性転換が原因で幼少期からギャンブル依存症になった私の体験談!

性転換の費用を稼ぐ為にギャンブル依存!

ぼっち充です。

私は、男性として生まれました。

でも……心は女性。

 

性同一性障害と気づいたのは、小学生の時です。

手術の費用、数百万円を稼ぐために。

子供の私は、ギャンブルに依存しました。

 

性転換が原因で、幼少期からロト6詐欺に遭った私の体験談です。

 

スポンサーリンク

 

性転換が原因でギャンブル依存

もし、世界中を旅してもーー。

ギャンブルに依存してる子供は少ないと思います。

 

ですが、私は違います。

10歳くらいから、賭け事に夢中になりました。

 

未成年だから、パチンコやスロットはできません。

だから、宝くじに人生を賭けました。

 

その中でも、ロト6!

一等が破格の2憶円越えです。

完全に心を奪われました。

 

毎月のお小遣い。

毎年のお年玉。

頑張って貯めた全財産、約30万円が軍資金です。

 

「ロト6の攻略本」

数万円もする怪しい情報教材も、ネットで購入しました。

 

書くだけで当たる、魔法のボールペン。

持ってるだけで当たる、魔法の財布。

どれも1万円以上もしましたが、全部買いました。

 

私がギャンブル依存に陥ったのには、ある理由があります。

それは、性同一性障害だったから。

 

当時は、親にもカミングアウトできず。

何百万円もする、性転換の費用。

それをどうやって工面するのか。

 

小学生なりの私が考えた結論が、宝くじでした。

親に話しても反対されるし、国だって助けてくれない。

技術が高いタイで手術するには、莫大なお金が必要です。

 

子供にバイトはできません。

精神的にも未熟だった為、私がギャンブルに逃げるのは必然でした。

 

スポンサーリンク

体験談!幼少期からロト6詐欺の被害に

小学生の私には、宝くじを一人で購入できません。

保護者同伴で、やっとロト6が買えます。

 

怪しいサイトから購入した、怪しいマニュアル。

情報教材に書いてある通りに、数字を選びました。

 

1口、200円。

それを50通り。

ポケットマネーで、約1万円です。

 

私が払おうとすると、母親の目が引きつったのを覚えています。

これを全財産が尽きるギリギリまでーー。

毎週のように繰り返す日々。

 

私は、母親にひどく怒られました。

でも、宝くじを購入する理由は言えません。

 

別にロト6が外れてもいいのです。

私が死ぬだけだから。

 

この時の私は、生きる希望もなくて。

どうせ高校や大学には、ろくに行けないと思ってました。

 

学校に行く余裕があるなら、死ぬほどバイトをするから。

それで手術費用を稼ぐ方が、勉強より大事。

 

仮に性転換しても、リハビリ生活が永遠に続きます。

 

そう思うと、真面目に働いて。

手術費用を稼ぐことが、とても馬鹿らしく思えました。

 

言い訳をするようで申し訳ないですが。

子供の私が楽な方向に逃げるのは、当然です。

 

ですが、宝くじは外れました。

何度も死のうと思いましたが、私にはその勇気すらなくて。

 

「今度はどうやって死のう」

毎日、死ぬ方法だけを何十年も考えました。

 

頑張って、お金を貯めても。

どうせ、その先もお先真っ暗。

本物の女性に絶対になれないから。

 

男に生まれた自分の身体が大嫌いだし。

嫌悪感が強すぎて、美容整形に行ったこともあります。

 

生きることが苦痛でした。

小学生から、今もずっと。

 

スポンサーリンク

明日がこなければいいのに……

四六時中、死ぬことばかりを考える生活。

小学生から、私は生きることに絶望してました。

 

学校が休みの土日。

普通の学生なら嬉しいはずですが、私にとっては未遂の日です。

ありとあらゆることをやりました。

 

春休み、夏休み、冬休み。

長期休暇は、それこそ人生最後の休みだと思って過ごしました。

 

最初の1週間で宿題を全て終わらせます。

(死ねなかった時の為に)

 

次の1週間は、何も考えずにゲームをします。

死ぬまでに、楽しい思い出で締めくくりたいから。

 

残りの日数で、死ぬ予定でした。

でも、時は残酷ですね。

 

小学生から、地獄のような毎日を繰り返しても。

私は結局死ねずに、高校生になりました。

 

15歳を超えても、私の自殺願望は無くなりません。

それでも、もし死ねなかった時のために。

私は、バイトに明け暮れました。

 

あれから、10年。

私の覚悟が足りないのか。

生きたいという欲望が勝つのか。

私は、まだ生きています。

 

スポンサーリンク

死んだように生きる

結局、性転換の費用はコツコツとバイトをして貯めました。

幼少期からギャンブル依存症だった私。

今では克服して、ロト6の購入はゼロです。

 

私は大人になったけれど。

時々、とても不安になって。

やっぱり死のうと思う時もあります。

 

どうせ、性転換しても。

私の身体は全て偽物。

本物の女性になれることは永遠に叶いません。

 

やっぱり……。

明日がこなければいいのにと、強く願ってしまいます。

 

▼LGBT特集はこちら。

性転換ぼっちの憂鬱

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)