって。

苦しい思い出もあります。

 

同性を好きになった当時の心境、赤裸々に書きました。

 

スポンサーリンク

 

同性を好きになった当事者に聞きたい”3つの質問”

1.男が男を好きになって

天の声
同性を好きになった後、どうしましたか?

 

A.どうもしません。

 

男性として生まれた私。

同性を好きになったのは、10歳くらいのときです。

学校の同級生を、好きになりました。

 

私の身体は、男性でしたが。

女性として、その相手に恋したので。

男性の姿で告白なんて、とても考えられません。

 

小学生は、残酷。

仮に告白しても、翌日から噂になるに決まってます。

いじめに発展する可能性もあるから、想いを伝える気はなし。

 

友達としてーー。

一緒に遊んだり、お喋りしたり。

そういう他愛のない日常で、我慢するしかありません。

 

一人の女性として、男性と付き合いたいから。

性転換前の告白は、ありえない。

恋心は、胸に秘めて終わりです。

 

スポンサーリンク

2.同性への愛の告白

天の声
好きな相手に告白しましたか?

 

A.性転換前は、告白なし。

 

恋心を打ち明けずに、友達としてさよならです。

仮に、恋が報われても……。

男性の姿で付き合いたくないので。

 

告白の結果がどうであれ、性転換前に誰かと付き合うのは嫌!

女性の身体になって、付き合いたいから。

 

報われる以前に、私の心は女性なので。

男性として男性と付き合う姿は、考えられません。

 

周りの目が気になるのも、一つの理由ですが。

それ以上に、私は女性として男性と付き合いたい。

 

スポンサーリンク

3.気持ちの整理

天の声
同性が好きな自分を、どうやって受け入れましたか?

 

A.受け入れていません。

 

今もなお、気持ちの整理がついてない。

「中途半端な姿でこの世に生を受けて、マジ迷惑!」と、今でも卑屈に生きてます。

 

ふつーに考えてさ。

ふつーに生まれたいじゃん。

ふつーの人生を送りたいの。

 

それなのに、19歳で性転換。

手術費用、全額自己負担だし。

その後のリハビリは、超絶大変だし。

 

「この身体に生まれてよかった!」と、思うことないでしょ。

自分のこと、好きじゃないし。

 

受け入れてない。

心底、絶望しながら生きています。

 

他人の芝生は青く見える、って言うしね。

自分の身体も境遇も、好きになれないけど。

もうどうしようもないじゃん。

 

受け入れてないし、自分のこと嫌いだけど。

「出来る限りのことはやってみよう」と、思ったの。

 

名前やら、性別やら、戸籍やら。

色々変えた今でも、「これでよかったのか?」っていう不安はあります。

そう思いながら、やれることは全部やるって感じ。

 

自分を受け入れるのは、難しい。

境遇を許すことはできないけど、今できることをやればいいのかなって。

そう思います。

 

スポンサーリンク

男だけど男が好きでも、別にいーじゃん

男だけど男を好きになった、私の思い出話でした。

他人と違う部分を受け入れるのは、本当に葛藤します。

(※特に性について)

 

同性を好きになった場合、両想いになるのは難しい。

基本的には、気まずくなって後悔して終わりです。

 

「どうして自分だけ」と、卑屈になってしまうけど。

心もギュって痛くなるけど。

誰か好きになる気持ちは、悪いことじゃないよ。

 

恋が成就しなくても。

人を好きになった気持ちは、恥ずかしくないし。

 

周りが何と言おうとも。

シャンと胸を張って、前を向こう!

自分の心にまで嘘をつくのは、辛いから。

 

▼LGBT特集はこちら

性転換ぼっちの憂鬱

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)