課題が終わらなくて泣きそうな君へ!オタクぼっちが実践した3つの技

課題が終わらない

ぼっち充です。

課題が終わらなくて泣きそう。

てか、泣く。

マジ徹夜コースで死にたい!!

 

宿題に追われると、精神的にきついし。

先生にも怒られそうだし。

何より成績に響くから、本当にうんざりだよね。

 

締め切り間近で、心がダークサイドに堕ちた学生諸君へ。

宿題に殺された私が、課題をやり過ごす悪魔的な技を3つ紹介しちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

課題に絶望しても死ぬな!ケアルガでHP回復してやっから

課題、終わらないよね。

おみくじで大吉を引いても、先生って容赦ないし。

ドン引きするほど宿題を出されて、今日も深夜コースとか普通にある。

 

私も専門学校で殺されたから、その気持ち本当によくわかるよ。

入学した学科が、プログラミング専攻でね。

パソコンに詳しくないのに、鬼課題だったから。

 

聞きなれないIT単語で頭が混乱したり。

初めて作るホームページに、発狂寸前で。

どんなに頑張っても、わからんものはわからないし。

 

朝9時から夜の19時まで、授業のフルコース。

その後、提出期限が翌日の課題を出されて。

「あっ、これ深夜突入コースだ……」と何回も絶望したもん。

 

変に真面目だったりするから、手は抜けないし。

やっぱり、全力で課題に取り組みたいけど。

忙しすぎて時間がねぇーっ、て感じだよね。

 

土日だからって、宿題をいっぱい出されても。

バイト8時間入れてたら、課題はできないし。

こちとら、学費を稼ぐので一生懸命なんだけど。

 

そんな背景も知らないで。

先生たちは、満面の笑みで課題を出すでしょ。

「これでもくらえ!!」って感じで。

 

その上、センコーは休日ライフを満喫してて。

映画観たとかスキーしたとか、授業開始に自慢してくるし。

「貴様~!!」ってイライラするよね。

 

眠いのをこらえて、徹夜して。

泣きそうになりがら課題をしてると、やっぱり辛いよ。

宿題が出されるって聞くと、それだけでビクつくもん。

 

課題が終わらない理由は色々あると思うけど。

過ぎた時間は、もう戻ってこないから。

一緒に解決策を考えよう!

 

スポンサーリンク

課題が終わらなくて泣きそうな時の対処法3つ

1.頑張る

理想はコレだよね。

徹夜してでも、頑張る。

 

とは言っても、人間だから。

そんなに踏ん張れないよね。

 

全ての課題を本気で取り組むのはさ。

ダイエットで例えると、何も食べずに痩せよう!

的な、超レッドゾーンだからね。

 

毎日、課題に全力投球しちゃうと。

後で反動がヤバイから、特にストレス。

頑張るのは、全部じゃなくていいよ。

 

結局さ、宿題は宿題でしょ。

死にたいと思いながら、やる課題ではないから。

 

そうそう、宿題なんてやらなくてもいいの。

頑張って優等生を演じても、いつかガタがくるって。

 

私もね、なんだかんだマジメキャラで。

答辞を任されるほど、完璧にイイ子ちゃんを演じ切ったけど。

やっぱり、もの凄く疲れるよ。

 

課題が好きで好きで。

三度の飯より大好きなら、こんな記事は読んでないと思うし。

かなり切羽詰まった状況なのは、分かってるから。

 

もう、これ以上頑張るなって。

これ以上頑張らないために、頑張るって感じ。

 

スポンサーリンク

2.手を抜く

これ大事!

とりあえず、課題の最低限ラインをやると。

 

テストで例えると、平均点ならOKみたいな。

赤点回避なら、もうそれ完璧じゃねって感じ。

 

とりあえず、適当だけど課題はやりました。

単位もらえます→オールOKだよって考え。

 

学校の成績なんてさ。

世間からしたら、本当に大したことないから。

あくまで、その学校の中での評価でしょ。

 

それより、学校を卒業した先で。

社会人として働く方が、よっぽど大事だと思うんだよね。

だから、今は休ませてって感じ。

 

大人になってから、本気出すから。

今は全力で身体を労わると。

 

私も心は痛むけどね。

死にたいほど絶望的な課題なら、イライラするよりさ。

サクっと終わらせて、完璧を求めすぎない方が絶対いいね。

 

 

スポンサーリンク

3.諦める

コレは最終奥義だね。

諦めるって言っても、全てを諦めるわけじゃない。

学校を卒業できるギリギリの課題しか、提出しないってこと。

 

私の専門学校は、単位制だったけど。

以下の条件を全て満たしたら、単位がもらえるの。

  • 成績は60点以上。
  • 課題提出は8割以上。

 

課題提出8割で単位をもらえるなら、残りの2割は捨てていいわけ。

緻密な計算が必要だけど。やらなくてもいい課題もあると。

それを取捨選択して、あえて課題はしない。

 

正直、卒業したらこっちの勝ちだから。

「コレ無理だな」って課題はやらない選択もあるよ。

 

もし万が一、課題提出の数が足りなくて。

補修になったとしても……。

大体、おまけで再提出とかになったりするわけ。

 

学校としても、一人でも多く「進級」や「卒業」させたいので。

再提出の課題は、通常の課題より甘いことが多い。

ボーナスステージだよね。

 

普通の課題でOKでも。

再提出の課題でOKでも。

単位がもらえるなら、それは同じ単位だから。

 

一番めんどくさいのは、単位を落とすことだし。

そしたら、成績表にも書かれるかもだけど。

再提出の課題で単位がもらえるなら、オールオッケーじゃない。

 

あえて課題を捨てて。

再提出を狙うことも、アリよりのアリだよ。

 

スポンサーリンク

課題が終わらない学生諸君へ

課題が終わらなくて、泣きそうでも。

単位さえもらえれば、私たちの勝ちだから。

まだ、諦めないで、長い夜を生き抜こう。

 

基本的な戦法は、3つだよ。

  1. 張る。
  2. 手を抜く。
  3. 諦める。

 

この記事を読むくらいだから、ギリギリの状況でしょ。

なら、「2」か「3」でしょ。

適当に課題提出することを、頑張るって感じ。

 

それでも、全ては諦めないで。

あくまで、完璧主義を諦めるんだよ。

留年とか、単位もらえないとかは全力回避して。

 

死にたいくらい、課題の締め切りが絶望的な学生諸君へ。

理想的な100点満点の優等生は、放棄していいから。

とりあえず、単位だけはゲットしよう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)