【ザ・ノンフィクション】奥山たえこ60代のシェアハウスに物申す!

【ザ・ノンフィクション】「一人で生きていても~女60代シェアハウス始めました~」

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

ぼっち充です。

人類☆ラブ!

シェアハウスは、体中から愛が溢れてる人にオススメですよ。

 

ルームシェア、数日でリタイアした人いますか?

あ、それ……私です。

他人と一緒に暮らすこと、すなわち地獄。

 

2019年8月4日放送、ザ・ノンフィクション。

「一人で生きていても~女60代シェアハウス始めました~」感想です。

 

スポンサーリンク

 

20代オタク女、シェアハウス脱走しました

今回の副題、いいですよね。

女60代シェアハウス始めました。

 

言えない。

AMEMIYAのネタ……。

冷やし中華始めました、のパクリじゃね?って。

 

実は、私もシェアハウスに入居したことがあります。

天性の人間嫌いだった私は、数日で脱走。

 

私が住んだのは、千葉の田舎にあるシェアハウス。

近くに大きな山があってね。

冬なのに、家の中には虫がうじゃうじゃ出現。

 

こんなに厳しい世界じゃ。

私は潰されてしまうの。

 

他の住人は、子連れもいてさ。

ギャーとかうるさいし。

 

1階に住んでるオーナー夫妻。

気を遣って死にそうです。

 

もう他人と一緒に同居とか、ムリ×2

シェアハウスに住んでから、私は不眠症が悪化。

ストレスは、万病の元ですね。

 

キミの街のシェアハウスもそうでしょ?

始めましてからの、テラスハウス状態。

でも、実際は……。

 

男女同士の青春群像?

違うよね。

少なくとも、私は生き地獄だったよ。

 

家賃が安かろうと、赤の他人との共同生活は絶対に嫌。

家族、または恋人のみOKです。

 

だから、今週のノンフィクション。

超絶ビミョーでした。

 

スポンサーリンク

「一人で生きていても」あらすじ

東京・杉並区高円寺…古びた住宅街の一角に築50年以上の風呂なしアパートがある。

そこに20代から住むのは、奥山たえこ(62)。

楽しみは、焼き鳥をつまみに酒を飲みながらの読書という気ままな独身・一人暮らし。

 

家にはエアコンはもちろん、洗濯機も炊飯器もない。

水道からお湯も出ず、大雪の日でも「マフラーを巻けば大丈夫」と暖房なしで過ごす生活。

 

そんな奥山さんが新たに始めたのがシングルマザーや日雇い仕事をする人など、住む家がなく、お金に困っている人のためのシェアハウス。

 

一体なぜ60歳を過ぎてから、こんなことを始めたのか……。

 

実は、奥山さんは3年前まで杉並区の区議会議員。

前回の選挙で落選し、新しく挑戦したのがシェアハウスの運営だ。

 

しかし、中々、満室にならず、光熱費も予想以上。

家賃を滞納する住人まで……頭を抱える日々が続く。

 

そんな奥山さんのもとに、一人の男性がやってきた。

岩井祐樹さん(37)。

派遣切りやリストラにあい、将来が見えなくなっていた7年前、議員だった奥山さんと出会い、手伝いを始める。

 

自分の信じる道を貫き、生きづらさを抱える人に寄り添う奥山さん。

そんな姿を見て、岩井さんも区議選に立候補したいと言い出す。

 

心に引っ掛かっているのは、3年前に1度、落選した区議選の記憶。

岩井さんは意外な行動に出る。

 

そんな中、シェアハウスである事件が起こる。

次々と降りかかる問題を前に、追い詰められていく奥山さんの決意とは……。

出典 ザ・ノンフィクション / 公式サイトより。

 

スポンサーリンク

杉並区の代表!奥山たえこです

主人公は、奥山たえこ。

3年前まで、元杉並区の区議会議員でした。

60歳になってから、シェアハウスの運営を開始。

 

シングルマザーや貧困層を助けたい!

彼女の志は立派ですが、私は絶対に住みたくありません。

 

シェアハウスの住人同士。

仲良くできないよ。

だって、私……人間嫌いなんで。

 

心休まる自宅に、知らない誰かが常にいる。

トイレやお風呂は共同で、ルールを守って生活する。

うん、刑務所か。

 

やだよー。

もっと自由に生きたいもん。

私は、もう二度とシェアハウスに住みません。

 

実際問題。

奥山さんが提供してるシェアハウス。

家賃滞納した挙句、夜逃げする人とかいたし。

 

月の明かりが魔法をかけて。

イリュージョン。

隣町へ高飛びだ!!

 

こんな人達を助けなくても、別によくない?

大丈夫、大丈夫。

シェアハウスがなくたって、何とかなる。

 

物語のクライマックス。

杉並区の区議会議員に立候補した、奥山さん。

昔は落選したけど、何とか当選しました。

 

現在、奥山さんは政治家として頑張ってます。

でもね、今回の主人公はもう一人いるの。

ツッコミどころが多かったので、紹介しちゃうね。

 

スポンサーリンク

政治家になるより大切なこと

岩井祐樹、37歳。

区議選に立候補したい、と彼。

しかし、以前に落選した過去があります。

 

その時に抱えた借金、まだ完済しておらず。

岩井さんの手取りは、約15円前後。

夫婦共働きで、生計を立てています。

 

岩井さん自身が、派遣切りやリストラに遭った経験があるから。

社会的弱者を救いたいらしくてね。

政治家を希望したと。

 

えっ!?

まずは、妻を幸せにしてやれよ。

借金あり&手取り10万代でしょ。

 

選挙に出馬するだけでも、100万円以上はかかるのに。

この男は何を言ってるの?

また借金をするんですか。

 

政治家として、キミは知識は教養があるわけ。

何となく、自分と同じ境遇を救いたいって。

いやいや、まずは己の力をつけようよ。

 

例えるなら、アレだね。

「やる気だけあるんで、採用して下さい」

と、会社に言ってるようなもの。

 

うーむ。

私が人事なら、絶対に雇わないから。

会社に貢献できる何か特別な経験はないけど、やる気だけアピールされても引くよね。

 

何ができるの。

政治家になる為に、何かやった?

実力もないのに、軽々しく「立候補したい」とか言わんといて。

 

だってね、岩井さんの妻にも反対されてるの。

「キミが立候補しても、票を入れないよ」って。

勉強不足だから、らしいよ。

 

身内にすら応援してもらえない。

それじゃあ、市民からも認められないね。

うん、今は諦めよう!

 

「出馬したい」と、彼がダダをこねる様子。

「奥さんに反対されたから出馬するのはやめる」と、決定するのは嫌だ言い張る。

その全てが、大嫌いです。

 

スポンサーリンク

岩井祐樹には投票できない

2019年8月4日放送、ザ・ノンフィクション。

「一人で生きていても~女60代シェアハウス始めました~」感想でした。

 

奥山を完全に喰った、もう一人の主人公・岩井。

彼が選挙活動する時さ、通行人の気を引くために。

ギターを弾きながら、歌ってたの。

 

警察に注意される始末。

ゴメンなさい。

もし彼が立候補しても、私は投票できません。

 

▼過去の名作はこちら。

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

木の葉

金融会社に就職しお金を貯める→IT系の専門学校に入学→ストーカー被害にあいながら無事に卒業→ゲーム会社のプログラマーとして就職→過労でうつ病発症→ブログにて月間10万PV達成(今ここ)