エーテルの味に驚愕したファイナルファンタジー展とカフェのレポート

出典 image.itmedia.co.jp

「帰り道、きっと大切な誰かに会いたくなる」

RPG『ファイナルファンタジー』の30年の歴史が垣間見れる展覧会のキャッチコピーです。

 

FFは私の幼少期を形成した大好きなRPGの1つです。

おかげさまで視力が下がったような気がしますが、それも良い思い出です。

 

というわけでファイナルファンタジー展と同フロアにあるカフェに行ってきました。

写真を交えながら、ファイナルファンタジー展の雰囲気をお伝えしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

ファイナルファンタジー展とは

ファイナルファンタジー30周年を記念した大規模な展覧会で、

正式名称は『別れの物語展 FINAL FANTASY』となっております。

 

開催期間

2018.01.22(月) ~ 2018.2.28(水)

六本木ヒルズ森タワーの52階で元気に開催中です。

 

「また都会かよ……郊外にもFF来てよ」

東京以外にお住まいの方には不満が募りそうですが、コレが都会の特権です。

こういうイベントがある時だけ『都会住み』という権利を乱用します。

 

 

当日券の値段

一般・大学生 2500円
中学・高校生 1800円
ペア(2名分) 4000円

少々お高めな価格設定ですね。

FF好きに悪い奴はいないと本気で思っているので、

この値段は『コンテンツ育成費』だと思って目をつぶって下さいね。

 

FF展の最大の見どころは『体験型展示』です。

音声ARシステム』はこの展示会の為に開発され、展示物の前に立つだけで、

そのシーンにシンクロしたBGMやキャラクターボイスが、来場者に渡されたヘッドフォンから聞こえてきます。

 

ヘッドフォンとiPhoneが1人1人に支給され、

後にご紹介するバハムート戦でiPhoneが大活躍します。

前置きはこれくらいにして、さっそくファイナルファンタジー展の潜入レポートをしてきますね。

ファイナルファンタジー展の潜入レポート

カフェでエーテルを飲んでみた

FF展の同フロアにあるカフェ『THE SUN』では、

期間限定でオリジナルコラボメニューを販売しています。

 

FF好きなら押さえておきたい

  1. ポーション(青色)
  2. エーテル(緑色)
  3. エリクサー(赤色/お酒)

が販売されており、エリクサー1000円、ポーション/エーテルが900円となっております。

 

「ポーションとエーテルが同じ値段っておかしくね?」

ポーション 40ギル
エーテル 1500ギル

 

ゲームの世界で『エーテル』は高級品なので、滅多に買えないですよね。

大人の事情でそこまでは再現できなかったか~~。

 

本当は鉄板のポーションを飲みたかったんですけど、

ゲームの世界でけちって買わなかった『エーテル』を頼みました。

 

今からショッキングな事実を言いますね。

エーテルは『チョコミント』の味がしました。

 

緑色の正体は、薬草、強烈な『ミント』でした。

弱炭酸で少し甘い飲料水のエーテルなんですが、

『ミント × 甘い = チョコミント』の方程式じゃないですか

 

性格に言えばチョコの味はしないんですが、もう脳がチョコミントと錯覚してしまいます。

だって、ミントなんだもん。好みがわかれる、歯磨き後味、ミントなんだもん。

MPだけ回復して、早速メインであるFF展の中に行きましょうか。

 

スポンサーリンク

 

いきなり突撃バハムートでお出迎え

出典 公式サイト

まず手始めに180度のスクリーンでバハムートと戦います。

もう一度言いますね。

高さ3.9m × 幅12mの巨大壁画に投影されたバハムートと戦います。

 

渡されたiPhoneから自動的に『火』『氷』『雷』属性のどれかが割り当てられて、

指定されたタイミングでiPhoneを連打して、

バハムートを倒そうという来場者参加型のアトラクションです。

 

私は『雷属性』だったんですけど、平日の朝に行ったので雷属性は私1人なんですよ。

「雷属性の勇者たちは画面を連続でタップして攻撃して」

みたいな音声が流れてきたんですけど、ふと頭に疑問がよぎるんですよ。

 

「バハムートに全滅ルートが見てみたい」

というわけで、画面をタップしないでひたすらバハムートの攻撃を受ける鬼畜ルートを選びました。

何度も言いますが、雷属性は私1人しかいないので、私が雷属性の全勢力の責任者なんですよね

 

やる気がない雷属性代表のポンコツ勇者が、頑張って裏ルートを目指してるのに、

他の『氷』『火』属性の奴らが真面目にバハムートを攻撃しやがって、バハムートを倒しちゃったよ。

「もう遊び心がない勇者にはガッカリ」

こんなに悲しい気持ちになったのは久しぶりです。

 

バハムート撃退後にやっと、FFシリーズの”別れ”にまつわる展示への扉が開きます。

展示もシリーズ毎にまとまっており相当なボリュームの為、

気になった展示にしぼって紹介していきますね。

モンスターの資料絵が可愛い

【マジックポット】

戦闘中にエリクサーを欲しがる、世紀のボンボンのマジックポット。

ラスボスにもエリクサーを使わないで温存してるのに、『ポーション』の感覚で『エリクサー』を要求してくる”あいつ”です。

運が悪いとエリクサーを何個も貢ぐはめになり、キャバ嬢よりおねだり上手です。

 

【トンベリ】

右手にランタン・左手に包丁のトンベリさん。

包丁の魔術師の異名を持ち、プレイヤーを恐怖のどん底に陥れます。

徐々に近付きながら包丁で刺しにくるトンベリさんには、

オーディン大先生でさくっと片付けてもらうのがオススメです。

 

【サボテンダー】

『はりせんぼん』で固定1000ダメージを与えてくる、

可愛いけどなめちゃいけないモンスターです。

『針万本』で固定10000ダメージ攻撃で、一発でお天国生きになることもあります。

ただ、これだけは言わせて。

めっちゃ可愛い。

 

スポンサーリンク

 

召喚獣タイタンが進撃の巨人みたい

【タイタン】

本当にゴメン。

これってアレでしょ……10m級のアレでしょ。

10m級の大型巨人だよね。

 

「駆逐してやる・・・!一匹残らず・・・!!」

エレンでお馴染みの大型巨人だよね……だが許す。

 

【チョコボ】

タイタン、大型巨人に捕食されちゃうから逃げて~~」

「……」

へんじがない。ただのしかばねのようだ。

 

【リヴァイアサン】

「……」

へんじがない。ただのしかばねのようだ。

 

【ベヒーモス】

「おまえがチョコボをやったのか」

「……」

へんじがない。ただのベヒーモスのようだ。

FFX-2後のティーダとユウナの書きおろしイラスト

【ティーダ】

 

【ユウナ】

キャラクターデザイナー野村哲也さんがFF展のために書き起こした、

【ファイナルファンタジーX-2】後のティーダとユウナ。

 

「ひとつだけお願いがあります」

「いなくなってしまった人たちのこと 時々でいいから……」

「思い出して下さい」

FFXとFFX-2をプレイ済みですが、やっとその後のティーダとユウナの顔を拝めました。

 

もうこれで一生忘れないですね。

話変わりますが『いつか終わる夢』……名曲すぎませんか!?

 

スポンサーリンク

 

歴代の名シーン?をミニチュアで再現

【FF7/忘らるる都】

忘らるる都でのエアリスとの別れのシーンを、カクテルとグラスで表現。

いくら呑んでも忘れられない思い出がそこにはあります。

別れの酒は涙の味、なんちゃって。

 

【FF12/ダルマスカ砂漠】

砂漠は危険だらけ。序盤だから楽勝!と油断していたら

思わぬ強敵に出くわすことも……。

ギルガメッシュのトートバックにセンスが光る

【ギルガメッシュ】

個人的にFF展でオススメなお土産がコチラ。

ギルガメッシュのトートバック。

 

敵なのにどこか憎めない、FF5のエクスデスの親衛隊長の人間型モンスター。

『エクスカリパー』がギルガメッシュの代名詞ですね。

聖剣エクスカリバーの偽物を所有していますが、ギルちゃんには本物をあげたい。

もうギルちゃんは勇者になる資格があるよ。

 

FF6のケフカに比べて愛着湧きすぎる……狂おしいくらいに応援したくなるキャラクターです。

 

「急用を思い出したぜ!!」

ートバックにギルガメッシュ不在なのが、逆に”彼”らしくて良いんですよね。

付属のバッジでギルちゃんはいつでも参上です。

スタッフロールにあなたの名前が載る

駆け足でFF展の一部を紹介してきました。

FF展の最後にはあるサプライズがありました。

 

それはFFのスタッフロール(エンドロール)に、来場者である”あなた”の名前が載るサプライズです。

またお土産としてQRコードがプレゼントされ、

2018.3.31までガイドから流れてきた楽曲のプレイリストももらえます。

 

FFのスタッフロールについてはあえて言及しませんので、

気になる方はこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

懐かしの映像とBGM、そしてキャラボイスが織りなす

圧倒的重厚なハーモニーに身を任せれば、当時の思い出が甦ってきます。

涙の数だけ、FF展には物語がありますよ。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)