受かるニートの履歴書:自己PR&長所の書き方!偽優等生の例文だぞ

【自己PR】長所はこう書け!No1優等生が教える履歴書の例文だぞ

ぼっち充です。

カラフルな闇歴史を刻みながら、答辞を任されたNo1優等生。

……それが私であり、現在はニートです。

 

専門学校に入学して、新卒ゲームプログラマーとして就職した経験を元に。

自己PR、長所の書き方を紹介します。

ガチ模範生である私の例文を添えて、履歴書のアピールポイントを徹底攻略だ。

 

注意!

紹介する例文は、私の実話です。

面接官ウケがよさそうな、超絶マジメキャラを演じてるので。

その闇歴史と一緒に、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

【例文】自分の考える自己の長所3つ

1.積極性(フットワーク)

飲食店のジョナサンで、調理のアルバイトをしていました。

その職場では、自主的に習ってない料理のマニュアルを覚えたり、勤務時間外で作ったことがないメニューの調理などをしました。

 

その自主的な取り組みが評価され、年に1度、お店の中から1番頑張った人におくられる「ベストクルー」という賞を頂き、会社の本部で表彰されました。

2.緻密さ

金融会社でクレーム対応を2年ほどしていました。

正確な事務処理や商品説明などを心がけ、60人いる程スタッフの中で、唯一4か月連続事務ミス0を達成し、月のMVPになりました。

 

また、顧客対応を通して、ユーザーと正面から向き合うことも学べました。

相手の立場になって考え、代替案を提案したりお客様と一緒に悩んだり。

親身になって対応すると、最後に「ありがとう」と感謝の言葉を述べられました。

 

商品やサービスを提供するだけではなく、その後の会社としての対応が、CS(顧客満足度)を変えることを身をもって体験できました。

 

スポンサーリンク

3.研究心(好奇心)

私は好奇心から占術の勉強をしており、プロの認定試験に合格しました。

研究心をもって、持続して毎日勉強することはなかなか難しく。

合格した当時は、100前後しか合格している人はいませんでした。

 

合格するまで4年程かかりましたが、毎日持続して勉強したことは私の財産だと思っています。

 

なぜ勉強したのか!?

昔、母親がプロの占い師を目指しており、家に母親が挫折した占術の本がありました。

高校生の暇な時間に、好奇心からその占術の本を読んだのがきっかけです。

 

占いって怪しくないの!?

占いを信じている人も、信じてない人もいると思います。

その人の価値観で受け取り方は違うことでしょう。

だから、占いを信じなくても構いません。

 

でもそれでもなお、女子を中心に占いは人気があります。

一旦自分の枠組みを置いて、なぜ人気があるのかという相手の視点で物事を考えれば、考えが広がると思います。

 

スポンサーリンク

履歴書の自己PRは闇歴史です

これにて、優等生レッスンは終了です。

宜しければ、合いの手をお願いしますね。

「おまえの例文、闇歴史か!」と。

 

私の例文を元に、長所の書き方を紹介しました。

人それぞれアピールポイントは違うので、何とも言えませんが。

大事なことは、それっぽく書くことです。

 

もちろん、履歴書に嘘はダメですよ。

自分のいいところを、体験談を元に書いていく。

エピソードがないと、具体性に欠けますからね。

 

「長所が思いつかない」と悩んでいるなら、家族など身近な人に聞いてみて。

自分では気づけなかった、新しい魅力を発見できるかも?

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)